> > > 外国人の心を掴むスノーモンキー!サルたちの安息の地「地獄谷野猿公苑」

,,,,,, | 中部,観光,長野県

外国人の心を掴むスノーモンキー!サルたちの安息の地「地獄谷野猿公苑」

Nov 30th, 2014

スノーモンキーを一目見たい・・地獄谷野猿公苑

冬の寒さが厳しい長野県。そんな長野県の志賀高原裾野には、日本人だけでなく外国人にも大人気のニホンザルがいます。

ニホンザルが温泉に浸かる「地獄谷野猿公苑」


スノーモンキーを一目見たい・・地獄谷野猿公苑
©Sean Pavone / Shutterstock.com

地獄谷野猿公苑は、長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置しています。早い年では11月から雪が降りだす豪雪地帯です。最低気温が-10℃を下回ることもあり、冬は本当に厳しい寒さに見舞われます。

1964年に開苑されて以来、ニホンザルの生体を観察できる場所として国内はもちろんの事、「温泉に入るお猿さんがいる」と世界からも注目を浴びているのが地獄谷野猿公苑なのです。

野生動物、ニホンザル


スノーモンキーを一目見たい・・地獄谷野猿公苑
写真提供:地獄谷野猿公苑

山の多い日本では、ニホンザルはあらゆる場所に生息しています。また、動物園で飼育されているニホンザルもいます。

しかし、ニホンザルは、高度な社会性を持つ動物で、動物園の狭い檻の中では、彼ら本来の行動の観察は難しいそうです。そこで地獄谷野猿公苑では山奥にこうして施設を設け、彼らのありのままのニホンザルの姿に出会ってもらえるようにと活動を続けているのだとか。

居心地のよい場所で日々を過ごしたいと思う気持ちは、私たちも動物も同じですよね。縛りを受ける事は、誰にとっても心地の良いものではないと思います。

Yoko

,,,,,, | 中部,観光,長野県


気になる国の記事を検索!