> > > > 【ランキング】世界で一番外国人観光客が多い国はどこ?

,, | 観光,アジア,アメリカ,フランス,ヨーロッパ,ランキング,中国

【ランキング】世界で一番外国人観光客が多い国はどこ?

ライター: 坂本正敬
更新日: Apr 12th, 2018

訪日外国人観光客の数が2015年は順調に伸びています。各界の努力により4月までで600万人近くが訪日しており、さらに数を伸ばし続ける毎日ですが、世界の観光大国と呼ばれる国々は年間でどのくらいの外国人観光客を集めているのでしょうか?

3位は中国2位は米国…世界No.1の観光大国はあの国って知ってた?

そこで今回は、国土交通省や各国の機関が出した統計情報を参考に、世界で最も人を集めている国とその主な理由を考えてみたいと思います。

第3位・・・中国(5773万人)

3位は中国2位は米国…世界No.1の観光大国はあの国って知ってた?

アジアで唯一トップ3にランクインした国が、中国です。ただ、中国に関しては少し見方が複雑で、日本政府観光局が作成した2012年の5773万人という数字には、台湾(年間731万人)だけでなく香港(2377万人)とマカオ(1358万人)が含まれていません。その数を足すと全体で1億近くの数になります。

ただ、中国国家観光局の2013年の資料を見ると、同年に訪中した外国人観光客1億2907万人のうち、“香港人”の観光客が7688万人、“マカオ人”の観光客2074万人、“台湾人”の観光客516万人までカウントしているので、本当の意味で“外国人観光客”と呼べる人の数は2629万人とされています。中国の場合は何をもって外国人観光客と呼ぶのか、その点がちょっと複雑なのですね。

ただ、2629万人という数字だけを見ても日本より3倍近く集めており、日本と違って年間で566万人(2013年)もヨーロッパからの観光客を集めています。日本の場合はヨーロッパから53万人(2012年)しか訪れていない点を見ると、現状でアジア的な雰囲気を楽しみたい旅先としてはヨーロッパの人に中国が選ばれているのですね。

第2位・・・米国(6697万人)

3位は中国2位は米国…世界No.1の観光大国はあの国って知ってた?

第2位は米国です。少し古い情報ですが2012年には年間6697万人の外国人観光客を集め、米国商務省の2014年の統計では7480万人ほどが訪れたとされています。

国境を共にしたカナダメキシコからの観光客が圧倒的に多く、2014年は4000万人近くが両国から来ています。手軽に陸路で移動できる立地条件は、日本にはないメリットですよね。

カナダ、メキシコ以外で見ると、西ヨーロッパからの外国人観光客が最も多いと分かっています。大西洋を渡れば気軽に東海岸に足を運べるので、ヨーロッパの人々にも観光地として選ばれているのですね。

ちなみに外国人観光客が多く訪れるエリア(空港)は、1位がニューヨーク、2位がマイアミ、3位がロサンゼルス、4位がホノルルです。納得のエリアばかりですね。

,, | アジア,アメリカ,フランス,ヨーロッパ,ランキング,中国,北アメリカ,観光,観光,観光,観光,豆知識,豆知識,豆知識,豆知識