> > > 【軽井沢】文人も愛した名門旅館を改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェ

,,,,,,,, | 中部,現地レポート,観光,長野県

【軽井沢】文人も愛した名門旅館を改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェ

Sep 29th, 2017 | 坂本正敬

最近は、いろいろな場所にユニークなカフェを見かけます。長野県軽井沢町の追分(おいわけ)、しなの鉄道の信濃追分駅の近くにも、地域のランドマーク的な名門旅館を改修して再オープンしたユニークな喫茶店があります。その名も『油や』の一角に設けられた追分喫茶店(CROSSROAD cafe)。

【軽井沢】文人も愛した名門旅館を大改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェが楽しい
そこで今回は軽井沢に在住経験もある筆者が、旧中山道沿いにある追分喫茶店に行ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

 

そもそも追分ってどこ?

【軽井沢】文人も愛した名門旅館を大改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェが楽しい
そもそも長野県軽井沢町の追分とはどこでしょうか? もともと追分は宿場町で、中山道と北国街道の分岐点として栄えた町になります。

宿場のあった旧中山道は現在、電線や各種の配管が地中に埋められ、石畳が奇麗に整備された美しい観光地になっています。沿道には古本屋やカフェ、昔ながらの駄菓子屋、たい焼き屋、社寺仏閣などが点在し、とてもいい雰囲気。

【軽井沢】文人も愛した名門旅館を大改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェが楽しい
道路沿いの一角には、かつて追分宿の脇本陣(殿様の家来が泊まる宿)であった旧油屋があり、昭和13年に現在の位置に移転してから、地域ではランドマーク的な存在として親しまれてきたそう。昭和の時代には、堀辰雄、加藤周一などが執筆に利用した定宿でもあったのだとか。

【軽井沢】文人も愛した名門旅館を大改修!古本屋やギャラリーも入居するカフェが楽しい
そうした歴史を持つ油屋の建物を保全しつつ、さらに有効活用していこうという機運が高まり、平成24年に大幅リニューアルが行われます。

2階に旅館機能を残し、1階には古本屋や陶器作家のギャラリー、レコード屋などが入所。かつて応接間だった玄関近くのスペースも喫茶店として生まれ変わりました。今では文化事業の拠点として、地元の人はもちろん、旅行者にも無料開放されているのですね。

 

坂本正敬

,,,,,,,, | 中部,現地レポート,観光,長野県