> > > > ニューヨーカーが無視する10の事柄

ニューヨーカーが無視する10の事柄

ライター: 青山 沙羅
掲載日: Mar 8th, 2016. 更新日: Mar 10th, 2017


ニューヨーカーが無視する10の事柄
NYはなんでもありの街。住み始めた頃や旅行客にとっては、ビックリすることが、ニューヨーク生活が長くなるうちに気にならなくなるものです。神経が図太くなるのか、日常茶飯事になるのか。ニューヨーカー歴が長くなると、無視するようになる10の事柄とは。


1.パフォーマンスアート

ニューヨーカーが無視する10の事柄
主に人の集まる観光地でやっているパフォーマンス。実際、見るに値するのはごくわずか。常に急いでいることもあり、立ち止まることはなくなりました。

2.地下鉄車両内でのマリアッチ・バンドの演奏

現在NYCで多数を占めるラテン系。地下鉄車両で、同郷の心を慰めるため頻繁に出没。正直、お金をあげるには下手過ぎる演奏なのが辛いところ。チューニング、合っていませんけど。

3.ゴミだらけの街

ニューヨーカーが無視する10の事柄
夏に匂う、冬に凍る、路上に広がるゴミ、ゴミ、ゴミ。日本は本当に綺麗だと思います。冬に積雪で除雪が先になる、ストライキ、祭日の後回収しきれないなど、様々な理由で1年中ゴミだらけかもしれません。見ないフリをするしかありません。

(次のページに続く)

,,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,豆知識,豆知識


アメリカの現地レポート関連リンク

【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの アメリカの空港で没収された、驚きのあんなもの・こんなもの
【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】ニューヨークで携帯電話はどうする? 【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】ニューヨークで携帯電話はどうする?
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#NY #まとめ #トリビア #ニューヨーカー