> > > > 【希少価値!全国の混浴温泉】憧れの秘湯!野趣あふれる2種類の露天風呂「滑川温泉福島屋」<山形県>

【希少価値!全国の混浴温泉】憧れの秘湯!野趣あふれる2種類の露天風呂「滑川温泉福島屋」<山形県>

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Apr 23rd, 2021.

人気の温泉の中でも希少価値の高い混浴温泉。混浴温泉は古くからの名湯であることが多く、歴史や風情を味わうことができます。また、家族やパートナーと一緒に、湯に浸かりながらゆったりと会話を楽しんだり、美しい景色を眺めたり、特別な時間を満喫できるのも魅力ですね。そんな混浴温泉を紹介していきます。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

滑川温泉福島屋 岩風呂 夏


希少価値の高い日本の文化

混浴温泉は、実は年々減っている絶滅寸前ともいえるお風呂なのです。というのは、現行の旅館業法(平成29年12月改正)では、「共同浴室を設ける場合は、原則として男女別に分け、各1か所以上のものを有すること 」「共同浴室にあっては、おおむね10歳以上の男女を混浴させないこと」が義務付けられており、混浴が認められるのは例外の場合のみ。混浴風呂の新設は認められていないからです。今や希少価値の高い日本の文化であり、残ってきた混浴は泉質が素晴らしい名湯が多いので、これ以上減少しないことを祈りたいものです。

米沢市の秘湯一軒宿「滑川温泉 福島屋」

滑川温泉福島屋 外観
滑川温泉 福島屋 外観 夏

山形県米沢市の標高850メートルに位置する、源泉かけ流しの一軒宿「滑川温泉 福島屋」。滑川の由来は、文明8年(1476年)大沢の郷士斉藤盛房が川を渡ろうとして岩石を滑り倒れた時に、手に温かい石を感じ、温泉の湧出を発見したため。宝暦13年(1763年)上杉藩主の許可を得て、笹木正直氏が開湯。現在の13代目当主まで続く歴史ある温泉宿で、「日本秘湯を守る会」の会員旅館です。

滑川温泉福島屋 玄関
滑川温泉 福島屋 玄関 紅葉時

緑豊かな山あいにあり、最寄りのJR奥羽本線「峠駅」から宿に向かう途中あるのは、渓流と山だけとまさに秘湯。しかしながら思うほどアクセスは悪くなく、宿泊者には峠駅から無料送迎(8時~20時※要事前予約)してくれるそうです。難易度の高い狭い山道を走るので、送迎してもらうのが安全かもしれません。

静かな山里の温泉宿 風情を味わう

滑川温泉福島屋50号室
滑川温泉 福島屋 宿泊棟客室(3階50号室)

宿泊は、主に1泊2食付のプランで使用する「宿泊棟」と、自炊湯治のプランで使用する「自炊棟」があります。

滑川温泉福島屋 新鮮な山菜
滑川温泉福島屋 山菜料理

宿自慢の山菜料理。新鮮な季節の恵みをいただくのも、楽しみのひとつ。

野趣あふれる2種類の露天風呂

自然の風景に溶け込むような、素晴らしい露天風呂が2種類あります。山間の景色を楽しみながら、ほんのり硫黄の香りの温泉に浸かるのは格別。

温泉は、混浴時間、女性専用時間、貸切時間、清掃時間が設定されているので、訪問前に「お風呂時間割表」で確認することをお勧めします。

■お風呂時間割表
http://www.namegawa-fukushimaya.com/onsen.html

岩の露天風呂(混浴)

滑川温泉福島屋 岩の露天風呂
滑川温泉 福島屋 岩の露天風呂 夏

渓流沿いの景観が素晴らしい「岩風呂」。ここまで来た甲斐があったと思える温泉です。

滑川温泉福島屋 岩風呂 秋
滑川温泉 福島屋 岩の露天風呂 紅葉時

季節が変わるごとに異なった魅力を見せます。紅葉時の美しさも素晴らしいですね。

檜の露天風呂(混浴)

滑川温泉福島屋 檜風呂 夏
滑川温泉 福島屋 檜の露天風呂 夏

肌触りがやさしい「檜風呂」。掛け流しのお湯はその時々で色が変わり、透明になったり白くなったりするのも魅力。宿泊者は貸切も可能。

滑川温泉福島屋 檜風呂 秋
滑川温泉 福島屋 檜の露天風呂 紅葉時

紅葉時には、山里の秋を楽しめます。

石造りの内風呂も見過ごせない

滑川温泉福島屋 混浴内風呂
滑川温泉福島屋 混浴内風呂 紅葉時

見事な石造りの内風呂は混浴。乳白色の濁り湯は、光の加減で美しいブルーに見えることもあります。内湯の泉質が一番良いとする温泉通もいますよ。女性専用の内風呂もあります。

滑川温泉の効能とは

滑川温泉福島屋 泉質
加熱、加水をしていない、源泉かけ流し。3つの自家源泉からの乳白色の濁り湯は、ほんのり硫黄の香り、とろりとしたやさしい湯です。

滑川温泉の効能

泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性温泉)
適応症:リウマチ、神経痛、胃腸病、創傷、婦人病、女性の美肌に効果

女性の気持ち「混浴って大丈夫?」

滑川温泉福島屋 女性専用内風呂
滑川温泉福島屋 女性専用内風呂

露天風呂については、女性のみバスタオルを巻いての入浴が可能。岩風呂は女性専用時間があり、落ち着いてゆっくり入れます。檜風呂は、宿泊者は貸切予約可能。家族やパートナーと一緒に、気兼ねなく湯を楽しめます。

女性専用内風呂は、天井が高く、扇型の素敵な浴槽。

マナーを守って、入浴を

第一条 男性入浴者は女性入浴者を好奇の目で見るべからず
第二条 女性入浴者は男性入浴者を好奇の目で見るべからず
第三条 混浴は老若男女を問わず和を尊び 大らかで豊かな入浴の姿を最高と為すべし
「混浴を守る会」(青森県酸ヶ湯) 三か条

人がいる、いないに関わらず、浴室にカメラやスマホ等撮影器具の持ち込みは禁止。温泉内および入浴中の他人をスマホなどで撮影するなどは犯罪行為であり、通報されます。ルールを守り、気持ち良く入浴して、混浴温泉を守りましょう。

滑川温泉「福島屋」日帰り利用・湯浴み着情報

滑川温泉「福島屋」(山形県米沢市)

●日帰り入浴 可能
●日帰り利用料金 大人600円(税込)(2021年4月4日現在)
●日帰り利用時間 9:00~16:00
●湯浴み着レンタル なし
●湯浴み着着用入浴 不可
●バスタオルを巻いての入浴(女性のみ) 可能
●水着着用 不可
●女性専用時間 あり。詳細はこちらを→http://www.namegawa-fukushimaya.com/onsen.html#time
●女性専用露天風呂 なし

※営業期間は、およそ4月28日~11月5日まで。豪雪地帯のため冬季は休業。

住所: 山形県米沢市大字大沢15
電話:0238-34-2250
公式サイト:http://www.namegawa-fukushimaya.com

写真提供:滑川温泉 福島屋

※記事掲載の情報は、2021年4月現在のもので、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、変更になる場合があります。最新情報については、必ず公式サイトで確認あるいは直接施設へお問い合わせください。

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


,,,,, | 観光,北海道・東北,山形県,ホテル,観光


山形県のホテル関連リンク



滑川温泉福島屋 岩の露天風呂 滑川温泉福島屋 岩の露天風呂
山頂から 山頂から
1

観光 北海道・東北 山形県 ホテル 観光