TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > 現地ルポ/ブログ > ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

Posted by: Maaya
掲載日: Sep 12th, 2015. 更新日: Jan 29th, 2016
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

【写真を通じて、思いをかたちにするサイト「フォト総研」より寄稿】

東京・学芸大学駅から歩いてすぐの場所にちょこんと佇む写真屋さん「monogram」。まるで海外のお洒落な雑貨屋さんのよう、とても可愛い雰囲気です。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

今回は、初心者からアマチュアまで幅広く愛される「monogram」の魅力をご紹介します。


カメラを持ち歩きたくなる雑貨たち

優しい光とお店から溢れる笑い声に誘われ足を踏み入れると、たくさんの可愛い雑貨たちがお出迎え。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

アルバム、ポストカード、リネンストラップ・・・スタッフの方がセレクトした雑貨たちは、見ているだけで胸が踊るセンスの良いものばかり。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

SDカードの革ケースは、普段使いでも旅行用でもいいですね。カメラストラップの種類も豊富!

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

レンズクリーナーにもメガネ拭きにもなるクロスも、こんなに可愛いディスプレイだと思わず大人買いしてしまいそう!

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

「monogram」では、オリジナルグッズも取り揃えているようです。こちらは刻印入りのストラップ。“日常的に使える”をコンセプトに作られたカメラバッグも見逃せません(オンラインストアはこちら)。

「monogram」の雑貨たちを手に取れば、きっと毎日カメラを持ち歩きたくなってしまうはず。

フィルムでも、デジタルでも

可愛いだけで終わらないのが「monogram」。実はここ、デジタルはもちろん、フィルムにも詳しい、とても頼れる写真屋さんなのです。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

店内には、雑貨たちと一緒にフィルムも多く取り揃えられていました。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

フィルム専用の革ケースまで取り扱うこだわりよう。そして、フィルムごとのプリント見本も添えられています。

プリントにいたっては、デジタルよりもフィルムの方が細かい色指定ができるというから驚き。フィルムを持ってくるお客さまが多いということにも納得です。

今までデジタルしか馴染みが無い方も、「monogram」でフィルム生活に目覚めてしまうかも。

幸せ気分を運んでくれるスタッフ

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

「monogram」の一番の魅力は、なんと言ってもスタッフの方々の笑顔! 笑い声が響く店内は、陽だまりのような優しい雰囲気に包まれています。

せっかくなので、店長の東さん(写真右)に「monogram」について詳しくお話を伺いました。

■「monogram」はどのような写真屋さんですか?

“世界に1つしかない まちの写真屋さん” というコンセプトで運営しています。お客様と一緒に歩んでいけるような、お客様の声を聞きながら変化していけるお店だと思います。

■雑貨がとても充実していますが、スタッフの方々がセレクトされているのですか?

そうですね。身の回りの物が楽しくなると、カメラを持ち歩きやすくなるのかなと思うので、グッズ面でそういった提案をしていきたいですね。「monogram」では、毎日カメラを持ち歩きたくなるような、オリジナルグッズの製作もしています。お客様の「こんなものがあったらいいな」という声を聞いて、スタッフ全員で会議をして決めています。

■プリントせずにPCやスマホ上のデータのみで満足してしまう方も少なくないですが、東さんにとって“プリントする意味”とは?

写真は“それまでの時間”が収まっているものだと思っていて、やはり見返してほしいという気持ちがありますね。私自身がそうなのですが、紙にしないと中々見ないんです。形として残すことで、後で見返したときの楽しみもあると思います。

終始、明るい雰囲気を作ってくださった店長の東さん。素敵な笑顔に、一瞬でファンになってしまいました!

訪れるお客さまを見ていると、若い方からおじさままで様々。「monogram」は、みんなの写真屋さんなのだと感じました。それは、東さん始め、スタッフの方々が“誰でも入りやすい空気”を自然と作り出しているからなのでしょう。

プリントしてみました!

この日、あいにくデジタルデータしか持ちあわせていなかった私・・・(うっかり)。
と言っても、デジタルでもフィルムと変わりなく、とても丁寧に相談にのってもらえるので安心です。

《 「monogram」プリントでできること 》
・ 白フチ
・ 印画紙の種類(光沢紙/マット紙)
・ 色の相談
・ サイズはL版から6PWまで

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

手作りの色見本ノートをパラパラとめくりながら、スタッフの方とお話する時間も贅沢。難しい写真用語がわからなくても、「やわらかい雰囲気」等、ふわっとしたニュアンスで伝えれば問題ありませんよ。

ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

混み合っていなければ、お店の雑貨を眺めているうちに仕上がってしまうプリント。今回は、トリミングしたくなかったので「白フチあり」。写真の雰囲気に合わせて「マット紙」をチョイス。始めに2Lサイズで焼き、その中から選んだものを6PWに伸ばしてもらいました。

上に見える2台の車は、一目惚れしてしまったアルバム。左はL版が12枚入るサイズで、一緒についている専用封筒に入れればそのまま郵送できるんだとか。

左側に見えるものは、切手風のシール。手紙に貼っても、手帳に貼っても、旅のアルバムに貼っても可愛い優れものです。

「monogram」は、一度訪れるとずっと通い続けたくなる写真屋さん。

みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。きっと、写真が撮りたくて仕方ない魔法にかけられてしまいますよ。

monogram(モノグラム)
住所:東京都目黒区鷹番2-19-13
電話:03-3760-5852
アクセス:学芸大学駅東口から徒歩1分
ずっと通い続けたくなる写真屋さん「monogram」の魅力

[寄稿者:maaya]
[フォト総研]

Maaya

Maaya
日本大学芸術学部で写真学科を専攻後、旅写真に魅了される。気ままにに海外を放浪しながら写真を撮るフリーランス。この世界には色々なことがあるけれど、それでもとても美しい一瞬がある。まだ知らない世界を見てそんな一瞬一瞬に出会う旅をしたい。第2回世界旅写真展入選。

| ショッピング,豆知識,トレンド,グッズ,現地ルポ/ブログ,関東,東京都23区,写真,現地ルポ/ブログ,豆知識


東京都23区の現地ルポ/ブログ関連リンク

東京都目黒区・「BONTEMPS 中目黒店」テイクアウト4個入りBOX 東京都目黒区・「BONTEMPS 中目黒店」テイクアウト4個入りBOX
南九州で愛される「ジャムモナカ」 南九州で愛される「ジャムモナカ」
ソブン 塩パンたい焼き ソブン 塩パンたい焼き
北海道札幌市・札幌農学校「酪農ミルクプリン」2 北海道札幌市・札幌農学校「酪農ミルクプリン」2
アイキャッチ アイキャッチ
全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒 全部知ってたら「おにぎり通」!王道から最新型まで東京の厳選7軒
東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」 東京都文京区・「本郷ベーカリー本店」、「自家製チーズカスタード」「エビカツたまご」
アベベベーカリー TOP3 1 アベベベーカリー TOP3 1
1周年アニバーサリーイベント 日付印字チケット 1周年アニバーサリーイベント 日付印字チケット
アイキャッチ アイキャッチ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT