> > > > ウィーンを訪れたらぜひ味わいたい!オススメ料理3選【オーストリア】

ウィーンを訪れたらぜひ味わいたい!オススメ料理3選【オーストリア】

Posted by: 鈴木幸子
掲載日: Feb 8th, 2020.

ハプスブルク帝国の都として栄えたウィーンには、領土内のいろいろな国の料理が伝わって、ウィーンの味として定着した料理があります。今回は、代表的なウィーン風カツレツ「ヴィーナー・シュニッツェル」、牛肉と野菜のコンソメ煮込み「ターフェルシュピッツ」、中欧の代表スープ「グラーシュ」を堪能できるレストランを3つ、ご紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント


【1】ウィーン風カツレツ「ヴィーナー・シュニッツェル」/グラシス・バイスル


美術館の複合施設MQの裏(南側)に隣接する「グラシス・バイスル」は、ウィーンっ子たちに人気を誇る、とっておきのお店。ウィーンでは昔ながらの居酒屋風のお店を「バイスルBeisl」といいます。


こちらでは、ウィーンの代表料理「ヴィーナー・シュニッツェル」を! 仔牛肉を丁寧にたたいて薄くやわらかくした後、衣に包んでカラッと揚げた、いわゆるカツレツ。ポークのこともあります。


アツアツのシュニッツェルにレモンをギュッと絞っていただきましょう! ビネガーや塩で和えた「ジャガイモサラダ」が副菜として添えられます。


グラシス・バイスルは中庭のあるいかにもウィーンらしい雰囲気です。夜になると、キラキラと輝くインスタ映えスポットがありますので、要チェックです。

グラシス・バイスル Glacis Beisl
住所:Museumsquartier, Zugang Breite Gasse 4, 1070 Vienna
電話: +43(0)1 5265660
営業時間:11:00~深夜2:00(ランチセットは12:00~15:00) 無休
HP:https://www.glacisbeisl.at/info/

【2】牛肉と野菜のコンソメ煮込み「ターフェルシュピッツ」/プラフッタ


格調高いウィーンの代表料理「ターフェルシュピッツ」。スパイス入りブイヨンでじっくり煮込んだやわらかい牛肉(ランプ肉)のスライスを、特製ソースやディップにつけていただきます。まずは鍋ごと出てきて、給仕が一人一人の客に、丁寧に盛ってくれます。


スタートはスープ「フリッターテンズッペ」。フリッターテン(クレープの千切り)を入れたカップに、給仕がスープを注いでくれます。牛や野菜を3時間以上煮込んだしっかりとダシの出たコンソメスープとやや甘いフリッターテンの相性が抜群!


これを飲み終わらないと、次のお料理をサーブしてくれません。一気にいただいてしまいましょう。写真はお皿の上に描かれた牛肉の部位の名前です(こちらは本店で撮影)。


続いて、給仕がお皿にメインディッシュの牛肉と野菜、副菜のポテトなどを盛ってくれます。これらの鍋の具につけていただくディップが4種類あります。


リンゴと西洋わさびをすりおろしたアプフェルクレンソース、玉子とマヨネーズ、長ネギを混ぜたマヨネーズソース、ホウレン草のディップ、ゼンメルという白パンとホースラディッシュを煮たディップの4種。栄養満点です。


それぞれ違うソースとのハーモニーを楽しみましょう。とくに個人的にはアプフェルクレンソースが好みで、リンゴの酸味が、お肉と絶妙にマッチします。ホウレン草とポテトも加わり、栄養バランスも抜群ですね。


白いお粥状のものがゼンメルのディップ。やや塩気が効いています。ゼンメルはウィーンの朝食には欠かせないパンです。

プラフッタ・ガストハウス・ツァ・オーパー Plachutta Gasthaus Zur Oper
住所:Walfischgasse 5-7, 1010 VIENNA
電話番号:+43(0)1 5122251
営業時間:11:00~24:30 無休
HP:https://www.plachutta-oper.at/

【3】中欧の代表スープ「グラーシュ」/カフェ・ラントマン


グラーシュは、もともとお隣のハンガリーのスープで、ハプスブルク王朝時代にウィーンに入ってきたものです。パプリカをたっぷり入れて煮込んだ牛肉のスープ。ニンジンやジャガイモなどの具が多く入る店もあります。


サラリとした本家ハンガリーの味とはまたひと味違い、たとえば牛肉の具を多くして、スープをもっとトロトロになるまで煮込むなど、ウィーン好みに進化しています。写真のグラーシュは、別のお店のもの。


最初に紹介したヴィーナー・シュニッツェルやグラーシュは、カフェのランチメニューとしても人気です。比較的ハンガリーの味に近いと感じたのが「カフェ・ラントマン」のグラーシュでした。


カフェ・ラントマンといえば、1873年創業、ウィーンでもっとも広くてエレガントと言われるカフェハウスで、音楽家グスタス・マーラーや女優ロミー・シュダイナーほか多くの政治家も贔屓にしていた歴史的な人気スポットです。


さて、こちらのグラーシュは、ウィーンらしい塩気のある味付けですが、野菜の具がたっぷり入り、ブダペストの人気店「Vak Varju」のものに少し似ていました。


食後はもちろん、自慢のケーキも召し上がれ!


グラーシュは奥が深く、まだ綴りたいのは山々ですが、もっと中欧のグラーシュをたくさん食べ歩いてからご紹介させていただく予定です。お楽しみに!

カフェ・ラントマン Cafe Landtmann
住所:Universitätsring 4, A-1010 Vienna
電話番号: +43(0)1 24100120
営業時間:7:30~24:00 無休
HP:https://www.landtmann.at/

取材協力:
ウィーン市観光局
オーストリア航空

[All photos by Sachiko Suzuki]

鈴木幸子

sachikosuzuki 旅行ジャーナリスト
高校時代、世界史教科書のササン朝ペルシャ唐草模様を見て世界旅行を夢見る。出版社勤務や地球の歩き方編集等を経て2001年に独立。世界60か国以上を頻繁に取材し、一期一会のハッピーな旅行記事を書いています。(有)らきカンパニー主宰。「らき」はギリシャのクレタ島の地酒の名前です!


,,, | グルメ,現地ルポ/ブログ,ヨーロッパ,オーストリア,グルメ,現地ルポ/ブログ,観光


オーストリアのグルメ関連リンク






ウィーンのおばあちゃん達が働くほんわかカフェで「ヤウゼ」がカワイッ!ヤウゼって何? ウィーンのおばあちゃん達が働くほんわかカフェで「ヤウゼ」がカワイッ!ヤウゼって何?
ウィーン旅|お一人様女子納得の老舗からローカルなカフェまで!【お昼から夜編】 ウィーン旅|お一人様女子納得の老舗からローカルなカフェまで!【お昼から夜編】
ウィーン旅|お一人様女子納得の老舗からローカルなカフェまで!【朝からお昼編】 ウィーン旅|お一人様女子納得の老舗からローカルなカフェまで!【朝からお昼編】


1 2 NEXT

#グルメ旅 #旅 #海外グルメ #海外旅行