> > > 外国人に大人気!東京10蔵の日本酒をおちょこ1杯300円で飲み比べできる【両国】

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東

外国人に大人気!東京10蔵の日本酒をおちょこ1杯300円で飲み比べできる【両国】

Sep 13th, 2017

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
JRの両国駅に隣接して大相撲の土俵があるという!? ここ、両国は大相撲の聖地。国技館のことでしょ! いえいえ、それが違うみたいです。江戸情緒を感じることができ、土俵を眺めながら利き酒マシンで日本酒が1杯300円! ほろ酔い気分を味わえるのです。

江戸の街並み広がる旧駅舎に原寸大の土俵が誕生

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
JR両国駅を降りると、白鵬や武蔵丸の巨大パネルと歴代横綱の手形がお出迎え。否が応にも大相撲の聖地としての雰囲気に胸が高鳴ります! その興奮のまま西口改札に隣接した2016年11月オープンの「両国 江戸NOREN(えどのれん)」へ。

2層吹き抜けの建物は、1929年に建設された旧両国駅の駅舎を利用したもの。かつては総武線の始発駅としての役割を担い、かわいらしいアーチ窓などに当時の面影が偲ばれます。

開放感ある吹き抜けの館内には、江戸のにぎわいを感じる町屋を再現。ここ両国は、江戸時代から大相撲の興行が行われ、江戸前寿司の発祥の地としても知られており、江戸きっての庶民の街としてにぎわったのだとか。

利き酒マシンでおちょこ1杯300円! 「両国」で東京の地酒を飲み比べ
その館内中央に、存在感たっぷりにで~んと構えるのが日本相撲協会監修の原寸大の土俵! 6m70cmもあるその迫力は圧巻です。残念ながら神聖な土俵に上がることはできませんが、隣には江戸時代に取り組みが行われていた、一回り小さい「二重土俵」が描かれているのでお相撲をしたい方はこちらでどうぞ!? 実は外国人には大人気なのだとか。

わたなべ たい

,,,,,, | グルメ,東京都23区,現地レポート,関東


気になる国の記事を検索!