TABIZINE > ヨーロッパ > フランス > 現地ルポ/ブログ > 【フランス歴史遺産探索6】美しいステンドグラスに魅了される「シャルトル大聖堂」

【フランス歴史遺産探索6】美しいステンドグラスに魅了される「シャルトル大聖堂」

Posted by: 北川菜々子
掲載日: May 19th, 2022.

ヨーロッパの中でも、有数の世界遺産を誇るフランス。ユネスコに登録されているような有名な世界遺産から、地元の人の間で有名な歴史遺産まで、フランスには紡いできた歴史が至る所に詰まっています。そんな歴史のロマンを目の前にすると、胸の高鳴りを感じられるほど。歴史遺産好きの筆者が紹介する歴史遺産探索シリーズ。「シャルトル大聖堂」をご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

 


ユネスコの世界遺産にも登録されている大聖堂

パリから約1時間の街シャルトルに、「シャルトル大聖堂」はあります。シャルトル大聖堂シャルトルの街の中でも、圧倒的な存在感を放っています。まるで街の大黒柱のよう。

シャルトル大聖堂は、中世を代表するゴシック様式の最高峰と呼ばれていて、ユネスコの世界遺産にも登録されており、いつも多くの観光客で賑わっています。

シャルトル大聖堂は、ゴシック様式とロマネスク様式の建築物として有名ですが、なぜ二つの様式が混ざり合っているのでしょうか。それは、1194年に火災で焼けてしまい、26年後にゴシック様式の新塔が付け加えられたから。融合した二つの建築様式もまたシャルトル大聖堂の魅力となっています。

無数の圧倒的な彫刻


(c)Nanako Kitagawa

シャルトル大聖堂を外から見ていると、無数の彫刻に圧倒されます。完璧な美しさを目指した、職人さんたちの途方もない努力がひしひしと感じられるのです。


(c)Nanako Kitagawa

大聖堂に入ると、外とはまったく違う空気感に少し緊張を覚えます。足を進めていくと、まずは彫刻の美しさに思わず見惚れてしまいます。外にも無数の彫刻がありますが、大聖堂内部のものも素晴らしく、どれほどまでに完璧な美しさを追求したのか、敬服の念を抱くほどです。

ステンドグラス


(c)Nanako Kitagawa


(c)Nanako Kitagawa

シャルトル大聖堂の魅力のひとつは、170の窓を超えるステンドグラスです。ステンドグラスを前では、誰もが足を止めています。光が射したステンドグラスは幻想的な美しさ。この美しさに心奪われない人はいないのではないかと思うほどです。特にシャルトル大聖堂の有名な「シャルトルブルー」と呼ばれる青のステンドグラスは、特別な美しさを放っています。

シャルトル大聖堂には、完璧な美しさがあり、永遠に変わらないであろう美があるのではないだろうかという思いにさせられました。

参考文献 地球の歩き方2016〜17 フランス、ダイヤモンド社

All photos by Nanako KItagawa and shutterstock

北川菜々子

Nanako Kitagawa ライター
2007年よりフランス在住。パリ第八大学大学院を卒業。専攻は文化コミュニケーション。趣味は映画、読書、写真、雑貨、料理、街歩き、カフェ巡り。初めて訪れたその日からすっかりパリの街に魅了され、今日も旅をするようにパリの街を歩き回る。


| 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,観光


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#世界遺産