> > > 歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

リヨン歴史地区(フランス)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

フランス南東部、ローヌ・アルプ地方に位置するリヨンはフランス第2の都市。日本でも有名なポール・ボキューズをはじめ数多くのシェフを輩出した美食の街としても知られています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

紀元前1世紀にはローマ帝国のガリア植民地の首府として栄えていたという古い歴史をもち、15世紀以降はフランス・ルネッサンスの中心地となりました。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

旧市街には車が通れないような細い道が張り巡らされており、路地散策も楽しみのひとつ。フランスを代表する大都市でありながら、中世からルネッサンスにかけての古い街並みを残す姿に感銘を受けることでしょう。

サンクト・ペテルブルグ歴史地区と関連建造物群(ロシア)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

ロシア観光のハイライトとなるサンクトペテルブルクは、ロシアでも比類ない美しさを誇る街。街のあちこちに運河が走るその景観から、「北のヴェニス」とも呼ばれています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

1703年にピョートル大帝が莫大な費用をかけて街を建設、のちのエカテリーナ2世がエルミタージュ美術館を建て、芸術都市としての存在感を強めていきました。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

世界三大美術館の一つで、建物自体が豪華な芸術品といえるエルミタージュ美術館や、金色のドームが輝くイサク聖堂など見どころも多く、街全体が優雅な建造物で埋め尽くされています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

クラクフ歴史地区(ポーランド)

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

クラクフは11世紀半ばからおよそ550年のあいだポーランド王国の首都として栄えた街で、「ポーランドの京都」とも称されます。ポーランドの他の都市が第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたなか、クラクフは戦災を免れたため、街は中世そのままの趣を残しています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

ワルシャワに首都の座を譲った今も、クラクフは文化、芸術、学問の都であり続け、ヨーロッパで最も美しい街の一つに数えられています。

一生に一度は行きたい、街全体が世界遺産のヨーロッパの美しい街10選

街全体が世界遺産に登録されているだけあって、歴史・文化的な重要性が高く、美しい街ばかりですね。世界には、他にもたくさんの世界遺産の街があります。

あなたも世界遺産の街を訪ねる旅に出かけてみませんか。

[All photos by Shutterstock.com]

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


,,,,,,,,, | 世界遺産,ヨーロッパ,フランス,イタリア,スペイン,クロアチア,チェコ,ポーランド,ポルトガル,ヨーロッパその他


ヨーロッパのフランス関連リンク


レバノン料理 レバノン料理
シュークリーム シュークリーム
フランス南西部トゥールーズ郊外の様子(2020年3月25日) フランス南西部トゥールーズ郊外の様子(2020年3月25日)

【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて 【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて




1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT