> > > > 今年もパクチーがいっぱいです!昨年人気No.1の激辛青唐辛子鍋が復活!

,, | グルメ,東京都23区,関東

今年もパクチーがいっぱいです!昨年人気No.1の激辛青唐辛子鍋が復活!

ライター: TABIZINE編集部
更新日: Apr 12th, 2018

昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
「Pak-chee Village(パクチービレッジ)新宿店」では、昨年大人気だった「激辛青唐辛子鍋」が再び登場しました! 鍋のスープにはお店のメイン食材として使われている「青唐辛子」と「パクチー」がたっぷり入っており、激辛好き&パクチー好きにはたまらない一品になっています。2018年1月31日までの、期間限定メニューなので急いで!

昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
緑色が印象的なこちらの鍋は、一口食べると想像以上の辛さ。しかしその刺激的な辛さがやみつきになるのだとか。具材には鶏肉やえのき、豆腐などのオーソドックスな食材を使用。シンプルな具材なので、パクチーの香りと青唐辛子のぴりっとした辛さがより引き立ちます。

そして鍋と言えば楽しみなのが「〆」。こちらでは雑炊か、フォーが注文可能。エスニックな鍋の〆、ぜひ体験してみて。


『復活!!激辛青唐辛子鍋』 一人前980円(税抜)
・〆 雑炊   200円(税抜)
・〆 フォー  200円(税抜)
詳細URL:https://www.hotpepper.jp/strJ000650333/


ドリンクにもパクチー!


パクチービレッジでは、ドリンクメニューにもパクチーが! ぜひ試してほしいのが、ヨーグルトドリンクにパクチーペーストを合わせたパクチーラッシーだとか。意外と相性抜群な組み合わせのこちらはさっぱりした飲み心地で、激辛鍋のお供に最適です。

『パクチーハイボール』 580円(税抜)

昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
『パクチーラッシー』 680円(税抜)

昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです

パクチーが足りない人には、パク盛りがおすすめ!


昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
まだまだパクチーが足りない人は「パク盛り(680円/税抜)」を注文してみて。鍋に追加して、パクチー山盛り鍋にしても!

その他にもパクチーメニューがいっぱい


昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
『THE パクチーサラダ(ヤム・パクチー)』 1,380円(税抜)

パクチービレッジが自信をもってオススメするパクチーサラダ。2サイズあり、レギュラーは2~3人でシェアするのがおすすめ。柔らかく食べやすいパクチーとシャキシャキの長ネギに、少し甘めに仕上げたオニオンベースの胡麻ドレッシングで味付け。ふりかけたクラッシュアーモンドとピスタチオが良いアクセントになっていて、もりもり食べられます。

『パクチーポテサラ』 500円(税抜)

昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
緑色の見た目に驚く、珍しいポテトサラダ。ペースト状のパクチーを混ぜ込み、生のパクチーがトッピングされています。味付けにはタイ料理でお馴染みの「スイートチリソース」と、ポテトサラダとの相性が気になる「サクラエビ」を使用!意外な組み合わせですが、サクラエビの香ばしさと全体をまとめるマヨネーズによるほのかな酸味は、箸やすめにも最適です。

「Pak-chee Village 新宿店」について


昨年人気No.1の激辛鍋「復活!!激辛青唐辛子鍋」 が登場!今年もパクチーがいっぱいです
新宿駅東口より徒歩3分。隠れ家風の店内には新鮮なパクチーの香りが漂います。お店自慢のパクチー料理や青唐辛子をメインとしたお手頃価格のおつまみ、アジア各国のビールをはじめとしたドリンクメニューが豊富です。靴を脱いでくつろげるお座敷や、ソファタイプのカップルシートなど席のタイプが幅広く、しっかりコース料理からサクッと飲み、二軒目の利用まで様々なシーンで使いやすいお店になっています。


店名 :Pak-chee Village(パクチービレッジ)新宿店
所在地 :東京都新宿区新宿3-20-6 FSビル8階
アクセス :JR新宿駅東口徒歩3分
電話番号 :03-3358-7923
営業時間 :【月~金】17:00~24:00 【土・日・月】16:00~24:00
URL :http://www.sld-inc.com/pakcheevillage.html


[PR TIMES]

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

,, | グルメ,グルメ,東京都23区,関東