TABIZINE > 中国 > 島根県 > お土産 > 【島根県おすすめ土産】松江銘菓「若草」はどんな味?弾力ある求肥と若草色のそぼろが美しい

【島根県おすすめ土産】松江銘菓「若草」はどんな味?弾力ある求肥と若草色のそぼろが美しい

Posted by: Chika
掲載日: Jan 9th, 2023.

島根県・松江の銘菓「若草」。その名の通り、鮮やかで美しい若草色が印象的なお菓子です。今回は、その見た目からは少し味の想像がつきにくい「若草」を紹介。箱入りでありながら、コンパクトでかさばらずお土産としてもおすすめです。島根を訪れた際には、ぜひ食べてみてくださいね。

28人の読者が参考になると評価
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

風流堂 若草


 


松江銘菓「若草」ってどんなお菓子?

若草2個入
「若草」は、松江藩七代目藩主 松平治郷(はるさと)公が好み作られたお菓子。治郷公は、松平不昧(ふまい)公という名でも親しまれ、茶人としても知られています。今回筆者が購入したのは、創業明治23年・山川・朝汐本舗 風流堂の若草です。

若草という名に相応しい、緑が美しいお菓子。求肥に若草色のそぼろをまぶし、若草山の春の景色を表したのだとか。島根県産のもち米で作った求肥と寒梅粉(かんばいこ)を組み合わせた松江を代表する銘菓です。

どこで買える?

筆者は出雲空港(出雲縁結び空港)にある一畑(いちばた)百貨店で購入しました。松江市内にある風流堂のお店でも購入できます。都内では、日比谷しまね館でも購入可能。風流堂のサイトからも通販でお取り寄せできます。

今回筆者が空港で購入した2個入(税込432円)のほかに、6個入(税込1,296円)、12個入(税込2,592円)、18個入(税込3,888円)、24個入(税込5,184円)などもあります(風流堂のサイトに2個入の取り扱いはありません)。

どんな味?

2個入の若草は小さな箱入りでコンパクト。箱の窓から中の鮮やかな若草色が見える仕様になっています。

若草 小袋に入っている
箱を開けると、小袋に入った若草が登場。

取り出した若草
小袋から取り出しました。求肥にまぶされた鮮やかな若草色の寒梅粉がきれいですね。いただくためにカットしようとナイフを入れましたが、思った以上に求肥の弾力があり驚きました。何度かナイフを入れてようやくカットできました。

若草 弾力のある求肥
外側の粉と、もちもちとした求肥との違った食感が口の中で同時に楽しめます。上品な甘みでお茶にとてもよく合います。茶人でもあった 松平治郷公が好んだというのにも納得。甘みのあるお菓子なので、コーヒーにも合いそうです。

若草
内容量:2個入
価格:432円(税込)
賞味期限:10日

一畑百貨店 出雲空港売店

[All Photos by Chika]

※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。

 

Chika

Chika
都内在住、京都をこよなく愛する、コテコテの大阪人。飛行機好きが高じて航空会社のグランドスタッフとして勤務していた経験も。海があるところに行くと癒される。


| グルメ,お土産,現地ルポ/ブログ,中国,島根県,お土産,ご当地グルメ,グルメ,スイーツ,現地ルポ/ブログ


島根県のお土産関連リンク

星野リゾート 界津軽 カシスクッキー 星野リゾート 界津軽 カシスクッキー
島根県のお土産 島根県のお土産



結び甘酒 結び甘酒

若草 小袋に入っている 若草 小袋に入っている


1 2 3 NEXT

#和菓子