> > 仕事に行きたくない朝に食べたい「カラーフード」って知ってる?

,,,,,,, | グルメ,トレンド,豆知識

仕事に行きたくない朝に食べたい「カラーフード」って知ってる?

Sep 7th, 2015

朝起きて、気持ち良く会社に行けていますか? 夏の疲れがなかなかとれずに「なんだか会社に行きたくない・・・」という人も9月は少なくないはず。

仕事に行きたくない朝に!【食べるとやる気アップする】らしいカラーフードとは

そこで今回は、一般社団法人Jミルクの情報を参考に、自然な形で気持ちを引っ張りあげてくれるかもしれない、色彩の豊かな食べ物を3つ紹介したいと思います。

1:トマト、スイカ、イチゴなど赤色の食べ物

仕事に行きたくない朝に!【食べるとやる気アップする】らしいカラーフードとは

最初に紹介したい食べ物は、赤色の強い野菜や果物になります。例えばトマトやイチゴ、赤ピーマンですね。

植物性食品に含まれる豊かな色や香りは、フィトケミカル(ファイトケミカル)と呼ばれて、病気を予防したり人間のメンタルにプラスに働き掛けてくれたりする働きがあるとか。中でも赤色の食べ物に多く含まれるリコピンやカプサンチンなどの色素成分は、交感神経に働き掛けて活動的な気持ちにしてくれる働きがあるそう。

何だか気分が乗らない朝は、トマトサラダを食べたり、季節によってはイチゴをパクリと食べたりしてみると気分が高まるかもしれませんね。

2:ニンジン、カボチャ、オレンジ、卵黄、トウモロコシなどオレンジ・黄色の食べ物

仕事に行きたくない朝に!【食べるとやる気アップする】らしいカラーフードとは

赤色以外にも口にしたい食べ物が、オレンジや黄色をしたニンジンやオレンジ、トウモロコシになります。こうした色の食べ物は、人に活力を与えてくれたり、心を軽くしてくれたりする働きがあるそうですね。

例えばオレンジ色や黄色の食べ物に多く含まれるβ-カロテンは、体内でビタミンAに変わって皮膚や粘膜の健康を保ったり、活性酸素の発生を抑えてくれたりする働きが有名です。活性酸素は疲労感の原因になると分かっていますので、黄色やオレンジ色の食べ物を食べると疲れが軽くなるのかもしれませんね。

坂本正敬

,,,,,,, | グルメ,トレンド,豆知識


気になる国の記事を検索!