> > > 味も違えば、使い方も違う!世界の美味しい塩めぐり

,,,, | アジア,イタリア,インド,グルメ,フランス,ヨーロッパ,豆知識

味も違えば、使い方も違う!世界の美味しい塩めぐり

Sep 3rd, 2014

味も違えば、使い方も違う! 世界の美味しい塩めぐり

近頃、輸入スーパーやデパ地下などでさまざまな種類の天然塩を見かけるようになりました。値は少し張るけれど、海外のものはパッケージがオシャレだったりして素敵ですよね。淡いピンク色が美しいパキスタンの「ヒマラヤ岩塩」などは、テーブルに置いておくだけで気持ちまで明るくなりそう! 世界の天然塩と使い方を見ていきましょう。

天然塩って何?


世界の塩を見ていく前に、塩のお話を少々。天然塩には海水から作る「海塩」塩の鉱床から採る「岩塩」があり、塩化ナトリウム(食塩)以外の成分を含む精製されていない塩を指します。塩辛いだけでなく、まろやかな味が感じられるのはミネラルによるため。

また、鉄分やイオウなどのミネラル成分は、赤やピンクといった独特の色合いを作り出します。以前ご紹介した「ハワイアンソルト」はその一例。それでは、世界の天然塩を見てみましょう。

味も違えば、使い方も違う! 世界の美味しい塩めぐり
シチリア島・トラパーニの塩田

カラナマック/インド


「インディアン・ブラックソルト」とも呼ばれる、イオウの香りが特徴の岩塩。ブラックというよりは、ピンクの色味がかったグレーと言った方が適切かも。卵の香りが楽しめるため、近頃では「ビーガン料理」の新たな調味料として注目されているそうです。 豆腐を崩しながら炒めてカラナマックで味付けすれば、炒り卵風の味わいに!

味も違えば、使い方も違う! 世界の美味しい塩めぐり

使い方:どんなインド料理にも合うほか、マンゴースムージーなどの味付けとしても。

sweetsholic

,,,, | アジア,イタリア,インド,グルメ,フランス,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!