TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > グルメ > 衝撃的!砂糖抜きで一年間を過ごす「砂糖抜き療法」の結果がアメリカで話題に

衝撃的!砂糖抜きで一年間を過ごす「砂糖抜き療法」の結果がアメリカで話題に

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

驚きの砂糖抜き療法の結果

普段何気なく口にしている甘くないハンバーガーやホットドックなどの食べ物にも砂糖は含まれていること、そして砂糖は肥満だけでなく病気の原因になることにも初めて気づいたのだといいます。

砂糖抜き療法を敢行したことで、シャウプさん夫妻だけでなく2人の子どもたちの体調もよくなりました。子どもたちはこれまで、1年間のうち欠席する日が20パーセントもあったそうですが砂糖抜き療法中には年間で5パーセントしか欠席する日がなかったそうです。また、家族の便秘も解消されたのだとか。

どうしても甘いものが食べたくなったら?

普段の生活に慣れてしまうと、砂糖抜き療法は辛いものに感じるかもしれません。でも、実はそれほど難しくはないようです。シャウプさん一家はバナナやデーツを砂糖代わりに使うなど、自然のものから甘さを得る工夫をしました。

デザートがどうしても食べたくなった時にはバナナソフトを作ったりもしたそうです。作り方はとても簡単で、凍らせたバナナをミキサーなどで撹拌するだけバナナがソフトクリームのようになるそうですよ。これはダイエット中に実践してみるとよいかも!

砂糖抜き生活一年、その後は?

家族の体調が劇的に変化した1年後には普段の食生活に戻りましたが、これまでのように砂糖を大量に摂取することはなくなったと言います。家族全員が甘さに敏感になったため、デザートやアイスクリームは少しの量で満足できるようになったそう。

甘いものを食べると一時的に元気が出ますが、砂糖の大量摂取は気分をよくするどころか抑揚させることもアメリカの研究により明らかになっています。精製された砂糖は体によくない、ハチミツやキビ砂糖なら体に優しいなど諸説ありますが、そもそも砂糖の摂取量をコントロールすれば体調が改善されることをシャウプさん一家は体を張って教えてくれました。

砂糖抜きの生活、どう思いますか? 体調の改善を目指すのなら、まずは1週間続けてみるのも悪くなさそうです。

[Photo by shutterstock.com]

sweetsholic

sweetsholic ライター
海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。世界で経験した文化や学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理が大好き。寄稿媒体:Pouch、ANGIEなど

ブログ
https://ameblo.jp/ma-petite-chocolatine/


,,,, | グルメ,ニュース,豆知識,トレンド,北アメリカ,アメリカ,グルメ,豆知識


アメリカのグルメ関連リンク


© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
© Kasumi Abe © Kasumi Abe
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ダイエット #デーツ #バナナ #効果 #口コミ