> > > 【暮らしやすい都道府県ランキング】4700人が選んだ1位はどこ?

【暮らしやすい都道府県ランキング】4700人が選んだ1位はどこ?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

移住したい町、住みたい田舎ランキングは?

3位は静岡県!【暮らしやすい都道府県ランキング】4700人が選んだ1位は

とはいえ、上述の調査はあくまでも回答者による印象の話。もっと客観的なデータに基づいて、移住したい場所・住みたい田舎を順位付けすると、どこが上位に入ってくるのでしょうか?

ヒントとして、宝島社の「2017年版 住みたい田舎ベストランキング」が参考になるかもしれません。『田舎暮らしの本』(宝島社)に掲載されたランキングですね。

移住者の定住促進に積極的な市町村を対象に10ジャンル82項目のアンケート調査を行い、実際に移住した人の数も点数化して順位を付けています。

その総合部門でTOP5にランクインした自治体は、以下の通りになりました。

第1位・・・鳥取県鳥取市(78.12点)
第2位・・・大分県豊後高田市(77.12点)
第3位・・・富山県南砺市(76.28点)
第4位・・・静岡県静岡市(75.44点)
第5位・・・大分県宇佐市(75.16点)

鳥取市や静岡市はメジャーですが、豊後高田市や南砺市、宇佐市は知らないという人が多いのでは?

大分県の豊後高田市と宇佐市は大分県の北部、国東(くにさき)半島の根元にある自治体ですね。周防灘を望む美しい町。

南砺市は世界遺産の五箇山合掌造りや各種の伝統工芸が有名な場所で、自然も豊かなとても美しい場所になります。

南砺市などは筆者も興味があり過去に移住の仕組みを実際に調べた経験がありますが、市外からの移住者に対して、金銭的な援助も含めてかなりの受け入れ体制が整っています。

とはいえ、やはり注目は4位の静岡市。先に紹介したソニー生命保険のランキングと重ねて考えると、静岡県静岡市は住民も住みやすいと太鼓判を押す上に、自治体も受け入れ態勢を熱心に整えていると分かります。

身の回りの静岡県民に意見を聞くと、「常に天気も良くて温かくて、食べ物もおいしく、適度に発展している」と、その魅力を胸を張って教えてくれました。

地元民がそれほど自慢する場所なのですから、やはり移住先としては有力な選択肢になりそうですね。

 

以上、住みやすい町、移住したい田舎を紹介しましたが、いかがでしたか? 将来移住をしたい、田舎暮らしをしたいという人は、ぜひとも参考にしてみてくださいね。

3位は静岡県!【暮らしやすい都道府県ランキング】4700人が選んだ1位は

[47都道府県別 生活意識調査2016 – ソニー生命保険]
[2017年版 住みたい田舎ベストランキング – 宝島社]
[All Photos by shutterstock.com]

坂本正敬

Masayoshi Sakamoto 翻訳家/ライター
1979年東京生まれ、埼玉育ち、富山県在住。成城大学文芸学部芸術学科卒。大手出版社のコラムや雑誌記事、日本政府観光局の米国向けサイトなどの執筆を手掛ける。All Aboutの黒部・立山、富山の観光ガイド。通訳案内士の勉強中。


,,,,,,, | ランキング,関東,中部,中国,四国,九州・沖縄,千葉県,富山県,静岡県,鳥取県,香川県,福岡県,大分県


関東の千葉県関連リンク


亀山湖 亀山湖





ホテルニューオータニ幕張SATSUKIデリシャスビュッフェ~和栗とシャインマスカット~ ホテルニューオータニ幕張SATSUKIデリシャスビュッフェ~和栗とシャインマスカット~


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT