> > > > 青山商事&ビームスに聞く!日本人旅行者が海外旅行先でダサくならない服装

青山商事&ビームスに聞く!日本人旅行者が海外旅行先でダサくならない服装

Posted by: あやみ
掲載日: Mar 1st, 2019.

洋服の青山のビジネスカジュアルブランド「MORLES(モアレス)」が今年注目のファッションコーディネートやアイテムを紹介する「2019年トレンド コーディネート発表会」を開催。青山商事&ビームスの担当者に、日本人観光客が海外旅行先でダサくならない服装についてインタビュー。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

モアレス2019年春夏モデル
2月21日、洋服の青山のビジネスカジュアルブランド「MORLES(モアレス)」を展開する青山商事株式会社は、今年注目のファッションコーディネートやアイテムを紹介する「2019年トレンド コーディネート発表会」を開催。モアレスブランドを企画監修したのは株式会社ビームスです。

会場にはカラーバリエーションが豊富で、軽やかな着こなしを実現できる、2019年春夏のファッションアイテムが並んでいました。

そんな中、青山商事&ビームスの担当者に、日本人観光客が海外旅行先でダサくならない服装についてインタビュー。


アイテムをひとつ追加するだけでオシャレに!旅先でダサくならないメンズファッション


モアレス2019春夏のジャケット
旅行には、つい着慣れたTシャツとデニム、サンダルやスニーカーで行きたくなりますが、少し工夫をするだけで、ダサくないファッションを実現できます。

ビームスの矢崎さんによると「リゾートにいく場合は、レストランに行くシチュエーションがあると思うで、軽くてシワにならないジャケットを持っていくといいと思います。そういうジャケットなら、トランクケースに入れてもかさばらないので助かります。ジャケットにチノパンを合わせても、ドレッシーになりますよ」とのこと。

モアレス2019年春夏シューズ
また「ここ数年はローファーがヒットして、今年の春夏はピットローファー(GUCCIで人気のローファーデザイン)がトレンドになると思います。土臭いパンツにあえてキラッとさせるローファーを合わせるとカッコいいです」と言っていました。

サラッと羽織れるジャケットやトレンドのローファーを持っていくだけでも、確実に旅先でのオシャレ度がアップしそうですね。

楽と乾きやすさを重視したオシャレを。旅先でダサくならないレディースファッション


女性はどのようなファッションをすれば、旅先でダサくならないのでしょうか? 旅行する場所や季節にもよると思いますが、春から夏にかけての旅先でのファッションについてレディースを担当した経験のあるビームスの佐藤さんに聞いてみました。

「レジャー目的であれば、ストリート×スポーツウェアのミックスコーディネートもいいと思います。わかりやすく言うとKARAのメンバーの私服のようなファッションです。スパッツをはいて、飛行機にも楽に乗れるようなファッションをするといいと思います」とのこと。


しかし、スポーティーなファッションが苦手な人もいます。そのような人にオススメなのは「乾きやすい素材のカットソー、Tシャツやスウェット素材のワンピースだそう。「ワンピースは丸めてトランクケースに入れやすいですし、着ていて楽です」とのこと。

確かに、旅先にワンピースを持っていくと大活躍してくれますよね。また、乾きやすい素材のカットソーは長期滞在で洗濯をしなければいけない場合、早く乾くので、数枚持っていくだけで重宝します。

さらに「キレイに見せたい人は、スカーフを巻いたり、たためるジャケットを持っていくのもありです。程よく高級感を演出できるレザーサンダルを履くのもいいと思います。それから、ネイルやメイクにこだわるのもあり。例えば、海に遊びにいくときは、しっかりペティキュアをするだけで、気分が上がりますよ」とのこと。

装いをよりキレイに見せるためには、スカーフを巻いたり、ひとつだけ高級感のアイテムを取り入れるのもいいですよね。シチュエーションに合わせて、メイクを変えたり、ネイルにこだわるのもひとつの手でしょう。

服に合わせるのではなく、自分に合わせて服を選ぶ


青山商事の三浦さんは、長年の接客経験を通して「僕の主観ですが旅先でも“好きな色の服を着る”、“好きなアイテムを身に付ける”ことが大切だと感じています」と言っていました。

「日本人は四季に応じて服を選ぶ律儀なところがありますが、それがオシャレを楽しむことにブレーキをかけているんじゃないかなと思います。僕は人の目を気にせず、自分の好きなものを身に付けることで、その人の個性が際立ち、自然とオシャレに見えると思うんです。服に自分を合わせるのではなく、自分に合わて服を選ぶことが大事だと思います」とのこと。

この三浦さんの話は目から鱗でした。周りの目や季節を気にせず、好きな色の服やアイテムを身に付けることで、最初は、失敗することもあるかもしれませんが、早い段階で自分の魅力を底上げできるファッションを発見できそうですね。

旅先でのファッションをアップデート、2019年春夏のメンズトレンドアイテム

センツァクラバッテをよりスポーティーに
15、16年前に流行した「センツァクラバッテ(スーツのノータイスタイリング)」をご存知でしょうか? 現在は死語になっている言葉ですが「MORLES(モアレス)」の2019年春夏のファッションアイテムはセンツァクラバッテをよりスポーティーにした、リラックスできるオシャレなアイテムが目白押しです。しかも、ジャケットを羽織れば、オンオフどちらでも着られるようにデザインされています。

モアレスのニットポロ
ニットポロは、一番夏場に活躍するアイテム。素材はドライな風合いを重視し、ジャケットを羽織っても、きちんと襟が立ち、様になるようにデザインされています。この商品は、昨年のヒット商品を改良したものだそうです。

モアレスのカットソー
着心地を考えてストレッチするシャツの素材で作られたカットソー。肩口にファスナーがあり、首回りもダラっとしません。右脇にもファスナーがあり、着やすいのも魅力です。光沢感のある素材で、モアレスで展開しているジャケットにもよく合います。

モアレスのシャツ モアレスのノータイスタイルのシャツ
2019年春夏は、オープンカラーも外せないアイテムだそうです。オープンカラーシャツ、ワンピースカラーシャツは共にノータイスタイルを表現。

モアレスのシャツにジャケットを合わせる
シャツの襟はジャケットに合わせても、収まりが良いようにデザインされています。

モアレスのパンツ
近年、パンツのトレンドは細い傾向にありましたが、春夏モデルはあえて太めで、深めのプリーツやゴムを入れてリラックス感を大切にしたそう。テーラードのジャケットに太めのチノパンを合わせるとドレッシーに着こなせます。先に向かって細くなっていくデザインで、日本人の体型にもピッタリ。足長に見える効果も! 9分丈で丈直しは不要だそうです。

モアレスのスカーフ
スカーフを首に巻くと、さらにオシャレ度がアップします。ジャケットの胸ポケットに入れて、ポケットチーフにするのもオススメです。

モアレスのアイテムはどれを取り入れても、旅先での装いに華やかさをプラスできます。彼氏や旦那さんの旅先での服装をオシャレにアップデートしたいと思ったら、モアレスのアイテムをプレゼントしたり、オススメするのもいいかもしれませんね。


[Photos by Shutterstock.com & あやみ]

あやみ

Ayami ライター
都内在住のフリーライター。劇団員、OL、WEB編集ライターを経て、フリーランスになる。辛い食べ物、東南アジアが大好き。旅するように生きるのが人生の目標。


, | トレンド,東京都23区,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,豆知識,関東


東京都23区の現地ルポ/ブログ関連リンク

リンツ銀座店ショコラプリンシュー リンツ銀座店ショコラプリンシュー
世界のカバン博物館キャビントランク 世界のカバン博物館キャビントランク
272784-00 272784-00
ハーフサイズでもワンタンが7個も入ってます ハーフサイズでもワンタンが7個も入ってます
キャラメルゴーストパーティーソフトクリーム キャラメルゴーストパーティーソフトクリーム
スープは一口飲んだだけで「煮干し」!! スープは一口飲んだだけで「煮干し」!!
272218-00 272218-00
銀座店限定の「タピオカ白桃鉄観音ミルクティー」と、夏限定メニューの「夏野菜とシラスの涼麺」 銀座店限定の「タピオカ白桃鉄観音ミルクティー」と、夏限定メニューの「夏野菜とシラスの涼麺」
272762-06 272762-06
ANA Hangar bay Cafe by PABLOショーケース ANA Hangar bay Cafe by PABLOショーケース
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ファッション #リゾート