> > 【スーツケースの伝道師Vol.7】きれいに整頓!スーツケースの荷物パッキング術!!

【スーツケースの伝道師Vol.7】きれいに整頓!スーツケースの荷物パッキング術!!

Posted by: わたなべ たい
掲載日: Nov 29th, 2019.

東急ハンズ公認!? “スーツケースの伝道師”こと佐藤宏樹さん。東急ハンズのトラベル用品チーフバイヤーとしての肩書を持ち、スーツケースの所有数は21個。そんな伝道師が今回は、荷物のパッキング術を教えてくれます。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

スーツケースの伝道師パッキング術


スーツケースを4分割する“ディビジョン4”

旅行に出かけるとなると、あれもこれもと荷物が多くなってしまい、行きからスーツケースがいっぱい! スーツケースの中がごちゃごちゃという方もいるのでは? 実はスーツケースには、各荷物によってそれを詰める最適な位置があるのだとか。

スーツケースの伝道師パッキング術1
「それを“ディビジョン4”と呼んでいるんです」と佐藤さん。「スーツケースを開いた状態で4分割。キャリーバー側(裏側)の下には1番重たい荷物、ふた側(表側)の下に2番目に重たい荷物、キャリーバー側の上には軽めの荷物、ふた側の上に1番軽い荷物を詰めていくのがコツ。

スーツケースの伝道師パッキング術2
重たい荷物を下に詰めることによって、荷物潰れを防ぐことができ、スーツケースの走行性も安定します」。今回は右下に靴をパッキング。行きなのにくれぐれもスーツケースをいっぱいにしないように。旅先でのショッピングやお土産などが入ることを忘れずに、80%くらいの荷物量に抑えることがおすすめです。

スーツケースの伝道師パッキング術3
2番目に重たい荷物するパッキングする左下には、今回はジーンズなどのちょっとかさ張る洋服などを収納ポーチに入れてパッキング。「収納ポーチなどを使うことによって、スーツケース内に仕切りを作りコンパクトにパッキングすることができます。空港やホテルのロビーなどでスーツケースを開けなくてはいけないのときも、ポーチに入っていれば直接洋服などが見えず、見た目もきれいで安心です」。

重たい荷物は下に! 軽い荷物は上に! 壊れやすいものは真ん中に!

スーツケースの伝道師パッキング術4
「ヘアアイロンや電気シェーバーなど、電化製品や壊れやすいものは、ほかの荷物がクッション代わりになるように真ん中でサンドイッチに」。右上には、シャツやTシャツなどをパッキング。最近では、収納ポーチ自体が洗濯ネットの機能を持ったウォッシャブルポーチなどもあり、これならば旅先で洗濯するときも、帰ってきてから洗濯するときも、そのまま洗濯機で洗うことができるので便利。汚れたものと分別するときにも使えます。

スーツケースの伝道師パッキング術5

スーツケースの伝道師パッキング術6
「スーツケース内にすき間ができてしまうと、移動中に荷物が動いてしまい中に入っているものが破損したり、スーツケースの走行性が悪くなったりするので、タオルや靴下などの小物を使って荷物が動かないように固定することもポイント」。

スーツケースの伝道師パッキング術7
最後にふた側、左上の1番軽いスペースに、下着や洗面用具などのアメニティーをパッキングしたら完成! こんなにきれいにできました!!

スーツケースの伝道師パッキング術8

圧縮袋・小さくたためるバッグもいざというときに便利!

スーツケースの伝道師パッキング術9

スーツケースの伝道師パッキング術10
「洋服などの荷物量が1/3くらいになる圧縮袋は、パッキングの強い味方といえますが、なるべくなら行きは使わないようにしたいですね! 圧縮袋を使って荷物がパンパンなら確実に帰りの荷物は入らなくなります。荷物が増える帰りに使ってこそその実力を実感できますよ。

スーツケースの伝道師パッキング術11
コンパクトにたためるバッグも、旅先でちょっと出かけるときや荷物が多くなってしまったときに便利なので、スーツケースに入れておくといいでしょう」

「今回紹介したのは、あくまで基本。旅の荷物はコンパクトにした方が身軽で良いですが、私自身は意外と色々持って行きたくなる性格なんです。そのほうがストレスが少ない。基本はおさえつつ、自分のスタイルに合わせたパッキング術を身につけることで、より旅を楽しめると思いますよ!」

スーツケースの伝道師プロフィール

スーツケースの伝道師

【名前】佐藤 宏樹さん
【生年月日】1982年1月
【出身】千葉県(生まれは奄美大島)
【職業】株式会社東急ハンズ トラベル用品チーフバイヤー
【旅歴】20年
【保有スーツケース】21個
【伝道師歴】2年(2017年~)

[All Photos by Ayano Ishihara]

わたなべ たい

TAI WATANABE ライター・エディター・ディレクター
10代のころ、自転車でメキシコ・グアテマラを縦断し多くのことを学ぶ。それをきっかけに情報誌・旅行誌の取材を通じて、中南米・カリブ海を中心に世界各国で豊富な取材を経験。海外を見てきたからこそ日本は大好き! 紙とWEB、ふたつの媒体特性に精通した複眼的視点を持っている。

,, | 旅のハウツー


旅のハウツー関連リンク

BBQ BBQ
ひとこと英会話マンガ90-1 ひとこと英会話マンガ90-1
ひとこと英会話マンガ89-1 ひとこと英会話マンガ89-1
ひとこと英会話マンガ88-1 ひとこと英会話マンガ88-1






1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#旅の必需品 #旅の持ち物 #旅支度



旅のハウツー