> > > > ありえない!日本人が帰国子女とのデートで驚いたこと〜外国の香りがする〜

ありえない!日本人が帰国子女とのデートで驚いたこと〜外国の香りがする〜

Posted by: イヴォンヌ麗
掲載日: Aug 10th, 2018.

TABIZINEで好評だった、国別に外国人男性の特徴をご紹介する「ダーリンは外国人シリーズ」。今回は「国際恋愛デートシリーズ」として、少し深く掘り下げてデート中の出来事に特化。この記事は番外編。帰国子女ダーリンとのデート中に驚いたことをお伝えします。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
国別に外国人男性の特徴をご紹介する「ダーリンは外国人シリーズ」。アラブにイスラエル、イギリスにフランス、中国にフィリピンなど、さまざまな外国人ダーリンの特徴をお伝えしました。

「国際恋愛デートシリーズ」では、これを少し深く掘り下げてデート中の出来事に注目。帰国子女ダーリンとのデート中に驚いたことをお伝えしたいと思います。


外国の香りがする帰国子女

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
多感な学齢期を海外で過ごした帰国子女。海外の文化や価値観に影響を受けて育った彼らには、外国の雰囲気が漂います。そんな帰国子女が大人になると・・・? 海外生活の期間にもよりますが、筆者の知り合った帰国子女ダーリン(1人はカナダ、もう1人はスウェーデン)はどちらかというと外国人寄りでした。

スキンシップが多い

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
生粋の日本人ダーリンとの一番の違いは、スキンシップが多いこと! 付き合っていないうちから、パーソナルスペースに入り込んできたり、肩に手を回してきたり。こちらも気になっている場合は「自分のことが好きなのかな?」と舞い上がってしまいそうですが、相手にとってはごくフツーのしぐさという可能性も。

とっても積極的!

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
肉食系という表現がしっくりくる帰国子女ダーリン。好きになった女性にはとても積極的にアプローチするので、比較的分かりやすいと思います。頻繁に連絡をくれる、食事に誘ってくる、パーソナルスペースに入り込んでくるのは、あなたのことが気になっている証拠!

ただ、あなた以外の女性にもこのような態度をとっている可能性もあります。欧米人のデート期間は見極め期間でもある・・・(※過去記事「外国人と付き合ってみる!?ちょっと曖昧な欧米人の恋愛スタイル」をご参照ください)というのをお忘れなく。



相手を褒める

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
会うたびに「キレイ」「かわいい」と言ってくれたり、身につけているアクセサリーや服の変化に気づいてくれたり。単純なことだけれど、こういう小さな変化に気づいてくれるのが、女性はうれしいんですよね。手料理を振る舞ったときの「○○ちゃん、めちゃくちゃうまいよ! 君は最高のガールフレンドだ」といった、ストレートな褒め言葉も一般的な日本人男性とは少し違うような気もします。

ありえない!日本人が帰国子女とのデート中に驚いたこと
ひとくちに帰国子女と言っても、生活していた国や環境によって、ダーリンの価値観や女性への接し方もさまざま。みなさんの周囲に気になる帰国子女がいたら、その人が育った国の文化や恋愛観を学んでみましょう。話題作りにもなるはず!


[All Photos by shutterstock.com]


イヴォンヌ麗

Rei Yvonne ライター
子どもの頃からインターナショナルな環境で育ったこともあり、これまでにご縁のあった殿方の出身国は、イタリア、イスラエル、アラブ首長国連邦、中国、フィリピン、ドイツ、アメリカ、北インド、マレーシア、フランス、イギリスなどバラエティー豊富。ユニークな視点でみなさんの国際恋愛のお力添えができればと思っています。


, | 東京都23区,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ,豆知識,豆知識,関東


東京都23区の現地ルポ/ブログ関連リンク

P1030783 P1030783
20190222_125055 20190222_125055
240540-10 240540-10
19-02-12-06-26-53-784_deco 19-02-12-06-26-53-784_deco
無印良品 刺繍工房 無印良品 刺繍工房
238356-15 238356-15
1 1
KUSMI TEA(クスミティー)パッケージ KUSMI TEA(クスミティー)パッケージ
PAULのタルト・シュクレ PAULのタルト・シュクレ
237933-02 237933-02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#トリビア #文化ギャップ