> > > > 【台中】鼎泰豊にも負けない?台湾最古の上海料理店「沁園春(チンユェンチュン)」の小籠包

【台中】鼎泰豊にも負けない?台湾最古の上海料理店「沁園春(チンユェンチュン)」の小籠包

Posted by: 春奈
掲載日: Jan 14th, 2019.

台湾中部の中心都市・台中で小籠包を食べるなら、「沁園春(チンユェンチュン)」へ。台湾最古の上海料理店で、自慢の小籠包は大ぶりでジューシー。家庭的で親しみやすいおいしさの小籠包は、あの名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」にだって負けていないと思えるほどです。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

沁園春5
台湾中部の中心都市・台中で小籠包を食べるなら、「沁園春(チンユェンチュン)」へ。1949年創業の台湾最古の上海料理店で、自慢の小籠包は大ぶりでジューシー。家庭的で親しみやすいおいしさの小籠包は、あの名店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」にだって負けていないと思えるほどです。


台湾最古の上海料理店「沁園春」


沁園春1
台湾グルメといえば、みんな大好き小籠包。鼎泰豊をはじめ、台北に拠点を置くお店ばかりが注目されがちですが、もちろん地方にも「名店」と呼ばれるお店があります。

そのひとつが、台中に店舗を構える「沁園春(チンユェンチュン)」。1949年創業の台湾最古の上海料理店で、第6期・第7期の中華民国総統を務めた、蒋経国にも愛されたお店。「台中で小籠包といえばここ」と真っ先に名前の挙がる有名店です。

沁園春2
沁園春3
アクセスは台鉄台中駅から徒歩5分程度と、便利な立地。店頭では、職人たちが点心を手づくりしている光景が見られます。

沁園春4
歴史のある店だけに、店内はレトロな雰囲気。三世代で利用する地元客も多く、鼎泰豊に比べると、地域に密着している印象です。

ジューシーな大ぶり小籠包


沁園春5
沁園春にやってきたら、まず試してみるべきが、スタンダードな小籠包。せいろに載ったアツアツの大ぶりな小籠包が、食欲をそそります。

沁園春6
モチモチの皮を噛むと、中からたっぷりの肉汁が口のなかにあふれます。うまみがぎっしりと詰まったスープは、なんとも濃厚な味わい。

肉の風味を抑えて上品に仕上げた小籠包もあるなか、この小籠包は、肉のうまみを前面に出しているという印象。あんの量も多く、しっかりと味がついているので、満足感も格別です。

鼎泰豊のように洗練されているわけではありませんが、沁園春の小籠包は家庭的で親しみやすいおいしさ。人によって好みはあるでしょうが、鼎泰豊にも負けていないのではないでしょうか。

何度も通いたくなる豊富なメニュー


沁園春7
沁園春では、小籠包以外にも驚くほどたくさんのメニューがあります。エビ餃子、スペアリブ、麻婆豆腐、ホイコーロー、チャーハン、サンラータンなど、小籠包以外のメニューもどれをとってもはずれのないおいしさ。

沁園春8
料理メニューはすべて写真つきと、旅行者にも嬉しい配慮がされています。メニューを眺めていると、一度では頼みきれないほどあれもこれも食べたくなり、何度も足を運びたくなってしまうはず。このメニューの豊富さも、沁園春が地元で長く愛され続ける理由のひとつなのでしょう。

沁園春9
料理もサービスも、家庭的で普段づかいしたくなる雰囲気の沁園春。「名店」といえど、肩ひじ張らずにふらっと入れる親しみやすさが魅力なのです。

沁園春(チンユェンチュン)
住所:台中市中區臺灣大道一段129號
https://www.facebook.com/chin.yueh.chun/


[All photos by Haruna]
Do not use images without permission

春奈

Haruna ライター
和歌山出身。東京での会社員時代に、旅先でドイツ人夫と出会う。5か月間のアジア横断旅行の後ドイツに移住し、ライターに転身。約2年半のドイツ生活を経て、現在は日本在住。「歴史地区」や「旧市街」と名の付く場所に目がなく、古い町を歩き尽くすのが大好き。世界のリアルな「ワクワク」を多くの人に伝えたい。


, | アジア,グルメ,グルメ/夜市,台湾,現地ルポ/ブログ,現地ルポ/ブログ


台湾のグルメ/夜市関連リンク

259860-05 259860-05
259262-06 259262-06
クッキー生地 クッキー生地
インスタ映えなお土産 インスタ映えなお土産
九份食べ歩き2 九份食べ歩き2
牛肉燥飯 牛肉燥飯
包子がたくさん 包子がたくさん
岩は意外と大きい 岩は意外と大きい
夏樹甜品の杏仁カキ氷 夏樹甜品の杏仁カキ氷
台南_雞蛋糕02 台南_雞蛋糕02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#台中 #小籠包