TABIZINE > ヨーロッパ > フランス > 現地ルポ/ブログ > フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと

Posted by: 春奈
掲載日: Sep 29th, 2016.
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ドイツとの国境に近いフランス・アルザス地方の中心都市、ストラスブール。歴史的な木組みの建物や中世の面影を残す美しい街並みは「ストラスブールのグランディル」として世界遺産にも登録されています。魅力いっぱいの世界遺産の街、ストラスブールを最大限に楽しむ方法をご紹介しましょう。


美しすぎるノートルダム大聖堂に酔いしれる

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと

ストラスブールのランドマークが、2015年に着工1000周年を迎えたノートルダム大聖堂。荘厳かつ気品あふれるその姿には、誰もが目を奪われてしまいます。この大聖堂をひときわ印象的にしているのが、ヴォージュ山脈から切り出した赤色砂岩でつくられた外壁。この赤味がかった色彩が、他の教会とは違った独特の華やかさを添えているのです。

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと

その外壁の表面をレースのようにびっしりと覆う精巧な彫刻にも目を見張るばかり。その美さはかのゲーテが「荘厳な神の木」と称賛したほどで、今も昔も人々を惹きつけてやみません。

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと
(C) Haruna Akamatsu

フランス・世界遺産の街を最大限楽しむ!ストラスブールでしたい7つのこと
(C) Haruna Akamatsu

ノートルダム大聖堂の魅力は外観だけではありません。内部にあるまばゆいばかりのステンドグラスや彫刻の数々も私たちの目を楽しませてくれます。なかでも必見なのが、高さ18メートルに達する世界最大級の天文時計。その重厚かつエレガントな姿はまさに芸術品です。

毎日12時半からは、キリストと使徒たちの人形が現れる仕掛けを見ることもできます。大聖堂の入場は無料ですが、仕掛けを見るにはチケットが必要になるので事前に購入しておきましょう。

春奈

Haruna ライター
和歌山出身、上智大学外国語学部英語学科卒。2度の会社員経験を経て、現在はフリーランスのライター・コラムニスト・広報として活動中。旅をこよなく愛し、アジア・ヨーロッパを中心に渡航歴は約60ヵ国。特に「旧市街」や「歴史地区」とよばれる古い街並みに目がない。半年間のアジア横断旅行と2年半のドイツ在住経験あり。現在はドイツ人夫とともに瀬戸内の島在住。


| 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,観光


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ストラスブール