TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > 現地ルポ/ブログ > 「東京湾」で楽しむスズキ狙いの電気ウキ釣り【モバイルロッドで釣り入門】

「東京湾」で楽しむスズキ狙いの電気ウキ釣り【モバイルロッドで釣り入門】

Posted by: オオモトユウ
掲載日: May 28th, 2022.

携行性に優れた竿と糸付きのリールがセットになり、主に釣り未経験者の入門用として販売されている「コンパクトロッドセット」。持ち運びに便利なこのセットなら、全国津々浦々の水辺で釣りが楽しめる。本連載では、この道具を用いて狙える魚やその釣り方を紹介していこう。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

今回のターゲットは、夏の「東京湾」を代表する旬魚・スズキ。豪快な引きで竿を絞り込むことから、当地では専門に狙う釣り人が多い人気魚種である。河川内にも入り込むので、都市部を流れる川や運河筋で気軽に狙えるのも魅力。夕方以降に楽しむ電気ウキ釣りで、ぜひチャレンジしてみよう!


釣りに行く前に覚えておきたい「スズキの基本情報」

北海道南部から朝鮮半島まで、東アジア沿岸に広く生息する「スズキ」。季節によって外洋にも泳ぎ出るものの、一年の大半は内湾や河口部、河川内でエサを追いかけながら過ごす。

最大で1m近くまで成長するが、陸から釣れるサイズは25〜70cmが多い。水質や水温変動に対する適応力が高く、河口から20〜30km上流でも生息しているケースが見られる。また、成長に応じて呼び名が変わる「出世魚」としても知られ、40cm未満が「セイゴ」、40〜60cmが「フッコ」と呼ばれる。

大きな口で小魚や甲殻類などを襲う肉食魚で、その習性を利用したルアー釣りも盛ん。ルアーで狙う釣り人からは「シーバス」とも呼ばれ、都市部を中心に人気が高い。東京都と千葉県、神奈川県に囲まれた東京湾は流入河川が多く、港湾部も多いことからスズキの魚影が非常に濃い。特に初夏〜秋は親水護岸や運河筋でよく釣れ、夕方からの短時間の釣りでも強い引きが楽しめる。

こんな条件を狙えばバッチリ!「スズキが好むポイント&時間帯」


スズキは日中でも釣れるものの、暗い時間帯のほうが活発にエサを追う傾向にある。明るいうちに釣り場を下見し、日没頃から仕掛けを流し始めるのが理想的な釣行スケジュールだ。


狙うポイントは埋立地の岸壁や親水護岸、運河筋などがおすすめ。こういう場所は橋などの人工構造物、常夜灯、水路同士の合流点などエサとなる小魚などが集まる条件がそろっており、それを狙ってスズキが回遊する。


また、スズキは陰になった場所に身を潜めて、明るい側を泳ぐエサを捕食する傾向がある。街の明かりで水面に陰が形成されている場所は特に狙い目だ。

これをそろえればあとは釣るだけ!「必要な道具や仕掛け」


使用する竿とリールはビギナー用として人気の「コンパクトロッドセット」。道糸は3号程度のナイロンラインを巻いておけば十分である。ビギナーは透明なラインよりも、ピンクや黄色に着色されたものを選ぶと夜間も視認性が確保できて釣りやすい。


仕掛けに使う小物は、内部にリチウム電池を挿して使う電気ウキ、糸付きバリ、ヨリモドシ、浮力を調整するオモリ(ガン玉など)を用意する。糸付きバリはハリスの太さが2〜3号、ハリは「丸せいご」「チヌ」などが結ばれているものを選べば間違いない。


電気ウキは、あらかじめ道糸に通しておいたゴム管に脚部を挿して装着する。この方法では、ウキからハリまでの長さを竿よりも短く設定しなければならないものの、セッティングが簡単なのでビギナーには特におすすめだ。


電気ウキは内部にピン型のリチウム電池(別売)を挿すと、頭部がボンヤリと光る構造。光らせない状態でもウキとして使えるので、日中も使い回しが利く。


エサはアオイソメを使う。ハリに1匹掛けにすればよいが、あまりに長いようならシッポの部分を適宜切断する。

釣り方の一連と覚えておきたいこの釣りの注意点

スズキは障害物周りや流れが緩む場所に身を潜めていることが多い。流れを利用しながらそういった場所に仕掛けを届けるのがベストなアプローチと言える。

大きな口で小魚などを丸飲みするスズキだが、イソメを食うときは端からモゾモゾと食い進めるのか明確なアタリが出ないことが多い。ウキが少しだけ沈んでは浮上するのを繰り返すようなら、少しだけ仕掛けを引っ張って食い込みを促すのも手だ。

ウキが勢いよく沈んだり、竿に重みが伝わったら竿の弾力を利用しながらリールを巻いて寄せる。なるべく水面直下を泳がせて水面で跳ねさせないようにするのがコツ。水面で激しく暴れる「エラ洗い」は、ハリが外れる原因になる。

セイゴサイズならそのまま抜き上げればよいが、不安なら玉網を使って取り込むのが無難。ハリを外す際はペンチなどを使うようにし、鋭いエラブタで怪我をしないよう注意しよう。

なお、都市部の運河筋や親水護岸は通行人も多く、場所によっては釣りが禁止されている。マナーやルールを守って竿を出し、周囲の安全にも気を配って楽しむことをお願いする。

[Photos by (C)オオモトユウ]

オオモトユウ

oomotoyuu 編集者/ライター/フォトグラファー
スポーツウエアメーカー勤務、雑誌編集などを経てフリーライターに。好きなことを仕事に選び続けた結果、周囲からは「ラクをして生きている」と思われているのが悩み。四国、北海道については愛車で単独周遊済みなので、九州に照準を定めている。旅先での酒場巡りとノルウェー旅行の再開に思いを募らせる日々。


, | 現地ルポ/ブログ,東京都23区,アクティビティ,現地ルポ/ブログ


東京都23区の現地ルポ/ブログ関連リンク


外気浴 外気浴

アティックルームアイキャッチ アティックルームアイキャッチ


テラスカヌレ テラスカヌレ

ラビスタ東京ベイ ラビスタ東京ベイ
半熟カヌレ 半熟カヌレ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#東京湾 #釣り