TABIZINE > 絶景 > 君は約8,000光年離れた「砂時計星雲」を知っているか!【編集部ブログ】

君は約8,000光年離れた「砂時計星雲」を知っているか!【編集部ブログ】

Posted by: TABIZINE編集部ブログ
掲載日: Sep 1st, 2022.

TABIZINE編集部員が、取材先やプライベートで気になった小ネタをお届けする編集部ブログ。今回は、宇宙のはるか彼方に実在する異様な星雲について。その名も「砂時計星雲」。想像をはるかに超えるこの星雲が、今もまだ筆者の心の炎を燃やし続けているのです……。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

TABIZINE編集部の山口です。

先日ハウステンボス取材時に一番驚いたこと、それが「砂時計星雲」というものの存在でした。

こちら、ハウステンボスの「宇宙のファンタジア」というアトラクションです。大迫力のサウンドとともに、宇宙の光と神秘に出会う旅を体験できます。その旅の最後に登場したのが、砂時計星雲。まるで砂時計の真ん中に目があるような異様な星雲です。

>>【ハウステンボス2022夏】おすすめ涼スポットはここだ!新アトラクションから不思議な森のカフェまで

砂時計星雲
Raghvendra Sahai and John Trauger (JPL), the WFPC2 science team, and NASA/ESA

見た瞬間ハッと金縛りにあうくらいの衝撃を受けたのですが、「本当にあるはずないよな〜きっとファンタジーだ!」と思っていたら、アトラクションから出てググったところ、本当にあるではありませんか!

ハッブル宇宙望遠鏡 ( HST ) に搭載された広視野惑星カメラ 2 (WFPC2)で撮影された、約 8,000 光年離れた若い惑星状星雲 MyCn18 の画像です。

引用:The Hourglass Nebula(NASA|ESA hubble)
https://esahubble.org/images/opo9607a/

人は想像をはるかに超える奇想天外なものに出会ったとき、浪漫と可能性を感じて元気が出るのだなと痛感しました。あれからずっと、「世の中には想像もつかない面白いものがまだまだいっぱいある! もっともっと見たい!知りたい!」と心の炎がフツフツ燃えているのです。

それはきっと、まだ見ぬ地に駆り立てられる旅心にも通じるものがあると思いました。

>>【宇宙旅行の写真が撮れる!?】横浜「コニカミノルタプラネタリアYOKOHAMA」体験ルポ

>>ありえない!日本人宇宙飛行士が宇宙で驚いたこと6選〜野口聡一氏・大西卓哉氏に独占インタビュー〜

>>ひろゆき氏の旅のおすすめ3か国!そして女なら、男ならの海外事情。

TABIZINE編集部ブログ

TABIZINE Editor's Blog
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

,, | 絶景,豆知識


絶景関連リンク


夜景のイメージ 夜景のイメージ
南八ヶ岳遠望 南八ヶ岳遠望





あの岩壁は賢治の詩のお菓子か あの岩壁は賢治の詩のお菓子か

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#トリビア #ハウステンボス #宇宙



絶景 豆知識