TABIZINE > 関東 > 埼玉県 > グルメ > 【埼玉県・秩父「わらじかつ丼」人気店5選】ボリューム満点のご当地グルメ!

【埼玉県・秩父「わらじかつ丼」人気店5選】ボリューム満点のご当地グルメ!

Posted by: 大林 等
掲載日: Apr 26th, 2024.

都心からアクセス抜群の埼玉県秩父市は、自然ばかりでなく歴史的なスポットも多く、県内屈指の観光地となっています。ご当地グルメも豊富です。中でも「わらじかつ丼」は、西武鉄道のCMで吉高由里子さんが手にしたこともあり人気急上昇中。わらじサイズのかつのボリュームに圧倒されることでしょう。秩父市内のわらじかつ丼、人気の5店舗をご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

「大島屋」の「わらじかつ丼」


吉高由里子さんが手にした「大島屋」の「わらじかつ丼」

「大島屋」の「わらじかつ丼」

2024年のNHK大河ドラマ『光る君へ』で主役の紫式部を演じる人気女優の吉高由里子さんは、その10年程前には西武鉄道の秩父観光CMに登場していました。吉高由里子さんが手にしていた丼からはみだす「わらじかつ丼」は、「大島屋」の絶品メニュー。ボリューム感たっぷりですが、肉の厚みは薄めなので、見た目ほどの油っこさはないようです。あっさり味のたれがかかり、上品な味わいとなっています。サクサクとした食感は、やみつきになるかもしれません。

 


 

「大島屋」の外観

「大島屋」はユニークなロケーションです。三峯神社の三ツ鳥居の真下に店舗を構えているのです。三峯神社は、秩父神社、宝登山神社とともに秩父三社の一つに数えられています。三峯山に参拝する人々が続々と訪れているようです。

「大島屋」の店内

「わらじかつ丼」の他のメニューも豊富な上に、店内には秩父の特産品の土産物が数多く並んでいます。店の奥にはテラスが設けられ、何重にも折り重なり合う秩父の山並みが、料理の味をより一層ひきたててくれるかもしれません。

【大島屋】
住所:埼玉県秩父市三峰297-2
電話番号:0494-55-0039
営業時間:10:00~16:00(平日は15:00)
定休日:不定休
わらじかつ丼:1,100円(2024年4月)
公式サイト:https://www.ohshimaya.net/

秩父のご当地グルメ「わらじかつ丼」の元祖「安田屋」

「安田屋」の「わらじかつ丼」

秩父のご当地グルメとしてすっかり定着した「わらじかつ丼」ですが、その元祖は「安田屋」と言われています。1916年に小鹿野町で創業したときのレシピが、市内の飲食店に広まっていたようです。「安田屋」は日野田町にも出店し2店舗で営業を行っています。両店ともにメニューは 「わらじかつ丼」のみ。オーダーはかつの枚数を告げるだけ。正真正銘の専門店です。2枚のせの「わらじかつ丼」は、かつが分厚い蓋のように丼の上にのっかっています。2枚のかつには甘辛いたれがしっかりとしみ込み、重厚な味わいが絶品です。

「安田屋」の外観

西武秩父駅から徒歩約15分のアクセスの日野田(秩父)店には連日、開店の30分前には行列ができます。

「安田屋」の店内

店舗の外観や内装に飾り気は全くありませんが、厨房からはパイオニアならではのプライドが滲み出してくるようです。

【安田屋 日野田店】
住所:埼玉県秩父市日野田町1-6-9
電話番号:0494-24-3188
営業時間:11:30~17:00
定休日:月曜日

老舗のそば屋のノウハウを活かす「大むら」の「わらじかつ丼」

「大むら」の外観

秩父市のメインストリートの本町通り沿いにも、「わらじかつ丼」が評判の飲食店があります。「大むら」は1897年に創業した老舗のそば屋ですが、「わらじかつ丼」をメニューに取り入れています。

「大むら」の「わらじかつ丼」

「わらじかつ丼」にはそば屋のノウハウを活かし、たれはめんつゆにソースを合わせ、まろやかな味わいに仕上げられています。

「大むら」の店内

「秩父そば」と「わらじかつ」をセットにした「わらじ丼もりそばセット」が人気メニューとなっているようです。

【大むら】
住所:埼玉県秩父市宮側町17-3
電話番号:0494-22-4147
営業時間:11:30~14:30, 17:00~19:30
定休日:水曜日

和の情緒に浸りながら味わう「有り処」の「わらじかつ丼」

「有り処」の外観

本町通り沿いで、伝統的な古民家を利用した店構えが印象的な「有り処」も、「わらじかつ丼」の名店です。

「有り処」の「わらじかつ丼」

「有り処」の「わらじかつ丼」には、わらじサイズのかつが2枚、ご飯の上にのっかり食べ応え十分です。

「有り処」の店内

店内は、カウンター、テーブルの他に座敷席も設けられ、和の情緒が漂います。「わらじかつ丼」の他にも、秩父そばやもつ鍋など豊富なメニューを揃えています。

【有り処】
住所:埼玉県秩父市宮側町17-1
電話番号:0494-24-0222
営業時間:11:30~22:00
定休日:月曜日
わらじかつ丼:1,100円(2024年4月)
公式サイト:https://cafediningarika.owst.jp/

西武秩父駅直結のフードコートに出店する「秩父わらじかつ亭」

「秩父わらじかつ亭」のカウンター

西武秩父駅に直結する複合温泉施設の「祭の湯」のフードコートには、「秩父わらじかつ亭」が出店しています。

「秩父わらじかつ亭」の「わらじかつ丼」

「秩父わらじかつ亭」も単一メニューの専門店です。ところが、2枚のせでは物足りないと感じる人のためでしょうか。2枚のせを並として、3枚のせ大、4枚のせ特で、ボリュームアップを試みています。

複合温泉施設の「祭の湯」

「祭の湯」では食事ができるばかりでなく、温泉に浸かったり、お土産のショッピングをしたり、電車の待ち時間を有効活用することができます。

【秩父わらじかつ亭】
住所:埼玉県秩父市野坂町1-16-15
電話番号:0494-22-7111
営業時間:11:00~18:30(土休日と特定日は19:30)
定休日:不定休
公式サイト:https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/index.html

秩父市のご当地グルメ「わらじかつ丼」

埼玉県内で屈指の観光地の秩父市では、「わらじかつ丼」がご当地グルメとして定着しています。わらじサイズのかつは、ボリューム満点で食べ応え十分でしょう。

©︎Hitoshi Obayashi
 


 

大林 等

Hitoshi Obayashi ライター
2012年より数々のWebサイト、雑誌、書籍のメディアにおいてトラベルライターとして活動しております。国内では47の都道府県に全て訪問し、海外の渡航国は67カ国に達しました。この経験をもとに、日本全国、世界各国にあふれるユニークな特徴や魅力をご紹介して参ります。


, | グルメ,現地ルポ/ブログ,関東,埼玉県,ご当地グルメ,グルメ,現地ルポ/ブログ


埼玉県のグルメ関連リンク

果汁スペシャル 果汁スペシャル
菓子屋横丁 菓子屋横丁


道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」 道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」
「大島屋」の「わらじかつ丼」 「大島屋」の「わらじかつ丼」

埼玉県さいたま市・「舟和浦和工場直売店」平日限定・小芋サンデー、店舗限定・お芋のモンブランチーズケーキ 埼玉県さいたま市・「舟和浦和工場直売店」平日限定・小芋サンデー、店舗限定・お芋のモンブランチーズケーキ
六本木ヒルズ「クリスマスマーケット 2023」 六本木ヒルズ「クリスマスマーケット 2023」

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 NEXT

#ランチ #秩父