TABIZINE > ヨーロッパ > フランス > 豆知識 > 今も高くなり続けている!?~続・エッフェル塔の驚きトリビア4選~

今も高くなり続けている!?~続・エッフェル塔の驚きトリビア4選~

Posted by: 北川菜々子
掲載日: Apr 6th, 2022.

「パリと言えばこれ!」とすぐに思い浮かべるぐらい、パリ代名詞的シンボルなのが「エッフェル塔」です。とはいえ、観光名所としては知っているけど、エッフェル塔にまつわるお話を知っているという人は少ないのではないでしょうか。エッフェル塔には、ちょっぴり驚くようなトリビアがいくつもあります。今回はその中から4選紹介したいと思います。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

エッフェル塔2


エッフェル塔は高くなり続けている

エッフェル塔3
1889年のエッフェル塔建設当時、300mという世界でもっとも高い建物として、世界中の人々を驚かせました。その後、エッフェル塔はエンパイア・ステート・ビルディングなどに追い越されることになりますが、実はエッフェル塔は建設当時より高くなり続けているということはご存じでしょうか。

高くなるってどういうこと?と思う人も多いでしょう。実は、ラジオとテレビのアンテナが増設され、建設当時よりも高くなっているのです。1957年と2000年、そして2022年にアンテナが取り付けられ、現在は330mという高さになっています。

エッフェル塔はなぜエッフェルという名前なの?

エッフェル塔という名称は有名だけど、なぜ塔の前にエッフェルがついているのか疑問に思う人はいないでしょうか。実はエッフェル塔を設計したアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェルの名前が由来です。

ギュスターヴ・エッフェルはフランスで有名な技師であり建築家で、自由の女神やガラビ橋の設計も行いました。ギュスターヴ・エッフェルは1996年に発行された200フランの紙幣の肖像になったほど、フランス人から敬意を持たれている人物です。

なぜエッフェル塔は今ブルーにライトアップされている?

2022年3月現在、エッフェル塔はブルーにライトアップされていると話題になっています。なぜ、ブルーなのか? それは、1月から6カ月間、フランスがEUの議長国を務めていることを祝して、ブルーにライトアップされているのだそうです。

エッフェル塔では過去、2018年の日仏友好160周年を記念した年は、太陽、桜、富士山など日本をテーマにした特別ライトアップも行われました。このように、その時々のイベントによって、エッフェル塔は特別ライトアップが点灯しています。

エッフェル塔の所有者は誰?

世界でももっとも有名な観光名所のひとつ、エッフェル塔ですが、一体誰が所有しているのか気になりませんか? 実は、エッフェル塔はパリ市が所有しています。パリ市はエッフェル塔運営会社を通して、エッフェル塔の99%の株式を保有しているのだそうです。

世界でもっとも有名な塔にこんなトリビアがあったなんて、面白いですよね。エッフェル塔を訪れるときに印象もまた変わりそうです。

All photos by shutterstock

参考サイト

La Tour Eiffel culmine désormais à 330 mètres

Tour effel Paris

Sortirparis

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


,, | 豆知識,ヨーロッパ,フランス,豆知識


フランスの豆知識関連リンク





エッフェル塔 エッフェル塔





1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#エッフェル塔 #トリビア #パリ



豆知識 ヨーロッパ フランス 豆知識