> > > あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】

,,,,, | TABIZINE with Kids,特集,現地レポート,豆知識

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】



僕の頭の上には雨雲がある

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】
ベビーシッターEさんから聞いた話です。経験のないEさんが、はじめてベビーシッターを務めた家庭には、幼児2人の兄弟がいました。

4歳のお兄ちゃんTくんは泣き虫で、眠りから目覚めたとき、登校時にお気に入りのソックスが見つからないとき、パジャマが着替えられないなど些細なことで泣いてしまうのです。

2時間以上も大泣きに泣くのは学校でも同様で、教師から呼び出しの電話がかかってくることもしばしば。「男の子は泣いちゃいけない」「もう赤ちゃんじゃないよ」と周りで言い聞かせましたが、赤ちゃんからの性格はなかなか変わりません。EさんはTくんをどう扱っていいのか、途方にくれたそうです。

ある日、子どもたちが絵を描いていた時のこと。Tくんの絵を見ると、子どもが二人描かれていました。ひとりの頭上には雨雲があり、雨が降って泣いています。もうひとりは、頭上に太陽が輝き笑っています。Tくんに説明を求めると、雨雲が頭上にあるのはTくん、太陽が頭上にあるのは弟のOくんだということでした。「僕の上にはいつも雨雲がある。だから涙が止まらないんだ」そう言われて、Eさんは何と返してよいのかわからなかったそうです。

ベビーシッターを辞めて数年たった今も、時々Tくんのことを思い出し、彼の頭上の雨雲は去ったのだろうかと考えるそうです。

あなたが知らない、ニューヨークの子どもたち【TABIZINE with Kids】
あなたの知らないニューヨークの子どもたち。子どもだって、ニューヨーカーになるのは大変なのです。

また日本の教育は「協調性」が求められますが、アメリカでは「自分の意見」を求められます。授業には出席しているだけでなく、内容を理解した上で、どれだけ自分の考えを積極的に述べたかということが評価されます。受け身で参加する日本とは大きく異なる点です。


[All Photos by shutterstock.com]
※写真はすべてイメージです。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファー同居人氏とNY在住。


,,,,, | TABIZINE with Kids,特集,現地レポート,豆知識