> > 【群馬の難読地名】橳島、神流、邑楽・・・いくつ読めますか?

【群馬の難読地名】橳島、神流、邑楽・・・いくつ読めますか?

Posted by: 内野 チエ
掲載日: May 29th, 2021.

日本各地には、なかなか読めない難しい地名が多数存在します。地域の言葉や歴史に由来しているものなど、さまざまですが、中には県外の人はもちろん、地元の人でもわからないというものも。今回は群馬県の難読地名を紹介します。あなたはいくつ読めますか?

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

群馬県の地図
(C) Shutterstock.com


橳島


(C)ググっとぐんま写真館

「ぬでじま」
前橋市の南部、利根川流域沿いにある町名で、「ぬで島」とひらがなで表記されることもあります。「ぬで」とはウルシ科の「ヌルデ」の木のこと。ヌルデは「カチノキ」とも呼ばれ、「勝ち」と「木」を合わせて「橳」と書かれるようになったということです。

神流


(C)ググっとぐんま写真館

「かんな」
群馬県の南西部に位置する町の名前です。日本で初めて恐竜の足跡が発見された場所で、恐竜の骨格を展示する「恐竜センター」があります。恐竜の化石や標本の展示のほか、ライブシアター、化石の発掘体験やレプリカ作製体験なども楽しめます。

邑楽


(C)ググっとぐんま写真館

「おうら」
邑楽町の多々良沼公園では、毎年11月から3月頃にかけて、白鳥の姿が見られます。越冬のためはるかシベリアから飛来し、多々良沼で羽を休める白鳥は町のシンボルとして大切にされ、町内のマンホールにも白鳥がデザインされています。

嬬恋


(C)ググっとぐんま写真館

「つまごい」
群馬県の西に位置し、軽井沢の奥座敷として愛される万座温泉があります。嬬恋の地名の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征中に、海の神の怒りを静めるために愛妻「弟橘姫(おとたちばなひめ)」が海に身を投じ、亡き妻を思って嬬恋村と名付けられたということです。

本動堂


(C)ググっとぐんま写真館

「もとゆるぎどう」
藤岡市にある地名です。南北に鮎川が流れ、対岸には「藤岡歴史館」があります。同施設は地域で発掘された土器や石器などの埋蔵文化財をはじめ、市民からの寄贈品などを展示しており、白石古墳群や本郷埴輪窯址・猿田埴輪窯址についてのコーナーがあります。

内野 チエ

内野 チエ ライター
Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。20歳で第1子を出産後、母・妻・会社員・学生の4役をこなしながら大学を卒業、子どもが好きすぎて保育士と幼稚園教諭の資格を取得、など、いろいろ同時進行するのが得意。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。特技はワラビ料理と燻製作り。


,, | 観光,豆知識


観光関連リンク

宮城県松島1 宮城県松島1
大分県別府市鉄輪温泉の地獄蒸し 大分県別府市鉄輪温泉の地獄蒸し
奥にある湯舟 奥にある湯舟
小浜島 小浜島
岩手県奇跡の一本松 岩手県奇跡の一本松
NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水 NYC  セントラルパーク ベセスダの噴水

北海道札幌市北3条広場2 北海道札幌市北3条広場2

JPリゾート 伊豆高原 テラス JPリゾート 伊豆高原 テラス
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#地名 #温泉 #難読地名



観光 豆知識