> > > 【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバッグが大活躍

,,, | アジア,台湾,現地レポート,豆知識

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバッグが大活躍

Jan 1st, 2018

台湾では2018年1月1日より、ドリンクスタンドにおいてもビニール袋の配布制限が実施され、ビニール袋の無料提供がなくなります。

レジ袋削減対策は台湾で以前から行われてきたことですが、2018年から無料提供禁止範囲がぐっと広がり、その中にドリンクスタンドが含まれているのです。

台湾観光といえばドリンクの飲み歩きがマスト

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
台湾といえばドリンクスタンドが街の至る所にあることで知られており、特にタピオカミルクティーは観光客に大人気!「50嵐」や「CoCo都可」といったチェーン店から、新しく登場した注目のドリンク店と、台湾ならではのドリンクの飲み歩きを楽しみにしておられる方は大勢いらっしゃることでしょう。

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
台湾のドリンク店では、ドリンクを購入すると一つずつビニール袋に入れて提供してくれるお店がほとんどでした。今後はこのビニール袋の無料提供がなくなります。

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
例えば、台湾で人気のドリンクスタンド「50嵐」の店頭にはこんな案内が掲示されています。簡単に翻訳するとこのような感じです。

「お客様各位:2018年1月1日から規定により買い物用のビニール袋の無料提供は行いません。袋を購入されたい場合は会計前にお申し出ください。商品用の袋は1枚1元です。」

つまり、50嵐では会計前に袋を購入したいという旨が伝わらないと、おそらく袋無しの状態でドリンクが渡されることでしょう。また50嵐では1枚1元で購入できるとしても、他のドリンクスタンドでも同じように販売されているとは限りません。

ちょっぴり不便?でも環境保護対策は大切

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
今までドリンクの入ったビニール袋をぶらさげながら観光していた方にとっては、袋が無料で提供されないのはちょっと不便かもしれません。でも環境保護対策はとても大切なこと。ぜひ協力したいところですね。

ドリンク用エコバッグがかわいくて便利

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
対策としては、小さめの手提げビニール袋を折りたたんでバッグの中に入れておくのが簡単かもしれません。これなら台湾旅行中、繰り返し使用することもできます。

台湾リピーターの方であれば、ドリンク専用のエコバッグを利用するのもおすすめですよ。ドリンクがすっぽり入るものから、ストローが差し込めるものまでドリンク用エコバッグの人気が高まっています。インスタ等で「♯飲料提袋」と検索をかけると、台湾の方が使用しているエコバッグをいくつか見つけることができるでしょう。

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
筆者は台北の永康街にあるハンドメイドの雑貨店でドリンク専用エコバッグを購入し、さっそく使用してみました。洗うことができる生地でできており、何度も繰り返し使えるとのことです。

【台湾】2018年から無料の袋提供はなし!ドリンク用エコバックが大活躍
これならかわいくエコに台湾飲み歩き観光ができそうです。今はまだドリンク用エコバッグを販売しているお店は少なく、1つ1つ手作りのものが主流であるため価格も高めですが、きっとレジ袋有料化に伴ってこれからどんどんかわいらしいデザインのものが登場するのではと期待しています。

ドリンク用エコバッグを購入したお店
Garden文創選物店
住所:台北市永康街43-1號
公式Facebook:https://www.facebook.com/Gardenhandmade/


[All Photos by Yui Imai & shutterstock.com]

Yui Imai

,,, | アジア,台湾,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!