> > > > さてここはどこでしょう?「イケてない場所で最高の画像を撮る」腕前がすごい!

,, | 豆知識,アメリカ,北アメリカ

さてここはどこでしょう?「イケてない場所で最高の画像を撮る」腕前がすごい!

ライター: 倉田直子
掲載日: Dec 1st, 2017.

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

世界中に、「インスタ映えする」ことで有名なスポットってありますよね。旅に出たらそういった場所で最高の一枚を撮影するのも旅の醍醐味ですが、素敵な写真は特別な場所に行かないと撮れないモノなのでしょうか。日常生活で立ち寄る場所で、インスタ映えする画像を撮影出来たら最高じゃありませんか? そんな素敵なチャレンジをした女性たちがいるのでご紹介します。


プロの技術でホームセンターが最高のスタジオに

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

アメリカ在住のカメラマン、ジェナ・マーティンさん(Jenna Martin)と友人でモデルのレイチェル・カスリーンさん(Rachelle Kathleen)は、アメリカのホームセンター「LOWE’S」で撮影を行いました。特別な照明は持参せず、普通の状態でどれだけ素敵な画像が撮影できるかチャレンジしてみたのです。まず最初に選んだのが、ペンキの色見本コーナー。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

カラフルな色見本のみをトリミングした構図と、レイチェルさんのポージングが「ホームセンター感」を完全に消し去りました! でもやはり、暗さはどうしようもありませんね。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

けれど明るさを編集したら、あっという間に最高の1枚ができあがりました! 雑誌のグラビアのようですね。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

次に二人が移動したのは、ランプなどの照明売り場。明るいですが、雑然とした雰囲気は、とてもインスタ向きには見えません。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

けれど、ここでも2人のプロの手にかかればこの通り。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

さらに編集で、画面下にある商品棚の色を飛ばせば、そこはまるでパーティ会場。「シャンデリアの下で撮影した」と言われても信じてしまいそうです。

そして2人の挑戦は、さらに難しいエリアに突入します。

「インスタ映え画像」にはマナーも大事

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

次の撮影スポットは、大型ショッピングセンターによくある、大型の商品棚。見ているだけで、あの独特の臭いがただよってきそうじゃありませんか?

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

そんな場所でも、こんなに素敵な画像が仕上がるんです。プロってすごいですね!

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

ちなみに、筆者のお気に入りの一枚は、このガーデニング・コーナーで撮影された画像。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

フレーミングの効果で、まるで森の中にいるように見えます。レイチェルさんの物憂げなポーズも素敵ですね。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい! (c) Jenna Martin

ちなみにジェナさんとレイチェルさんは、撮影の前にしっかりお店のスタッフに撮影の許可をもらったそうです。混雑していない時間を狙っていき、他の顧客がいる時はシャッターを押さない。そして商品の陳列を変えないことも心がけたそう。撮影技術も見習いたいですが、彼らのそういうマナーも見習いたいです。

【インスタ映え】「イケてない場所で最高の画像を撮る」プロジェクトがすごい!
(c) instagram/Jenna Martin

そしてジェナさんは、この「イケてない場所で撮られた最高の画像」を募集しています。 インスタグラム上で「 #jennamartinchallenge 」のタグのついた画像の中から、ジェナさん自身がお気に入りを選びインスタグラム・ストーリーで紹介してくれるそう。こちらのほうも、どんな一枚が投稿されるのか楽しみですね!

[Instagram/Jenna Martin]
[Instagram/Rachelle Kathleen]
[Jenna Martin PhotoBlog]
[Jenna Martin Photography]

倉田直子

Naoko Kurata ライター
オランダ在住ライター。元バックパッカーの旅行愛好家。2004年に映画ライターとしてデビュー。2008年、北アフリカのリビアへ移住後に海外在住ライターとして活動スタート。2011年から4年間のUKスコットランド生活を経て、2015年夏にオランダへ再移住。著書「日本人家族が体験した、オランダの小学校での2年間」
https://www.amazon.co.jp/dp/B0758JCDTM/


,, | アメリカ,北アメリカ,豆知識,豆知識


アメリカの豆知識関連リンク

内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見 内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見
【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装 【夏のニューヨークで何を着ればいい?】6~8月の天気・ 気温、現地の服装
【たこ焼きそっくりさん】世界中で愛される、丸くて小さい粉ものフード 【たこ焼きそっくりさん】世界中で愛される、丸くて小さい粉ものフード
【LA発】インスタ映えスイーツ界のニューフェイス「Shag Cake」って何? 【LA発】インスタ映えスイーツ界のニューフェイス「Shag Cake」って何?
日本では簡単に手に入る、ニューヨークで恋しくなったもの10選 日本では簡単に手に入る、ニューヨークで恋しくなったもの10選
未来特集 始める前から諦めてない?大人にこそ必要な自分の欲求に素直になるという事 未来特集 始める前から諦めてない?大人にこそ必要な自分の欲求に素直になるという事
パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」 パパが息子のために描き続ける「ランチBagアート」
【NYで時代を作ったアーティスト】ブラックピカソと呼ばれたバスキア 【NYで時代を作ったアーティスト】ブラックピカソと呼ばれたバスキア
14歳のアメリカ人少年が、日本でラーメン食べ歩き&修行ツアー! 14歳のアメリカ人少年が、日本でラーメン食べ歩き&修行ツアー!
旅行者も知っておきたい。ニューヨークのレストランのレベルは、入り口で分かる! 旅行者も知っておきたい。ニューヨークのレストランのレベルは、入り口で分かる!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT