TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > ウユニ塩湖よりもボンネビルソルトフラッツをおすすめする5つの理由

ウユニ塩湖よりもボンネビルソルトフラッツをおすすめする5つの理由

Posted by: 目黒沙弥
掲載日: Sep 2nd, 2016.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

アメリカのユタ州ソルトレイクには「ボンネビルソルトフラッツ」という、ウユニ塩湖にそっくりな場所が存在します。というのも、一面が塩の平原になっておりその距離はなんと16km。雨がふればウユニ塩湖同然、鏡張りの光景が目の前に広がります。ただソルトフラッツをおすすめする理由はこれだけではありません。その5つの理由をご紹介いたします。


1.観光地化されていない

ウユニ湖よりもボンネビルソルトフラッツをお薦めする5つの理由
(C) Wanaka Yokoo

いま最も人気のある観光地のひとつとして大人気のウユニ塩湖は、あの鏡張りを見ようとたくさんの人たちが密集しています。行ってまず何よりびっくりするのは日本観光客の多さです。ハイシーズン時は観光客の半数以上が日本人で埋め尽くされていることもしばしば。「せっかくの海外旅行で絶景を見るために遠くまできたのに・・・」と肩を落とす人も少なくはありません。そんなウユニ塩湖と対照的に、このボンネビルソルトフラッツはまだそこまで観光化されている訳ではないので、ゆっくりと落ち着いて見たい方には完璧なロケーション。美しい景色を一人占めすることだってできるんです!

2.高山病にならない!

ウユニ湖よりもボンネビルソルトフラッツをお薦めする5つの理由

ボンネビルソルトフラッツの標高は約1282mと、ウユニ塩湖の標高(3700m)に比べると低地にあります。ウユニの場合は「せっかくボリビアまで行ったのに、高山病になってしまって楽しめなかった」という辛い思いをした人も少なくはありません。旅行は極力不安要素を持たずにスムーズにいきたいもの。その点ボンネビルソルトフラッツなら高山病の心配をすることなく、市内からも約1時間半ほどのドライブで移動も楽々です。安心して絶景を堪能できるのは嬉しいポイントですね。

■関連記事
世界の塩湖が魅せる「七つの絶景」
https://tabizine.jp/2014/04/08/8373/

, | 観光,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,観光


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク

ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月 ニューヨーク市マンハッタン区グランド・セントラル駅 2021年11月
ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月 ニューヨーク市マンハッタン区セントラルパーク シープメドウ(SHEEP MEADOW) 2009年10月
ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区タイムズスクエア 2021年10月
ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月 ニューヨーク市マンハッタン区ニューヨーク公立図書館 2021年10月
閉業したNew York Marriott East Side 閉業したNew York Marriott East Side
ニューヨークの劇場 ニューヨークの劇場
アメリカ・ニューヨーク市の自由の女神 アメリカ・ニューヨーク市の自由の女神
NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水 NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水
セントラルパーク シープメドウ セントラルパーク シープメドウ
2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー 2020年末 NYCヘラルドスクエアデパート前でセルフィー
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ロケ地 #湖



novicelogo