> > > > 在住者が教える、フランスのボルドー2泊3日旅行の【リアルなお金の話】

在住者が教える、フランスのボルドー2泊3日旅行の【リアルなお金の話】

ライター: sweetsholic
掲載日: Jun 24th, 2017.

旅にまつわるさまざまな費用や価格料金をとりあげるTABIZINE【リアルなお金の話】特集。今回は、フランス南西部で暮らしている筆者が、ボルドー市内に滞在したときにかかった費用をお伝えします。

「プチ・パリ」の異名をとる、美しい街並みが魅力のボルドー。世界的なワイン産地として名高いフランス南西部の中心都市で、ユネスコの世界遺産に登録されています。

(C)sweetsholic

ボルドーの見どころや美食については、【世界遺産】まるで小さなパリ!「月の港ボルドー」現地ルポでもお伝えしていますので、合わせてお楽しみください。


2泊3日の滞在でかかったのは、いくら? 


今年5月に訪れたときの内訳です。繁忙期前および平日の宿泊ということで、費用をかなり安く済ませることができました。※1ユーロ=124円で計算

ホテル代・・・14,000円(※最大2名までこの値段で宿泊可能)
キッチン付きの滞在型ホテルに宿泊。通常のホテルとそれほど変わらない設備ではあるものの、宿泊料が安く済む滞在型ホテル。フランスに限らず、ヨーロッパを旅するときにはをよく利用しています。ボルドー旅行でよく利用しているのは、市内までトラムで約15分の場所にある「Ténéo Apparthotel Talence」。

食事代・・・約10, 630円
(C)sweetsholic

朝食3食分は滞在型ホテルの隣のベーカリーで、焼きたてのパン・オ・ショコラとボルドー銘菓カヌレをテイクアウト(約930円)、昼食2食分と夕食1食分は外食(※庶民的なレストランでの食事&ワインも合わせて)で約8,700円、夕食1食分はホテルで自炊して約1,200円(ワイン代込み!)。

交通費・・・約1,575円
市内をまわるバス、トラム、船の回数券(10回分)を1枚購入。

観光にかかった費用・・・約17,370円
(C)sweetsholic

ワイナリー&世界遺産クルーズ(約16,130円/ランチとワイン代込み)、ワインの総合文化施設「シテ・デュ・ヴァン」入場料(約2500円/日本語の音声ガイド&ワインテイスティング付き)、市内の広々とした公園を散策(無料)。

お土産代・・・約3,470円
(C)sweetsholic

食べやすいサイズのミニカヌレを購入(約990円)。マルシェでもベーカリーでも、ボルドーなら至るところで見かけるカヌレですが、お店によって味と食感が多少異なります。「Canelés Baillardran」のものは、誰にでも喜ばれるおいしさ! ワイン専門店で店主おすすめのワインを3本購入(約2480円)。1本1000円程度でも、質の高いボルドーワインはたくさんあります。

雑費・・・3,000円ぐらい
マルシェでのお買い物に、ガロンヌ川沿いのアウトレットモール「Quai Des Marques」でのお茶やアペリティフなど。

「シテ・デュ・ヴァン」のワインテイスティングスペース

近年は都市開発も進んでおり、昨年6月にはワインの総合文化施設「シテ・デュ・ヴァン」がオープン。マルチメディアを駆使した展示は近未来的で楽しく、ワイン好きなら長居してしまうはず。さらに今年の7月2日には、パリ〜ボルドー間を2時間で結ぶTGV新路線の開通を予定しています。
※TGVでのパリ〜ボルドー間の往復は、90〜196ユーロ程度(約1万1,160〜2万4,300円)

次は今回の旅の総費用をご紹介。

,,, | フランス,ヨーロッパ,リアルなお金の話,旅のハウツー,特集,現地レポート/ブログ,現地レポート/ブログ


フランスの現地レポート/ブログ関連リンク

221899-02 221899-02
220660-01 220660-01
うがい うがい
218527-01 218527-01
ブルーチーズとイチジク ブルーチーズとイチジク
219868-03 219868-03
ワイン 乾杯 ワイン 乾杯
ジャポニスム2018 東京文化タンデム2018 FUROSHIKI PARIS パビリオン2 ジャポニスム2018 東京文化タンデム2018 FUROSHIKI PARIS パビリオン2
214177-04 214177-04
ありえない!日本人がフランスに帰国して感じたカルチャーショック ありえない!日本人がフランスに帰国して感じたカルチャーショック
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#TGV #ボルドー #ユネスコ #費用