TABIZINE > 関東 > 東京都23区 > グルメ > 京都で話題の紅茶とスコーンの専門店「TEA ROOM KIKI」が日比谷に開店【実食レポ】

京都で話題の紅茶とスコーンの専門店「TEA ROOM KIKI」が日比谷に開店【実食レポ】

Posted by: kurisencho
掲載日: May 5th, 2022.

地下鉄日比谷駅から直結の東京ミッドタウン日比谷の地下1階に2022年3月にオープンした、英国文化を楽しめる紅茶とスコーンの専門店「TEA ROOM KIKI(ティールーム キキ)」。京都と大阪で話題のカフェで、 連日列は絶えず、ティールームも満席! 今回はそんな同店で、紅茶にスコーン、食器やBGMに至るまで英国スタイルで優雅なひとときを過してみました。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

パンフレット


2022年3月オープン!TEA ROOM KIKI 紅茶&スコーン専門店 日比谷

店内
京都・嵐山と大阪・梅田に続く3店舗目として、東京ミッドタウン日比谷の地下1階に2022年3月にオープンした「TEA ROOM KIKI 紅茶&スコーン専門店 日比谷」。

紅茶とパンフレット
合成着色料や保存料は不使用で、自然の風味を生かした食材を使った手作りのスコーン専門店。紅茶とスコーンのセットを意味するイギリスの喫茶習慣「クリームティー」の文化を、英国伝統の自家製のスコーンやジャム、焼き菓子やサンドウィッチなど、さまざまな紅茶を飲みながら楽しめます。

メニュー
同店は11時から利用できるティールームを併設(利用時間80分)。ティールームでいただけるメニューは、定番の「KIKI’s クリームティー(クラシック・アールグレイ・期間限定スコーンから2つ)」をはじめ、サンドウィッチ(スモークサーモン・鶏むね肉とキャロットラペ・ローストビーフ)や、焼き菓子(ショートブレッド・キャロットケーキ・アップルパイ」を付けたセットに、

スコーンメニュー
1日15食限定のサラダやキッシュを付けた「KIKI’s ランチサービス」や、1日限定30食「KIKI’s アフタヌーンティーセット(要予約)」などあり、全メニューにティーフリーの紅茶が付いています(1,000円台〜)。

スコーン
販売エリアでは、各種スコーン(2個入648円・税込〜)に、

ショーケース
おしゃれな缶のクッキーセットや紅茶のティーバッグもあり、贈り物にぴったり。

次の1杯を心待ちにするティーフリーの紅茶

ティーフリーメニュー
ティーフリーでいただけるのは、2003年に設立された紅茶ブランド「amsu tea(アムシュティー)」の紅茶。スリランカ産の紅茶を中心に、日本の水質や日本人の味覚に合う茶葉を厳選。ブラックティー、ハーブティー、ジュエルティー、フレーバーティーと20種類以上もそろっています。

ティーフリー
スタッフさんが丁寧に紅茶を淹れて、ひとりひとり空いたカップに注いで廻ってくださいます。ストレートで少量ずつ、ランダムなので次は何かなとワクワクします。

ティールームにて
ティーカップやお皿などは、イギリスの老舗陶器ブランド「バーレイ」の食器たち。少し厚みがある陶器は艷やかて、鳥や花などを細い先で描いた美しい絵柄。1人ずつティーカップも違い、特別感を感じながら、美しさにうっとり……。

紅茶とパンフレット
筆者がティールーム利用中にいただいた紅茶は、ベリーガーデン、キャラメルナッツ、トロピカルマンゴー、ビンテージゴールデン、アンバーオランジュ、スウィートホワイトピーチ、ライチ。1杯ごとに異なる香りで、まるで花畑にいるような心地です……。

ぬくもりのスコーンと女王のケーキ

スコーンセット
「ヴィクトリア サンドウィッチケーキ」(1,760円・税込)に、スコーン・クロテッドクリーム・ジャムを付けた「ヴィクトリア サンドウィッチケーキのスコーンセット」(2,260円・税込)をいただきました。

スコーンセット
北海道産小麦と国産バターを使った自家製スコーンは、できたてはほわっと温か。外側はサクッと、中は生地感がありながらもボソっとした感じではなくしっとり。バターの風味がやさしくて、冷めても飽きない素朴な味わいです。

自家製クロテッドクリーム
自家製のクロテッドクリームやジャムは、半分に割ったスコーンにたっぷり塗るのがイギリス流とのこと。岡山県産ジャージークリームを使ったクロテッドクリームは、牛乳が濃厚なのに後口あっさり。たっぷりつけることに迷いなし!

自家製チリ産有機ラズベリージャム
チリ産有機ラズベリーのジャムは、ゲル化剤やペクチンは不使用で、とろみがあり濃密。ベリーの粒粒感を残してまろやかな酸味で、英国文化を忠実に再現。クロテッドクリームと合わせるとなめらかになり、相性はもちろん抜群!

ヴィクトリア サンドウィッチケーキ
19世紀のイギリス生まれの「ヴィクトリアサンドウィッチケーキ」。最愛の夫を亡くした傷心のヴィクトリア女王を癒やしたと伝わり、現地でも愛され続けているケーキです。

ヴィクトリア サンドウィッチケーキ2
2枚のスポンジケーキにラズベリージャムと生クリームをはさんで高さがあり、ラズベリーをのせてお姫さまのような可愛らしさ。スポンジは小麦とバターが香り密度があり重厚です。

ヴィクトリア サンドウィッチケーキ3
下のスポンジにはラズベリージャムと生クリームが染み込んでミルキーな上品な甘み。紅茶の香りとともにじっくり楽しめるリッチな女王さまケーキです。

各回9人限定のティールーム

今回利用したティールームは9人掛けのカウンター席でこじんまりとしていますが、おひとりでも気にすることもない落ちついた雰囲気。

ティールーム
京都と大阪のお店ではジャズが流れていますが、こちらでは数々の劇場がある日比谷ならでは、オペラがBGM。オペラの合間には観衆の拍手が沸き起こり、筆者もついつい心の中で拍手喝采!

サンドウィッチケーキのスコーンセット2
2022年4月現在、電話予約は不可。店頭での整理券配布またはウェブ予約(1〜4名まで)が可能です。ティールームを利用する場合は余裕を持って訪ね、イギリス紳士や貴婦人になったようにゆったりと英国文化を楽しみませんか?

TEA ROOM KIKI 紅茶&スコーン専門店 日比谷
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷地下1階
TEL:03-6550-8311
営業時間:11:00-21:00
ティールーム利用時間:11:00〜19:30
ティールームWEB予約(2022年4月現在、電話予約不可):https://www.tablecheck.com/ja/shops/kiki-hibiya/reserve
定休日:不定休
交通:東京メトロ「日比谷駅」から徒歩約2分、「銀座駅」「有楽町駅」から徒歩約5分
HP:https://lworld.co.jp/kiki/

[all photos by kurisencho]

kurisencho

kurisencho ライター
熊本県天草の凪いだ海と潮の香りの中で育ちました。東京に住むことで、新しいもの、昔からあるものの良さを再発見し、今まで見てきた世界が広がりました。デジタル化の中で生きるアナログの力を確信し、儚いけど美しい、人と風景の一瞬をとらえたいと思い写真を撮っています。


| グルメ,現地ルポ/ブログ,関東,東京都23区,グルメ,現地ルポ/ブログ


東京都23区のグルメ関連リンク





スタンプラリー スタンプラリー

林檎のどらやき 林檎のどらやき


東京都渋谷区・ティーラテ専門店「CHAVATY」クレープオムレット 東京都渋谷区・ティーラテ専門店「CHAVATY」クレープオムレット
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

#スイーツ