TABIZINE > ヨーロッパ > フランス > 現地ルポ/ブログ > パリでととのってみた!アラブの銭湯「ハマム」体験記

パリでととのってみた!アラブの銭湯「ハマム」体験記

Posted by: 北川菜々子
掲載日: Apr 13th, 2022.

パリジェンヌの休日の過ごした方として、昔から定番の「アラブの銭湯ハマム」。近年、パリには多くのハマムができて、ちょっとした休日の贅沢として人気があります。フランスにはバスタブがない家も多く、ゆったりと身体を癒すことができません。筆者宅も例外にもれず……。最近疲れた身体を休めるべく、ハマムに行ってきました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


訪れたのはパリ6区のハマム


(C)Nanako Kitagawa

パリには多くのハマムがありますが、今回訪れたのはHammam Pacha。朝一番に行きましたが、すでに列を作っているフランス人の姿が。ハマムは2〜3時間は居ることは当たり前とのことで、午前中はハマムで過ごすようです。


(C)Nanako Kitagawa

中に入ると、まずは受付で支払いを済ませます。今回は初めてということで、ゴマージュ(垢すり)をつけたコースにしてみました。垢すり手袋と黒石鹸、バスタオルとハンドタオルとバスローブが渡されました。


(C)Nanako Kitagawa

ハマムに入る前にミントティーのサービスがあります。甘いミントティーは北アフリカでよく飲まれているお茶。優しい甘さが身に沁みるようです。

いざ、ハマムへ

ミントティーを飲み終わったら、ロッカー室で水着に着替えます。そしていざハマムへ。

ハマムの中は、ちょうどいい温かさと湿気があります。ここでただ過ごすだけでも気持ちよさが感じられるほど。まずは黒石鹸でゴシゴシ身体を洗います。

スチーム風呂


※イメージ図です

ハマムは日本ではアラブやトルコの銭湯と言われていますが、スチーム風呂のことを指します。スチーム風呂の中はとにかくすごい蒸気です。入った瞬間、熱い!と感じましたが、蒸気が多いおかげでしょうか、段々と快適に感じてきます。以前、サウナで倒れてしまったことがあった筆者ですが、ハマムはただただ気持ちよかったです。

ハマムの後はぬるいお風呂へ。このお風呂もまた快適で、ハマムで温まった身体が休まるよう。ついついお風呂の中で長居してしまったほどです。

こちらのハマムはスチーム風呂だけでなく、サウナもありましたよ。

垢すり体験


※イメージ図です

今回のハマムで楽しみにしていた垢すり。実は筆者は垢すりの体験は初めて。垢すりの前にまずはスチーム風呂に入るように言われます。毛穴をしっかり開いてから、垢すりをするのがベストなのだとか。

垢すりは思ったより痛い! かなり強めでゴシゴシと擦られます。皮膚が赤くなるほどで、「キツイ」と思いながらなんとか耐えました。でも垢すりの後の肌はすべすべ。こんなに肌がツヤツヤになるんだったら、痛みに耐えても、定期的に垢すりをしてみたいと思ったほどです。

お昼はハマムで


(C)Nanako Kitagawa

Hammam Pachaでは、ハマムの間にランチをいただくこともできます。水着にバスローブを羽織って、受付の横にあるレストランで食べます。ここでは北アフリカの伝統的な料理タジンを食べました。かなりボリュームがありましたが、おいしかった。それにこちらのハマムの料理はすべてオーガニック製品を使っているのだとか。身体にも優しいのがうれしいことでもありました。

結局ハマムで3時間半ほど過ごしました。ハマムに入って、お風呂に入ったり、ただ座って身体を休めながら友人とおしゃべりをしたり。身体も心もリラックスすることができたように感じます。行く前はどんなところかなとちょっとドキドキもしましたが、こんなに癒されるなら、定期的に通いたいと思います!

Photos by shutterstock and Nanako Kitagawa

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


, | フランス,現地ルポ/ブログ


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#サウナ #パリ



フランス 現地ルポ/ブログ