TABIZINE > ヨーロッパ > オランダ > 現地ルポ/ブログ > どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズ現地ルポ/オランダ

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズ現地ルポ/オランダ

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

アムステルダムの観光名所をまわります!

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

当日はあいにくの曇り空で少し寒かったのですが、船から眺めるキュートな家並みにテンションが上がります!

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

ミートボールをカリッと揚げたオランダの定番おつまみ「ビターバレン」など揚げ物の盛り合わせとサンドイッチ、オランダのビール「ハイネケン」で乾杯。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

ハウスボートが見えてきました。ハウスボートというのは、住宅として使われている船のこと。なかには「プリンセンボート」のように、宿泊施設として開放されているものも!

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

シンゲル運河に入り、ドーム型の建物が視界に飛び込んできました。こちらは、かつてのルター派教会です。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

あれ、ここは丸の内だっけ? 東京駅を思わせるアムステルダム中央駅。現在は一部改装中です。

どこを切り取っても絵になるアムステルダム、運河クルーズを現地レポ/オランダ
(C)sweetsholic

後日改めて、写真撮影。この中央駅からは、パリやベルリンなどヨーロッパ各地の都市へと繋がる列車も運行。何度眺めても飽きることのない、素敵な駅です。

| 観光,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,オランダ,現地ルポ/ブログ,観光


オランダの現地ルポ/ブログ関連リンク










まさにアートギャラリーのような趣の館内 まさにアートギャラリーのような趣の館内
1 2 3 4 5 6 NEXT

#アムステルダム