> > > > マドリード、絶対に外せないのは「仔羊の直火焼き」

マドリード、絶対に外せないのは「仔羊の直火焼き」

Posted by: 石原亜香利
掲載日: Nov 2nd, 2013. 更新日: Jun 15th, 2017
Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

マドリードの絶対に外せないメニュー

スペインのマドリードに訪れた際には、絶対に外せないメニュー。それはコルデロ(仔羊)を使ったお料理です。飲食店でメニューに「Cordero」の文字を見つけたら、必ずチェックしておきましょう。

このコルデロのポピュラーな食べ方は、「コルデロ・アサード(Cordero Asado・仔羊の直火焼き)」。味付けは塩味のみで、ラードと共に石釜でじっくりと焼き上げられたコルデロ・アサードは、外側はカリッと、中は柔らかくジューシー。とてもシンプルですが、スペインらしい料理です。

一番人気は、乳飲み子の仔羊肉

仔羊の中でも、特に多く食べられているのが、まだお母さんの母乳しか飲んだことのない生後4~6週間の仔羊の肉です。臭みがなく柔らかいことから、とても人気があります。この乳飲み子の仔羊のことを、「Cordero Lechal(コルデロ・レチャル)」といいます。特に、カスティージャ・ラ・マンチャ(Castilla-La Mancha)地方産のものが有名です。
 

コルデロ(仔羊)の種類

これからは、コルデロが盛んに食されるクリスマスシーズンに突入します。スペインのクリスマスは11月の下旬頃から始まり、年明けの1月6日(東方三賢人の拝礼の日)まで続くので、日本よりも長い時間、クリスマスタイムを楽しめてしまうんです。コルデロは、結婚式やクリスマスなどをはじめとして、おめでたい席やパーティなどの特別な日に好んで食されているそうです。この時期にスペインを訪ねれば、コルデロに出逢えるチャンスもますます増えるでしょう。
このコルデロは、レチャル(Lechal)の他、その羊の成熟度によって、数種類に区別されています。
 

■レチャル(Lechal)
生後20日から40日までで、体重5~6kg程度の赤ちゃん仔羊。牧草などはまだ食べておらず、母乳のみで育ったものです。肉は白っぽく、脂肪が少ないのが特徴。臭みがなく柔らかいと人気です。

 

■レセンタル(Recental)
生後45日で、体重15kg以下の仔羊。母乳の他、牧草や飼料が与えられたものです。 赤色が強く、脂肪が乗っているお肉です。

 

■コルデロ・パスクアル(Cordero Pascual)
レセンタルから、さらに成長した羊です。その名のいわれは、4月頃に開催されるお祭りの「パスクア」に食されることから来ているそう。赤く、脂肪もたっぷりと乗った、味、香り共に濃厚なお肉です。

 

■カルネロ(Carnero)
生後1年以上の羊です。食感は硬めで、味、香り共に濃厚なお肉です。

 

スペインでそれぞれのコルデロを食べ比べしてみたいものです。

石原亜香利

Akari Ishihara ライター
美容・健康・ダイエット+旅・観光スポットネタで盛り上げます!誰もが思わず行きたくなる、やってみたくなる、食べてみたくなる、そんなニュースをお届けします。

, | グルメ,ヨーロッパ,スペイン,グルメ


スペインのグルメ関連リンク

シーフードパエリア シーフードパエリア
Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」 Benidormベニドルム「Bar Mal Pas(バーマルパ)」

ログローニョ リオハ バル タパス ログローニョ リオハ バル タパス
スペイン バスク ビルバオ スーパー スペイン バスク ビルバオ スーパー
ビルバオ バル ビルバオ バル
サン・セバスチャンのバル サン・セバスチャンのバル
Bodegón Alejandro Bodegón Alejandro
La Viña(ラ・ビーニャ) バスクチーズケーキ La Viña(ラ・ビーニャ) バスクチーズケーキ
ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア
1 2 3 NEXT

#おすすめ #マドリード



グルメ ヨーロッパ スペイン グルメ