> > > ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界都市ランキングトップ10

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界都市ランキングトップ10

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

7位 ソウル(韓国)

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10

日本人にとっては身近な隣国、韓国の首都ソウル。過去10年以上にわたって、ソウルはより緑豊かで快適な、魅力ある都市に生まれ変わろうと努めてきました。2017年、ソウル駅周辺の老朽化した高速道路を緑あふれる庭園にするプロジェクト「ソウル・スカイガーデン」が完成予定。

ショッピングやグルメ、美容といった従来の魅力に加え、環境都市としても歩みを進めているソウル。四季を肌で感じられるロマンティックな空中庭園は、新時代の大都市のありかたを示してくれることでしょう。

6位 ピストイア(イタリア)

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10

イタリア・トスカーナ州の州都、フィレンツェの近郊に位置する小都市、ピストイア。2017年、この街はイタリアの文化首都を務めます。

ピストイアの歴史は古代ローマ時代以前にさかのぼり、フィレンツェが繁栄したルネッサンス期以前の中世初期に最も栄えました。ロマネスク様式の歴史的建造物がいたるところに点在しており、まるで街全体が博物館のよう。

芸術と建築の充実ぶりから、「小さなフィレンツェ」と呼ばれることもありますが、これから先、ピストイアは今までにないトスカーナの新たな魅力を見せてくれるはずです。

5位 オフリド(マケドニア)

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10

東ヨーロッパ、マケドニアの小さな湖畔の街オフリド。500万年以上前に誕生したとされるオフリド湖は、ヨーロッパ最古の湖のひとつとして知られています。街の歴史も古く、オフリドは、ヨーロッパ最古の人類の定住地と考えられています。

9世紀以降は、スラブ世界におけるキリスト教文化の中心地として発展、13世紀には300もの教会が存在したのだとか。オフリド湖の美しい自然と、宗教都市としての文化的・歴史的価値が評価され、オフリドは、文化遺産と自然遺産の両方の基準を満たす複合遺産として、世界遺産に登録されています。

心安らぐ穏やかな景観を楽しめるオフリドですが、今後予定されている湖岸開発により、現在の静かな街の姿が一変してしまうかもしれません。素朴なオフリドの魅力に触れるなら、今のうちです。【世界遺産】美しい湖畔に無数の教会が佇む町「オフリド」もあわせてどうぞ。

4位 メリダ(メキシコ)

ロンリープラネット発表、2017年に行くべき世界の都市トップ10

メリダはメキシコ、ユカタン州の州都。スペイン人入植者によって築かれた街で、カラフルなコロニアル建築が並び、ライブ音楽やダンスのパフォーマンスがあふれる、活気に満ちた都市です。

2017年のアメリカ文化首都に選ばれたメリダでは、年間を通して大規模な文化イベントが開催され、街の熱気にさらに火がつくことでしょう。

メリダに行くべき理由は、コロニアル都市としての街の魅力だけにとどまりません。メリダはマヤ遺跡への拠点としても知られています。メリダを拠点に「ウシュマル遺跡」や「チチェン・イツァ遺跡」など、世界遺産の古代遺跡を訪れて、壮大な歴史のロマンに触れてみませんか。現地ルポはこちら「メキシコ第二の都市メリダが熱い!オシャレな街と市場を散策」。

(次のページに続く)

,,,,,,,, | ランキング,ヨーロッパ,北アメリカ,ロシア,アメリカ


ヨーロッパのロシア関連リンク







ペルー製ウールの可愛いセーター ペルー製ウールの可愛いセーター


もう一度行きたいあの場所<4>おだやかな空気の流れる町ロシア・ハバロフスク もう一度行きたいあの場所<4>おだやかな空気の流れる町ロシア・ハバロフスク
1 2 3 4 5 6 NEXT