> > > > こんな大きな餃子見たことない!圧倒的なサイズ感を誇るジョージアの餃子「ヒンカリ 」【ジョージア】

こんな大きな餃子見たことない!圧倒的なサイズ感を誇るジョージアの餃子「ヒンカリ 」【ジョージア】

Posted by: Nao
掲載日: Jan 18th, 2020. 更新日: Jan 21st, 2020

中国はもちろん、ユーラシア大陸全体で食べられている餃子。国や地域それぞれに個性が光る餃子ですが、ジョージアのそれは驚くべき大きさとビジュアルを誇り、圧倒的なインパクトを放っているんですよ。今回はそんなジョージア版餃子「ヒンカリ」をご紹介!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


(C)Nao


そもそもジョージアってどこ?


(C)Shutterstock.com

ざっくり言うとジョージアはロシアとトルコの間に位置。国土面積は日本の5分の1ほどの、旧ソ連の小国です。かねてよりジョージア政府が、ロシア語に由来する「グルジア」から「ジョージア」へ切り替えるように各国に要請しており、日本でも2015年から呼び名が変更されました。
日本からの直行便はありませんが、雄大な自然や情緒あふれる街並み、独特の食文化など旅の魅力が満載。おまけに物価が安いということもあいまって、近年バックパッカーを中心に人気を集めるエリアです。

ヒンカリってどんな餃子?


(C)Gerain0812 / Shutterstock.com

ヒンカリ(Khinkali)とは小麦粉で作った皮に豚や牛のひき肉に玉ねぎ、スパイスなどを包んだもの。小籠包のような形状で、茹でて食べるのが一般的。こぶし大ほどの大きさで、他国の餃子よりも圧倒的なサイズ感を誇ります。古くから愛されるジョージアの国民食の一つ。

首都トビリシで絶品ヒンカリが食せるお店はここ!

ヒンカリはレストランやカフェなどの至る場所で食すことができますが、せっかく味わうならハズしたくないところ。今回は、地元民がおすすめするトビリシの名店2軒をご紹介しましょう!

Racha


(C)Nao
トビリシの観光名所、自由広場のほど近くに佇む「Racha」。淡いオレンジ色のレンガが目印。気取らずに楽しめる街の食堂です。


(C)Nao
外観よりもやや重厚な雰囲気漂う店内。お昼時は満席になるほどの人気ぶりなのだそう。メニューはジョージア語、ロシア語、英語の3種類。


(C)Nao

ヒンカリは1個0.8GEL(約30円)と激安。5個からオーダー可能です。餃子の概念が覆るほどの大きさ!隣のグラスと比較してもそのボリューム感がわかります。


(C)Nao
中身は豚肉のミンチや玉ねぎ。スパイスやパクチーの香りが効いていて、エスニックな味わい。普通の餃子より皮が2倍くらい厚く、もっちりと力強い食感です。

撮影のためにナイフでカットしましたが、本来は頭の部分を手で持って食し、さらにてっぺんを残すことがジョージア流なのだそう。試しに全部食べてみたのですが、上部は茹で上がっていないことが判明。勿体無いですがこれは確かに残さざるを得ません…。

Rachaではヒンカリはもちろん、ジョージアの郷土料理を豊富に用意。ジョージア風スープが約190円、鶏肉とニンニクの煮込みが約300円ととにかくリーズナブル。それでいてお味も期待を裏切らないクオリティ。気軽にご当地メニューを楽しみたい時にオススメしたい名店です!

Racha
住所:4 Mikheil Lermontovi St,Tbilisi,Georgia
電話番号:+995 577460532
営業時間:10:00〜23:00
定休日:なし

House of Khinkali


(C)Nao

2軒目はトビリシのメインストリート、ルスタヴェリ大通り近くにある「House of Khinkali」。地元民に親しまれるローカル感溢れるお店です。大きな空間の隅にテーブルが配されているというなんとも不思議なレイアウトが特徴。ちなみに近くに「Khinkali House」という紛らわしい店名のレストランがあるので訪れる際は注意してくださいね。


(C)Nao

ポークのヒンカリ(1個0.75GEL、約29円)とマッシュルームのヒンカリ(1個0.6GEL、約23円)。


(C)Nao

ジョージア流にてっぺんを持っていただいてみましょう。女性にしては手が大きな筆者ですが、それでもヒンカリの圧倒的なサイズ感が一目瞭然です。


(C)Nao

ポークのヒンカリは豚肉の濃厚なコクと肉汁がギュギュッと凝縮。玉ねぎの甘味やスパイスの辛味、パクチーの香りが三位一体に!見た目は水餃子ながらも全く異なるエスニックな味わい。


(C)Nao

ひときわ感動したのがマッシュルームのヒンカリ。炒められたマッシュルームは旨味が際立ち、まろやかさと甘味が秀逸。お肉が入っていないのが信じられないほどのジューシー感。ぜひ試していただきたい逸品です。

House of Khinkali
住所:Bartavashvili Street | Opposite bus stop, Tbilisi, Georgia
電話番号:+995 593142253
営業時間:11:00〜23:00
定休日:なし

圧倒的なサイズ感やユニークな見た目はもちろん、味わいも感動の「ヒンカリ」。餃子マニアならわざわざジョージアに行く価値大の魅惑のグルメであること間違いなしです。

Nao

Nao ライター
メーカー、ITベンチャー勤務を経てフリーランスに。
学生時代から旅を続け、渡航国は現在50カ国。
国境越え、絶景、グルメ、歴史を堪能する旅が好物。時間があれば「どこに行こうか」「何を食べようか」を考えている。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート。



,,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,ヨーロッパその他,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


ヨーロッパその他のグルメ関連リンク




チョコレートクロワッサン チョコレートクロワッサン
イムディーナの夜 イムディーナの夜
欧州5か国で寿司を食べた日本人が驚いたこと8選 欧州5か国で寿司を食べた日本人が驚いたこと8選
忘年会シーズンが来る前に知っておきたい、世界の乾杯事情 忘年会シーズンが来る前に知っておきたい、世界の乾杯事情
カラフルで美しい!モナコにある海の家カフェ カラフルで美しい!モナコにある海の家カフェ
美味しい朝ごはんで朝活!早朝からオープンしている都内カフェ4選 美味しい朝ごはんで朝活!早朝からオープンしている都内カフェ4選
古代のワインを東京でも!8000年前の味を守り続ける「グルジアワイン」 古代のワインを東京でも!8000年前の味を守り続ける「グルジアワイン」
1 2 NEXT

#グルメ旅 #旅 #海外グルメ #海外旅行