> > > > 【現地ルポ】ディズニーランド・パリを攻略するための6つのポイント

【現地ルポ】ディズニーランド・パリを攻略するための6つのポイント

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

3:パリでしか楽しめないアトラクション

そしてせっかくなので、このパリでしか楽しめないアトラクションは押さえておきたいですね。まず何と言ってもイチオシは、2014年7月にオープンした「レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー」(Ratatouille: The Adventure)

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

映画「レミーのおいしいレストラン」をモチーフにしたアトラクションで、3Dグラスをかけてネズミ型ライド(レミーまたはエミール)に乗り込みます。そしてネズミと同じ大きさになってレストラン「グストー」のキッチンをかけ回る大冒険を体験! その全貌は、ディズニーランド・パリ公式アカウントが掲載している動画から疑似体験できます。

【Disneyland Paris Ratatouille On-ride Complete Tour – L’Aventure Totalement Toquée de Rémy Onride POV】

確かにこの通りなのですが、追いかけられるハラハラ感は、なかなか伝わりにくいですね。実物は、オーブンの熱さやシャンパンの飛沫なども体感でき、周囲の子どもたちが大興奮していました。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

映画「アルマゲドン」を疑似体験できる「アルマゲドン:スペシャル・エフェクト」(Armageddon: Les Effets Speciaux)も、ここにしかないアトラクション。ゲストは、映画「アルマゲドン」の撮影に出演者として参加するという設定でスタジオ入りし、宇宙ステーションが爆発するパニックシーンを体験できます。この炎や爆発の特殊効果は、一見の価値ありです!

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

パビリオンの外に展示されている掘削機アルマジロは、今にも動き出しそうな再現度でした。

それぞれのエリアのアトラクションは、公式ホームページから確認できます。
「ディズニーランド・パーク」のアトラクション一覧
「ウォルトディズニースタジオ」のアトラクション一覧

4:映画の中に迷い込めるレストラン

せっかく夢の国に遊びに行くのだから、ランチの場所にもこだわりたいところです。前述の「レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー」と併設されている「ビストロ・シェ・レミー」は、まさしく夢のレストラン!

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

屋根の上には、映画でおなじみグストー氏の看板もあります。今にも動き出しそうですね!

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

ドアをあければ、そこはもう映画の世界。けれど人気店だけあり、予約なしでランチタイムの食事は難しいかもしれません。電話での予約(英語またはフランス語)なら2か月前から受け付けてくれますが、当日の朝に直接店舗やインフォメーションセンターに行っても予約を入れられるそうです。ただし都合の良い時間に入れるかどうかは運次第となってしまいますが。前述のように直営ホテルに宿泊されているなら、ホテルのコンシェルジュが予約を代行してくれます。

[Restaurant Reservations]

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

店内は、レミーたちネズミの目線を楽しめる構造になっています。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

ソファー席の仕切りは大きなお皿。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

そして座席は、シャンパンやスパークリングワインのコルクを押さえているワイヤーの王冠がモチーフ。見ているだけでワクワクする遊び心が満載です!

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

インテリアだけではなく、食事の味も素晴らしい内容です(アラカルトはなくコースのみ)。
上の画像は、「エミール・コース」(39.99ユーロ)の内容。これに前菜としてサラダが付きました。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

こちらは、11歳までの子ども用メニュー(16.99ユーロ)。焼き鳥みたいですね! このレストランのコースには、すべてラタトゥイユが付いてくるのが特徴。映画の世界観を徹底的に追及していて感心します。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

子どものデザートには、イチゴソースでレミーの絵も描いてくれました。働いている方々もサービス精神にあふれていて、とても居心地の良いレストランです。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

コース料理を食べるほどお腹が空いていない時は、カフェやピッツェアもおすすめ。パーク内の映画「わんわん物語」をテーマとした「ピッツェリア・ベラ・ノッテ」(Pizzeria Bella Notte)では、子ども用に可愛いミッキーマウス型のピザもあります。

知っているようで知らない、ディズニーランド・パリを味わい尽くす6つのポイント
(C) Naoko Kurata

DLPの飲食店一覧

(次のページに続く)

,,, | 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,現地ルポ/ブログ,観光


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク

ジェルブレのチョコレートクッキー ジェルブレのチョコレートクッキー

ブション ブション
フォー フォー
レバノン料理 レバノン料理
フランス南西部トゥールーズ郊外の様子(2020年3月25日) フランス南西部トゥールーズ郊外の様子(2020年3月25日)

【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて 【新型コロナウイルス:速報】続報フランスの現地情報。出入国やイベントについて


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT