> > 水難事故の9割が◯◯で!この夏川遊びをする際の注意点

水難事故の9割が◯◯で!この夏川遊びをする際の注意点

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

2:川の流れが周りに比べて穏やかな場所

水難事故の9割が○○で!この夏川遊びをする際の注意点

川の流れが一部だけ穏やかで、濃い緑色をした場所があります。水深があり遊泳には適しているのですが、そうした場所は渦を巻くなど複雑な流れをしている場合も少なくないそう。

実は水難事故の9割はこの流れの穏やかな深い場所で起こっているそうです。理想的には水深のある場所には、泳ぎに自信のある人でも近寄らないようにしたいですね。どうしても泳ぎたい場合は、面倒でもライフジャケットの着用が不可欠です。

3:人工物や木が川に倒れ込んでいる場所

水難事故の9割が○○で!この夏川遊びをする際の注意点

川にはコンクリートブロックや橋脚、取水口、せき堤など、いろいろな人工物があります。そうした人工物の周辺では川の流れが変化していたり、釣り針、釣り糸などのごみがたまっていたりするので、近寄らないでください。

また、川に倒れている木や水中に沈んでいる木に足が引っ掛かると、川の流れで体が水中に沈み、その状態で身動きが取れなくなってしまう場合もあるそう。川にある障害物にもできるだけ近付かないようにしたいですね。

以上、川遊びで注意したい場所をまとめましたが、いかがでしたか?

ライフジャケットはもちろん、川底のごみを踏んだり、岩や鉄柱などを踏んで切ってしまったりする恐れもありますので、川遊び用の靴も身に付けたいですね。

川遊び用の靴を履いていれば滑りにくくもなります。どうしても持ち合わせがない場合は、履いてきた運動靴でそのまま川に入った方が安全みたいですよ。

[水辺のハンドブック – 河川財団]
[All Photo by Shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。国内外の媒体に日本語と英語で執筆を行う。北陸3県を舞台にしたウェブメディア『HOKUROKU』の創刊編集長も務める。 https://hokuroku.media/


,,,,, | 旅のハウツー,豆知識


旅のハウツー関連リンク

秋旅行のイメージ 秋旅行のイメージ
紅葉を撮影する女性 紅葉を撮影する女性
パスポート1 パスポート1
セントラルパーク シープメドウ セントラルパーク シープメドウ

箱根登山電車 箱根登山電車
ラフォーレグランピングフィールド メイン ラフォーレグランピングフィールド メイン

駿河湾と富士山(焼津港) 駿河湾と富士山(焼津港)
ハワイ ハワイ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#レジャー #予防 #夏 #安全 #岩 #川



旅のハウツー 豆知識