> > > > 洋食、自家焙煎コーヒー、手作りスイーツ!島時間を過ごせるカフェ2選【八重山諸島・小浜島】

洋食、自家焙煎コーヒー、手作りスイーツ!島時間を過ごせるカフェ2選【八重山諸島・小浜島】

Posted by: ロザンベール葉
掲載日: May 7th, 2021.

石垣島から高速フェリーで約30分の小浜島。海は透き通るように美しく、サトウキビ畑が広がるのどかな島です。そんな島に2軒の素敵なお店を発見!油絵画家と絵本作家夫妻が営む「COFFEE HOUSE ヤシの木」と、2020年12月にオープンしたコーヒー豆焙煎所&カフェ「Sakurai Coffee」。まるでアーティストのアトリエのような2つの空間をご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ヤシの木


絵本の世界のよう!「COFFEE HOUSE ヤシの木」

ヤシの木 外観

島のほぼ中心にある集落にたたずむ「COFFEE HOUSE ヤシの木」。サイクリングをすれば道の途中にあるので、誰もが気付くはずです。白壁にグリーンの扉にニュアンスのあるブルーの窓。黄色の花が美しく映えています。

ヤシの木 内観

白壁に木目のインテリアを配したナチュラルな雰囲気。ブルーの窓が額縁になり、グリーンがまるで絵のようにみずみずしさを添えています。

ヤシの木 内観

店内には絵やイラストが飾られています。店主の倉田洋二さんは油絵画家で釣り師、奥様のはんまけいこさんは絵本作家でイラストレーターなのだそうです。どうりで素敵な空間なわけです。サイクリング途中にホッと一息つくのに最適です。

丁寧に作られたカレーやオムライス

ヤシの木 メニュー

メニューは、はんまさんによる手描きのイラスト入りで、とってもかわいい!素敵ですねー!

ヤシの木 メニュー

ランチタイムには、懐かしい味わいのハヤシビーフとオムライスなどの洋食をいただけるようです。4種のカレーライスは16時までのサービス。遅がけのランチに助かります。

帰りの時間を気にして、スイーツをいただかなかったのが残念でなりません。特に小浜島のさとうきびから作る自家製黒糖シロップを使った、黒糖サンデーと黒糖オーレ!暑い時季には5種あるかき氷もおいしそうです。

ヤシの木 カレー

ランチに「キーマカレー」(サラダ付き)780円(税込)と「パッションフルーツのジュース」500円(税込)をいただきました。ことこと煮込んだカレーは、ほんのりスパイシーでおいしい!酸味のあるパッションフルーツのジュースは南国の味わい。ビタミン豊富で紫外線対策におすすめだそうです。

オリジナルグッズや絵本の販売も

ヤシの木 雑貨

オリジナルのTシャツや手ぬぐい、ポストカードやはんまさんによる絵本も販売しています。店内で読むこともできますよ。

はんまさんは、日本航空に勤務されていた頃に休暇で訪れた沖縄、小浜島に見せられて、結婚後に島に移り住まれたそうです。1983年にお店を建て、絵を描きながら島で暮らされています。夢のようなお話です。

ヤシの木 絵本

かわいらしい絵に魅せられて、甥と友だちの息子に絵本を購入。『ちいさなククル』はこのカフェが舞台になっているような、森の中にカフェが登場したような心温まるお話です。『むにょ? あぱ?』は字を読みはじめたくらいの乳児・幼児におすすめです。

ヤシの木 絵本

帰宅してから気付きましたが、作者のサインが入っていました。うれしい!ぜひまた訪れたい、静かで居心地の良いカフェです。

COFFEE HOUSEヤシの木
住所:沖縄県八重山郡竹富町字小浜2584
電話:0980-85-3253
営業時間:11:00~19:30
定休日:木、金曜(不定)
URL:http://yashinoki.jp/

2020年12月にオープンしたロースター&カフェ「Sakurai Coffee」

Sakurai Coffee 外観

サイクリングで島の西端にある細崎(くばさき)ビーチに行く途中に見つけたカフェ「Sakurai Coffee(サクライ コーヒー)」。細崎集落にある、2020年12月3日にオープンしたコーヒー豆焙煎所兼カフェです。

この手作り感あふれる「珈琲小屋」と呼びたいような外観が気に入りました。「まだお茶できますか?」と聞くと、「はい大丈夫ですよ」とさわやかなイケメン店主。

Sakurai Coffee 内観

こちらは靴を脱いで上がるスタイルです。木や革を活かした空間に、ロースターらしく重厚な焙煎機が置かれています。メンズ・カフェっぽいスタイリッシュな空間です。

Sakurai Coffee 内観

筆者にとってメンズ・カフェというのは、男子の秘密基地のようなイメージなんですよね。こちらでもそんな気配を感じました。コーヒーミルやドライフラワー、グリーンがあしらわれ、質実剛健な中にちょっとしたエレガンスが添えられています。店主であり、焙煎士でもある櫻井将基さんのセンスがあふれる空間です。

ロースターならではの多彩なスペシャルティコーヒー

Sakurai Coffee メニュー

メニューは、世界各国から厳選したスペシャルティコーヒーをメインに、コーヒーに合いそうなチーズケーキやガトーショコラ、ホットサンドもあります。沖縄ならではのフルーツジュースやオリオンビール、さんぴん茶もそろっています。コーヒーはカフェインレスに、ラテのミルクは豆乳に(+50円)変更可能だそう。きめの細かい配慮です。

Sakurai Coffee スペシャルティコーヒー

スペシャルティコーヒーは、櫻井さんが世界各国から厳選した豆を店内で焙煎しています。コスタリカ、グアテマラ、ニカラグアなど7種に加え、4種をブレンドした王道の味わいのコハマブレンド、小浜島の海をイメージしたというコハマブルーなどがそろいます。小浜島でこんなハイレベルのコーヒーを味わえるとはうれしいですね。

黒糖ラテとチーズケーキが絶品!

Sakurai Coffee アイスコーヒー

「アイスコーヒー」400円(税込)。ミルクは小さなビーカーのようなピッチャーに入っています。細部にもこだわりあり。

Sakurai Coffee 黒糖ラテ&チーズケーキ

「石垣島産ジャージー生クリームのベイクドチーズケーキ」450円(税込)と「小浜島黒糖ラテ」500円(税込)で一服。香り高いコーヒーに黒糖独特のコクのある甘味がきいたラテが、サイクリングで心地よく疲れた身体に染み渡るよう。

そして櫻井さんお手製のジャージー牛乳の生クリームを使ったチーズケーキがラテによく合い、たまらないおいしさです!添えてあるジャムは、大家さんからいただいた“くわの実”をご自身でジャムにされたそうです。お店からスイーツまで、何でも手作りしてしまうところにアーティスト気質を感じます。ガトーショコラやホットサンドも、きっとかなりおいしいはず!

そして、ニュアンスのあるブルーのカップと、縁が少しうねったような手作り感が残るグレーのお皿がとても素敵!尋ねたところ、美濃焼「ORIGAMI」のものとのこと。コーヒーやスイーツが美しく映える器です。

島で働く若者たちが集う場に

Sakurai Coffee 雑貨

櫻井さんセレクトのTシャツやエスプレッソマシンなども販売しています。

Sakurai Coffee 雑貨

メンズ感あふれるセレクトです。沖縄のやちむんらしい“とっくり”を購入しました。

Sakurai Coffee お客さま

全6席のアットホームな空間なので、なんとなく居合わせたお客さんと話しました。20~30歳代のこの島で働く人たちです。仕事で島に来た人や、留学するはずがコロナ禍で行けなくなり島で働いている人、島のリゾートホテルでカメラマンとして活躍する人などさまざま。

みなさんとても感じもノリも良く、写真を掲載してもOKとのこと。しばし旅やそれぞれの地元の話などで盛り上がりました。パワーにあふれ、前向きな人たちがここに集うのかなと感じました。店主の櫻井さんは、そんなみんなの話を聞くお兄さんのような存在なのでしょう。

リゾートホテルなどでキャリアを積んだ店主

Sakurai Coffee 店主

櫻井さんはというと、東京や大阪のレストランを経て、小浜島にあるリゾートホテルのビーチカフェの店長として3年のキャリアを積み、2020年12月3日にこのロースター&カフェを独立オープン。

Sakurai Coffee 焙煎機

こちらで豆を焙煎されています。話に興じてすっかり忘れてしまったのですが、後から、なぜ豆を買ってこなかったのだろうと悔やみました。そんな方のために、自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店「Island Coffee Roastery」としてオンラインショップがあります。筆者も帰宅後、購入しました。レターパックで送ってくれるので送料が安くて助かります。

Sakurai Coffee 看板

小浜島の西の端っこ「細崎集落」で営む小さなコーヒー豆焙煎所。日常の中で小さな幸せを感じてもらえるようなコーヒーを焙煎しています。決して大げさではないけれど、いつもの“おいしい”を目指して。世界各国から厳選したスペシャルティコーヒーをその時々の気候に合わせ、一番の飲み頃でお届け致します。(HPより)

HPに掲載されていた櫻井さんの言葉ですが、何気なくいつもそばにあるコーヒーというのがとてもいいなと思います。そしてこのカフェも、島の人たちにとってそんな空間になりつつあるのだと感じました。カフェ空間も、スタイリッシュにしてアットホームで親しみやすい雰囲気なのです。

Sakurai Coffee 額

最後に「ぜひトイレを見て下さい」とのことで、入ってみました。こだわりのインテリアがこんなところに!細部に至るまで、櫻井さんの感性が息づいています。

Sakurai Coffee 外観

そしてドリンクはテイクアウトOK。外ではコーヒーを待っているカップルが。絵になるな~。

Sakurai Coffee
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜1496-108離れ
電話:070-1219-0011
営業時間:9:00~17:00
定休日:日・月・火曜(不定)
Island Coffee Roastery:https://islandcoffee.thebase.in/
Facebook
Instagram
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため営業時間や定休日が変わる場合があります。詳しくは上記ページでご確認下さい。

[All photos by Yo Rosinberg]
Do not use images without permission.

ロザンベール葉

ロザンベール葉
主に横浜・東京で育ち、縁あって京都に在住。美術書出版社勤務を経て、フリーランスライター歴20年余り。フランス人のパートナーと共に、フランスとイタリアを中心に気ままな旅をする。海はどこも好きだけど、「地中海」という響きに憧れる。マイペースが好き。


,,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,九州・沖縄,沖縄県,グルメ,現地ルポ/ブログ


沖縄県のグルメ関連リンク

小浜島 小浜島
石垣島ドリンク飲み比べ 石垣島ドリンク飲み比べ
Natural Garden Cafe PUFF PUFF Natural Garden Cafe PUFF PUFF
ゲンキ 石垣さかい商店 ゲンキ君 ゲンキ 石垣さかい商店 ゲンキ君
ICONOMA ハンモック ICONOMA ハンモック
ヤシの木 ヤシの木
沖縄the sea 沖縄the sea
体験ダイビング 体験ダイビング
いながきの駄菓子屋探訪17-4 いながきの駄菓子屋探訪17-4
いながきの駄菓子屋探訪15-2 いながきの駄菓子屋探訪15-2
1 2 3 4 5 6 7 8 NEXT

#カフェ #コーヒー #スイーツ #離島