TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > 現地ルポ/ブログ > 【ニューヨーク旅学事典13】ニューヨークの春を楽しむ「リバーサイド・パーク」

【ニューヨーク旅学事典13】ニューヨークの春を楽しむ「リバーサイド・パーク」

Posted by: 青山 沙羅
掲載日: Apr 4th, 2022.

アメリカのニューヨーク。訪れたことがなくても、聞いたことがあるでしょう。でも、実際どこにあるの? どんなところ? 「ニューヨーク旅学事典」は、ニューヨーク市在住の筆者が名所や歴史、雑学、小話などを綴っていく連載です。今回は「リバーサイド・パーク」について。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

2012年4月8日 リバーサイド・パーク 花盛り
2012年4月8日 リバーサイド・パーク 花盛り


リバーサイド・パークとは

2012年4月8日 リバーサイドパーク ハドソン・リバーと桜
2012年4月8日 リバーサイド・パーク ハドソン・リバーと桜

ニューヨーク市マンハッタンの最西端、ハドソン・リバーに沿う「リバーサイド・パーク」は、ニューヨーク市で公式指定された風光明媚なランドマークの1つ。マンハッタンの中央にあるセントラルパーク(Central Park)が観光客向けなのに対し、リバーサイド・パークは愛犬を連れてウォーターフロントを楽しむアッパーウエストサイドの地元住民に愛されている公園。ハドソン・リバーの向こうには、お隣のニュージャージー州が見えます。

公園には、スケートボードができるスケートパーク、野球場、バスケットボールコート、マリーナ(2025年再開予定)、ドッグラン、ウォーターフロント沿いの自転車専用レーンなどがあります。

リバーサイド・パークはどこにある

2009年4月26日 リバーサイド・パーク入り口
2009年4月26日 リバーサイド・パーク入り口(72丁目)

2012年4月8日 ニューヨーク アッパーウエストサイド
2012年4月8日 ニューヨーク市 アッパーウエストサイド(高級住宅街)

リバーサイドパークは、ニューヨークのアッパーウエストサイドの72丁目から158丁目までの4マイル(約6.5㎞)、ハドソン・リバー沿いに広がるウォーターフロントの公園。

リバーサイド・パーク (Riverside Park)

住所:Riverside Dr. to Hudson River、W. 72 St.to St.Clair Pl, New York, NY
入場:無料 年中無休
公式サイト:https://www.nycgovparks.org/parks/riverside-park
https://riversideparknyc.org

リバーサイド・パークの歴史

2012年4月8日 リバーサイド・パーク 花盛り
2012年4月8日 リバーサイド・パーク 花盛り

1865年 セントラルパークコミッショナーのウィリアムR.マーティンが、マンハッタンのアッパーウエストサイドに風光明媚な自動車道と公園の建設を提案
1866〜1867年 ニューヨーク市によって土地の購入
1873年 セントラルパークとプロスペクトパークの有名な共同設計者であるフレデリックローオルムステッド(1822–1903)が、2年後に公園と道路を組み合わせて、地形の輪郭に沿った合成景観にする計画を提出。次の25年間で、公園の設計は、サミュエル・パーソンズ(1844–1923)やオルムステッドのパートナーであるカルヴァート・ヴォー(1824–1895)を含む一連の景観建築家の下で開発。西72丁目から125丁目まで伸びる公園は、広々とした並木道と開放的な景色の英国式公園になった
1909年 ニューヨークの日本人コミュニティは、ニューヨーク市への贈り物として2,000本の桜の木を寄贈(しかしながら、日本からの桜を積んだ蒸気船は途中航路で行方不明)
1912年 ワシントンへの桜と同時にニューヨークに輸送され、3月に無事到着、4月植樹。サクラ・パークと呼ばれる(Sakura Park
1980年 ニューヨーク市の公式ランドマークに指定
何度かの拡張を経て現在に至る

リバーサイド・パークのトリビア

2012年4月8日 リバーサイドパーク タイツリソウ Bleeding Heartリバーサイド・パーク タイツリソウ Bleeding Heart

ニューヨーク市の春が楽しめる 花の名所

2012年4月8日 リバーサイドパーク 花盛り時
2012年4月8日 リバーサイド・パーク 花盛り時

ニューヨークは春のイメージが思い浮かばないと思いますが、筆者が四季の中で春が一番好きになったのは、この公園と出会ってからです。枝も折れよと花開く木々は、春のベールをまとい、遠くからでもふわふわと幸せなオーラが漂います。

●クラブアップルツリー (CRABAPPLE TREE)
クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE
クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE 咲き始め

リバーサイド・パークの90〜96丁目のあたりは、可憐なクラブアップルツリー (CRABAPPLE TREE)の並木道。クラブアップルツリーは林檎の種類で、つぼみは赤く針のように細くて、膨らんでくると濃いピンクになります。ほんのりと頬を染めたようなピンクの花は愛らしく、春に会えることが楽しみなのです。4月上旬から中旬頃、桜の花に少し遅れて咲きます。

クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE
クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE 春を待ちかねて一気に咲く

春の喜びを謳うかのようにぎっしり花をつけたクラブアップルツリーには、青空が似合います。

クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE
クラブアップルツリー CRABAPPLE TREE 白く変化

ピンクの可憐な花は、しばらくすると白い清楚な花へ色が変化します。少女から女性へ成熟していくように。

●桜
リバーサイド・パーク 桜
リバーサイド・パーク 桜

リバーサイド・パークには、ソメイヨシノや八重桜など桜もあります。

100〜125丁目のハドソン・リバー沿いの桜並木は、チェリー・ウォーク(Cherry Walk)と呼ばれます。122丁目あたりリバーサイド・チャーチ(教会)近くには、日本から寄贈された桜が植樹されているサクラ・パーク(Sakura Park)があります。

チェリー・ウォーク(Cherry Walk)
住所:Riverside Drive, Between 100th to 125th Street

サクラ・パーク(Sakura Park)
住所:3916, 500 Riverside Dr, New York, NY 10027

映画のラストシーンで出てきた花壇がある

 91st Street Community Garden
91st Street Community Garden

リバーサイド・パークの名所と言えば、映画『ユー・ガット・メール(You’ve got Mail)』のラストシーンで、トム・ハンクスとメグ・ライアンのハッピーエンドで出てきた花壇。それほど大きくはありませんが、ボランティアにより手入れされて、春にはチューリップや水仙、バラなどが咲いています。映画の花壇に比べると雑然(失礼)としていますが、映画では撮影用にプロが手を加えていたようです。

https://youtu.be/2cjvwTzhG8g

91丁目コミュニティ・ガーデン(91st Street Community Garden) 
住所:Between West 90th and 91st Streets
http://www.thegardenpeople.org

リバーサイド・パークのトイレはここ

広大な公園で心配なのがトイレですね。ニューヨークの場合、ほとんどの公園のトイレは、子どもの遊園地(ブランコや滑り台がある場所)やカフェなど飲食施設、ドッグランのそばにあります。夜間や人気が少ない時の利用は避けたほうが良いでしょう。

トイレの所在地(呼称)

●96th Street at the river(Riverside Park-119 St Tennis Courts-Comfort Station)
●75th Street near the river(Classic Playground Women)
●Riverside Dr & W 105th St(105 Bathrooms)
●83rd Street near Riverside Drive(Riverside Park-River Run Playground CS)
●76th Street & Riverside Drive(Riverside Park-Neufeld Playground CS)
●97th Street & Riverside Drive(Dinosaur Playground Comfort Station)
●91st Street near Riverside Drive(Riverside Park-Hippo Playground CS)
●124th Street behind Grant’s Tomb(Riverside Park-Claremont Comfort)

Riverside Park Bathrooms

リバーサイド・パーク 13年前へタイムスリップ

2009年4月26日 リバーサイド・パーク
2009年4月26日 リバーサイド・パーク

2009年4月26日 91st Street Community Garden コミュニティ・ガーデン(リバーサイドパーク内)
2009年4月26日 91st Street Community Garden コミュニティ・ガーデン(リバーサイドパーク内)

春はいたる所に花が咲き乱れるリバーサイド・パークですが、川沿いに所在するため、2012年の台風「ハリケーン・サンディー」により大きな被害を受けました。クラブアップルツリーや桜の木は台風で折れてしまい、2009年当時に比べれば本数が減少してしまったのです。2012年の「ハリケーン・サンディー」は、ブルックリン・コニーアイランドの木製のボードウォークを破壊し、かつて魚市場があったサウスストリートシーポートを破壊し、ニューヨーク市やニュージャージー州のウォーターフロントは大きな損害を被りました。それぞれが復元するには、時間を要したのです。

ニューヨーク市の景色は進化し続けています。次回のニューヨーク旅学事典は「リンカーン・センター」を予定。続けて読んでいただくとうれしいです。

[All Photos by Hideyuki Tatebayashi ] Do not use images without permission.

参照
ニューヨーク市公園レクリエーション局 リバーサイド・パーク(NYC PARK Riverside Park) 公式サイト
リバーサイド・パーク管理局(Riverside Park Conservancy) 公式サイト
ニューヨークの桜の歴史 在ニューヨーク日本国総領事館

青山 沙羅

sara-aoyama ライター
はじめて訪れた瞬間から、NYに一目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、ついには上陸。旅の重要ポイントは、その土地の安くて美味しいものを食すこと。特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、『やられたら、やり返せ』。プロ・フォトグラファーの夫とNY在住。


| 観光,現地ルポ/ブログ,北アメリカ,アメリカ,現地ルポ/ブログ,観光,豆知識


アメリカの現地ルポ/ブログ関連リンク











1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#ニューヨーク