> > > > 日本人がヨーロッパで遭いやすい犯罪・詐欺の手口5選

日本人がヨーロッパで遭いやすい犯罪・詐欺の手口5選

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

署名詐欺・募金詐欺

 
日本がヨーロッパで遭いやすい犯罪・詐欺手口5選

特にフランスで多く報告されているのが署名詐欺や募金詐欺。心優しい観光客を狙ってチャリティーを装い署名や募金を求めてくる詐欺師です。

なかでも多いのが耳が聞こえないフリをして、子供たちが“チャリティー”のための署名を求めてくるという手口。差し出されたクリップボードの書類にサインをしている間、カバンやポケットから財布などを抜き取るスリ行為の他に、署名に応じた人に“募金”を迫るという手口も報告されています。

署名詐欺に引っかかってしまう人の多くは「署名だけなら・・・」と親切心で応じてしまいます。ペンを手に取り、よくよく内容を確認したら名前を書くだけではなく金額を書く欄に気が付き「あぁ、しまった」と思うものの、気まずさから後には引けず結局お金を支払ってしまった・・・というハメに陥ってしまうのです。

このような詐欺は、話を聞いたり立ち止まったりしてしまうと集団で囲まれてしまう恐れもあるので、まずは相手にしないこと。心優しいあなたの良心が痛むかもしれませんが、心を鬼にして無視しましょう。

ミサンガ詐欺

日本がヨーロッパで遭いやすい犯罪・詐欺手口5選

特にイタリア・ローマで多数報告されているのが「ミサンガ詐欺」。「トモダチ詐欺」とも呼ばれるこの詐欺師たちは、カモになりそうな日本人観光客を見つけては「トモダチ~」など片言の日本語や「ナガトモ~」など日本人サッカー選手の名前を叫びながら親しげに近づいてきます。

そして「トモダチ」「マイフレンド」などと言いながら、勝手に手首にミサンガを巻き付け、かた結びに。「プレゼントしてくれるのかな」などと喜ぶ旅行者に、突然「はい10ユーロ。ミサンガ代だよ」などと、お金を要求する卑劣な手口です。断りベタな日本人はカモにされることが多いそうなので、要注意です!

被害に遭わないためには、慣れ慣れしく近寄ってくる人には一切関わらない、愛想笑いなどをせずに断固無視することが大切です。

,,,, | 豆知識,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,フランス,イタリア,スペイン,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,豆知識,豆知識,豆知識


フランスの現地ルポ/ブログ関連リンク


シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」 シャモニー「エギュイーユ・デュ・ミディ(Aiguille du Midi)」

Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース) Restaurant – Dior des Lices(レストラン・ディオール・デ・リース)



美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ 美しいガロンヌ川を眺めながら食べるアイスは格別のおいしさ
アンティーブAntibes アンティーブAntibes
テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋 テイクアウトや配達の需要も高い、フランスのSUSHI屋
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ぼったくり #スリ #治安 #犯罪 #詐欺