> > > > 読書好きなら絶対シアトルに旅立ちたくなる5つの理由

読書好きなら絶対シアトルに旅立ちたくなる5つの理由

ライター: トゥルーテル美紗子
掲載日: Oct 30th, 2016. 更新日: Jan 13th, 2017

読書がお好き? それなら今度のお休みは、アメリカシアトルへ出かけてみてはいかがでしょう。シアトルは全米の中でも読書人口が多い都市で、本好きをひきつけてやまない魅力にあふれています。その魅力を5つにまとめてお伝えします。


1、専門書店が充実している


シアトルには個性的な独立系書店がたくさんあります。
レシピや食エッセイなど、「食」にまつわる本のみを置いているBook Larder(ブック・ラーダー)、アメリカンコミックとその原画を見て楽しめるFantagraphics Bookstore & Gallery(ファンタグラフィックス・ブックストア・アンド・ギャラリー)、旅の本と地図を専門に扱うMetsker Maps(メットスカー・マップス)など。

「パーティー料理のアイデアがほしい」とか、「今は旅行記が読みたい気分」とか、お目当ての本がある程度定まっているときはこれらの本屋さんへ出かけてみましょう。いずれのお店もこじんまりとしているので、大型書店よりも本が探しやすいのです。その道のプロの書店員さんにアドバイスをもらうこともできます。

Book Larder
4252 Fremont Ave N, Seattle, WA 98103
月曜~金曜 11:00~18:00
土曜 11:00~17:00
日曜 12:00~16:00

Fantagraphics Bookstore & Gallery
1201 South Vale Street (at Airport Way S.), Seattle, WA 98108
月曜~土曜 11:30~20:00
日曜 11:30~17:00

Metsker Maps
Pike Place Market店
1511 First Ave. Seattle, WA 98101
月曜~金曜 9:00~20:00
土曜 10:00~20:00
日曜 10:00~18:00

2、専門の古書店も充実している


あるジャンルに特化しているのは、新刊書店だけではありません。古本屋さんも同様です。
子どもの絵本をメインに扱うAlphabet Soup(アルファベット・スープ)ミステリー専門、その名もSeattle Mystery(シアトル・ミステリー)、詩集ばかりを集めたOpen Books(オープン・ブックス)、など。これらの古本屋さんには、新刊も置いてあります。

Alphabet Soup
1406 N 45th St. Seattle, WA 98103
土日のみ営業 通常12:00~20:00

Seattle Mystery
117 Cherry St. Seattle, WA 98104
月曜~土曜 10:00~17:00
日曜 12:00~17:00

Open Books
2414 North 45th Street, Seattle, WA 98103
火曜~土曜 11:00~18:00
日曜 12:00~16:00
月曜休み



次は3つめの理由をご紹介。

3、シアトル在住の作家が多い

本巡りのために!シアトルに旅立ちたくなる5つの理由
シアトルは書き手の多い街でもあります。そのため、本屋さんには高い確率で「シアトルもしくはその周辺にゆかりのある作家のコーナー」がありますし、トークイベントやサイン会も頻繁に開かれています。旅先でその土地の作家の本を読んでみる、さらに本人のサインをもらうなんて体験をすれば、旅が特別なものになるでしょう。

4、図書館がお洒落

本巡りのために!シアトルに旅立ちたくなる5つの理由
シアトルの公立図書館は、総じて新しくお洒落です。まるでブックカフェのように洗練された空間なので、つい長居したくなってしまいます。旅の途中で訪れるなら、シアトルで一番大きい中央図書館へ。ダウンタウンにあるので、観光のついでに立ち寄れます。

ちなみにこの図書館、びっくりするような建築方法で建てられているのです。どんな方法かは、行ってみてのお楽しみ。

シアトル中央図書館
1000 Fourth Ave. Seattle, WA 98104
月曜~木曜 10:00~20:00
金曜~土曜 10:00~18:00
日曜 12:00~18:00

5、居心地のいいブックカフェ&バーが多い


シアトルは本の街であると同時に、コーヒーの街でもあります。素敵なブックカフェがないはずがありません。ベーカリー併設のThird Place Books(サード・プレイス・ブックス)、お洒落な古書が壁に並び、古本屋さんも併設しているBauhaus Ballard(バウハウス・バラード)、お酒も楽しめるシックな店内のBookstore Bar & Café(ブックストア・バー・アンド・カフェ)など、本でなく食事目当てに行っても大満足のお店です。

Third Place Books
Lake Forest Park店
17171 Bothell Way NE, #A101, Lake Forest Park WA 98155
月曜~木曜 9:00~21:00
金曜~土曜 9:00~22:00
日曜 9:00~20:00

Bauhaus Ballard
2001 NW Market St, Seattle, WA 98107
月曜~金曜 6:00~22:00
土曜~日曜 7:00~22:00

Bookstore Bar & Café
1007 1st Avenue, Seattle, WA 98104
月曜~金曜
ブランチ 7:00~14:00/ディナー 16:00~22:00
土曜~日曜
ブランチ 8:00~14:00/ディナー 16:00~22:00

本好きの方、ぜひ一度シアトルまで足を運んでみてください。きっと特別な読書体験ができるはずです。「【在住者イチオシ】知的好奇心を満たす!読書の街シアトルの老舗書店3選」もぜひご参考に。

[Photos by Shutterstock.com]

トゥルーテル美紗子

Misako Treutel ライター/翻訳業
1986年生まれ。大学では英米文学・英語学を専攻していたが、授業そっちのけで留学、国際インターンシップ、旅に明け暮れる。大学卒業後は出版社に入社し、約80点書籍を制作。2015年に退社し、現在は米国シアトル在住。

,,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,観光,観光


アメリカの現地レポート関連リンク

【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い? 【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い?
もしかして変な日本人になっていると思う瞬間【米ニューヨーク在住】 もしかして変な日本人になっていると思う瞬間【米ニューヨーク在住】
ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅 ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅
映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」 映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地!旅人を魅了した幻の滝「モスブレー」
【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に 【ニューヨーク現地取材】エンパイア・ステート・ビルディングの入り口が2018年8月より変更に
アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター アメリカ アーカンソー州で話題のレトロビジネス!?懐かしさで多くの人の心を捉えるゲームセンター
人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#シアトル #古書 #古本 #専門書