TABIZINE > 現地ルポ/ブログ > 「キャプテンスタッグ」アルミローテーブルをレビュー!価格やサイズも比較

「キャプテンスタッグ」アルミローテーブルをレビュー!価格やサイズも比較

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Jun 30th, 2022.

キャンプなどのアウトドアで欠かせないアイテムのひとつといえば「アルミテーブル」ですよね。さまざまなアウトドアメーカーから便利な逸品が登場していますが、元祖ともいえる大定番なのが「キャプテンスタッグ」のアルミローテーブルではないでしょうか。そこで今回は、ライバル商品との比較も交えながら、気になる価格やスペックなどを詳しく紹介します。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

 


キャンプで重宝する「アルミローテーブル」とは?


近年、キャンプではお座敷スタイルなどと言われる、低いテーブル&チェアを用いたロースタイルなテントサイトを構築するのが主流となってきましたよね。そこで愛用者が増えているのが、高さ10cm程度のアルミローテーブルです。


とくに今回紹介する「キャプテンスタッグ」のアルミローテーブル〈コンパクト〉の場合、低さに加えて、甲板も400mm×300mm程度とコンパクト&700g程度と軽量、さらに折り畳んで収納することができることもあって、ソロキャンプ派からも支持を集めていますよね。

アルミローテーブル〈コンパクト〉のスペックは?

ということで、キャプテンスタッグの「アルミローテーブル〈コンパクト〉」をキャンプ場に持ち込んで、その実力を探っていくことにしてみましょう。

価格・サイズ・素材などをチェック!


気になる基本的なスペックはこちらの通り。

キャプテンスタッグ アルミローテーブル〈コンパクト〉

  • 【価格】3,850(税込)
  • 【甲板の表面材】アルミニウム(足部:鉄 エポキシ樹脂塗装)
  • 【表面加工】アルマイト
  • 【耐荷重】最大30kg
  • 【サイズ(組立時)】幅400mm×奥行290mm×高さ120mm(約)
  • 【サイズ(収納時)】400mm×70mm×60mm(約)

  • 写真奥がワークマンのアルミテーブル

    ちなみに、ライバル商品として話題のワークマンのアルミテーブルはというと……?

    ワークマン アルミテーブル

  • 【価格】980(税込)
  • 【甲板の表面材】金属(アルミニウム合金)
  • 【表面加工】アルキド樹脂塗装
  • 【耐荷重】最大30kg(静荷重)
  • 【サイズ(組立時)】幅400mm×奥行298mm×高さ128mm(約)
  • 【サイズ(収納時)】400mm×70mm×60mm(約)
  • 見た目やサイズは似ていますが、素材などに違いが見られますよね。価格も大きな差があるので、使い勝手などに影響があるのかもも比べてみましょう。

    パッキングも苦にならない「コンパクト&軽量」ボディ!

    ソロキャンプも愛する筆者は、キャンプ道具はコンパクトさとともに「軽さ」にもこだわりたいところ。ということで、重量を実測してみることにしてみましょう。

    キッチンスケールにのせてみると……?


    716gとかなり軽量であることがわかりました。

    ちなみに、前述のワークマン製は744g。数値だけ見ると大きな差がないようにも感じますが、バックパックなどに入れて行動してみると、その差のありがたさが身に染みるはず!

    キャプテンスタッグ アルミローテーブル〈コンパクト〉

  • 【重量】716g
  •  
    ワークマン アルミテーブル

  • 【価格】744g
  • 使い勝手をアウトドアフィールドでチェック

    基本的なスペックがわかったので、実際にキャンプ場に持ち込んで使ってみることにしました。

    パッキングに重要な「収納袋」は?


    なんと! 収納袋のストラップにストッパーが設けられているワークマン製に対して、キャプテンスタッグ性はストッパーなし。

    これだと、いつの間にか口が開いてしまって中身が飛び出してしまう。っていうこともありそうですよね。これはワークマン製の勝ちかもしれません。


    はい。こちらもワークマン製の勝ちではないでしょうか? キャプテンスタッグの方にはゴムベルトが採用されていません。写真の様に収納袋から出した途端にバラバラになってしまうんですよね。

    とはいえ、これは好みのベルトを使えば解決できるので、筆者的はそれほどネガには感じていません。

    何秒でできる?「組立方法」


    収納袋から取り出したら写真のように甲板の裏側をチェックしてみましょう。5枚の甲板はゴムのショックコードで繋がっているので、お風呂の蓋を伸ばしていくように簡単にこの状態にできますよ。


    次にストッパーを90度回転させて、対面の脚についているフックに連結。


    最後に脚を起こすだけで完成です。筆者の場合、所要時間は5秒くらい。初めてでも10秒もあればOKなのではないでしょうか。

    テントサイトでの使い勝手は?


    高さ12cmほどと、ロースタイルなテントサイト好きの筆者にはぴったりのサイズ感。今回比較したワークマン製もほぼ同じ高さです。


    ただし、表面の仕上げがアルマイト&ヘアラインなとてもきれいな仕上げとされているので、置くものによっては滑ってしまうのが気になるところかもしれません。

    試しにメスティンを置いて傾けてみると、5cmほど持ち上げただけでするすると滑り落ちてしまいました。表面にマットを敷いたりと工夫するのもアリかもしれませんね。


    今回はキャンプ好きに大人気の、キャプテンスタッグ「アルミローテーブル〈コンパクト〉」をキャンプ場で検証してみました。価格やサイズなどに加えて、重量や使い勝手も紹介しているので、これから購入を検討している人も参考にしてみてくださいね!
     

    TABIZINE編集部

    TABIZINE Editors
    「人生に旅心を」

    TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

    旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

    TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

    人生は一瞬一瞬が心の旅。
    みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

    TABIZINEスタッフ一同

    , | 現地ルポ/ブログ,キャンプ


    現地ルポ/ブログ関連リンク

    ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」 ベルリンの新空港「ブランデンブルク国際空港」
    ランクル ランクル
    nz機内食2 nz機内食2
    ケーキ二種類 ケーキ二種類

    星のや竹富島 島風プライベートサバ二 星のや竹富島 島風プライベートサバ二

    韓国の便利な両替機「WOW EXCHANGE」 韓国の便利な両替機「WOW EXCHANGE」

    星のや竹富島 星のや竹富島
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

    #アウトドア #キャンプ



    現地ルポ/ブログ キャンプ