TABIZINE > 中部 > 静岡県 > お土産 > 猪の形が可愛い伊豆のお土産「合わせ猪最中」実食ルポ【小戸橋製菓|中伊豆】

猪の形が可愛い伊豆のお土産「合わせ猪最中」実食ルポ【小戸橋製菓|中伊豆】

Posted by: TABIZINE編集部
掲載日: Aug 21st, 2022.

伊豆銘菓、猪最中は創業102年の小戸橋製菓が守り続けた伝統の味。お土産にもぴったりです。今回は、自分で最中の皮にあんこを詰めることができる、「合わせ猪最中」を実食ルポ。おしゃれなキューブ型の箱に2個入りなので、プチギフトにもおすすめです。約3ヶ月日持ちするのもうれしい!

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

>>【修善寺】また食べたくなる駅弁!舞寿しの「あじ寿司」は必ず食べるべし
>>【2022年最新】伊豆のおすすめ観光スポット30選!熱海・修善寺・伊東&穴場も


中伊豆土産の代表格「猪最中」

猪最中は、中伊豆観光のお土産で定番と言える銘菓です。筆者が宿泊した旅館のお茶受けも、こちらの猪最中でした。天城の猪を型どった最中で、特製のあんこをたっぷり包んであります。創業102年の小戸橋製菓が守り続けた伝統の味です。

「合わせ猪最中」実食ルポ!

お店の人気No.1の看板商品でもある、伊豆銘菓「猪最中」。今回は、自分であんを詰めるタイプの「合わせ猪最中」をお土産にしました。通常の「猪最中」は、最中の皮はしっとりとあんになじんだ味わいですが、「合わせ猪最中」はパリパリとした皮の食感を楽しむことができます。

箱の中に入っているもの

「合わせ猪最中」は2個入りで、キューブ型の箱に入っています。皮もそれぞれ個包装。あんこはたっぷり入っているので、モリモリに詰められそう。

思わず猪を並べてみました。猪最中は、この地方の名物「猪鍋」の猪をヒントに作り出されたもの。試行錯誤の末、「走っている姿」が一番猪らしいということで、この形になったのだそう。どことなくユーモラスで可愛い。

詰め方の説明もありました。付属の木べらを使ってそれぞれの皮にあんを詰め、その2つを貼り合わせる感じです。

最中の皮にあんを詰めます

じっくり直火で5時間丹念に練り、炊き上げるというあんは、小豆の品質として最も安定して、かつおいしいと言われる北海道十勝地方で収穫された小豆のみを使用。厳しい寒さの北海道で育った小豆は、風味がよく味にクセがないのだとか。

信州産の天然糸寒天を使用しているからか、あんに透明感も感じます。

はみ出さないように気をつけながら、猪にあんを詰めていきます。この作業が楽しい。

ちょっと詰めすぎたかな?

もう片方にもあんを詰めて合わせます。やっぱりちょっと詰めすぎたみたい。ぴったり合わせたい人は、こんもりしない程度に詰めましょう。

お茶と一緒にいただきます!

やっぱり最中には日本茶でしょう、ということで、お茶とともにいただいてみます。

じっくり炊き上げられた自慢の餡は、ねっとりまとわりつく感じではなく、コクがあるのに後味がすっきり。創業時から変わらぬ製法だと言いますが、とてもモダンな印象です。

国産の良質なもち米を使用した最中の皮は、想像通りパリパリで風味豊か。これがやっぱり、手作り最中の醍醐味ですよね〜。

冷凍してバニラアイスとともに楽しんだり、トースターでほんのり焼いて焼き猪もおすすめだそう。筆者はバニラアイスを挟んで食べてみましたが、これが絶品でした!ぜひお試しを〜!!

※筆者が訪れたとき、「合わせ猪最中」は、修善寺駅構内のイズーラ修善寺でも売っていました。お土産は帰路につく最後に買いたいという方に便利です。

合わせ猪最中 2個入り
400円(税込)
賞味期限:約90日

猪最中 6個入
870円(税込)
賞味期限:常温で7日間

小戸橋製菓
https://www.kotobashi.com
>>ネットショッピングはこちら
天城本店 和菓子工房
住所:静岡県伊豆市月ヶ瀬580-6
TEL:0558-85-0213
営業時間:8:00~17:00(夏季18:00)
定休日:営業日カレンダーにてご確認ください

[All Photos by Aya Ymaguchi]
※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。
※店舗営業については最新情報をご確認ください。

>>絶品生おろしわさびアイスやここでしか買えない希少なお土産も!【丸岩安藤わさび店本店|中伊豆】

>>中伊豆観光で外せない絶景パワースポット!浄蓮の滝現地ルポ〜お土産情報も〜

>>【伊豆】絶景スポット、温泉、グルメ・・・この夏、行きたいおすすめスポット13選

TABIZINE編集部

TABIZINE Editors
「人生に旅心を」

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにした、オフタイムWEBマガジンです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

TABIZINE(タビジン)を覗き込むと、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ、旅へ向かわずにはいられなくなるような、 そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。

人生は一瞬一瞬が心の旅。
みなさんが何にもとらわれることなく、自由で、冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

TABIZINEスタッフ一同

, | グルメ,お土産,現地ルポ/ブログ,中部,静岡県,お土産,グルメ,現地ルポ/ブログ


静岡県のお土産関連リンク

【今買うべき新作お土産】お茶が薫る静岡の新しいスイーツ「お茶フリアン≪薫居≫」 【今買うべき新作お土産】お茶が薫る静岡の新しいスイーツ「お茶フリアン≪薫居≫」

【今買うべき新作お土産】日本の夏の風物詩、懐かしい「熱海ラムネ」が登場! 【今買うべき新作お土産】日本の夏の風物詩、懐かしい「熱海ラムネ」が登場!



熱海プリン 熱海プリン
「道の駅足柄・金太郎のふるさと」 「道の駅足柄・金太郎のふるさと」
JPリゾート 伊豆高原 テラス JPリゾート 伊豆高原 テラス
海鮮てっぺん丼 海鮮てっぺん丼
1 2 3 4 5 6 7 NEXT

#伊豆 #和菓子