> > 旅のクセは生まれた曜日でわかる?!東南アジアに受け継がれる「曜日文化」

,, | 旅のハウツー

旅のクセは生まれた曜日でわかる?!東南アジアに受け継がれる「曜日文化」

ライター: 米田ロコ
更新日: Jan 30th, 2017

旅のクセは生まれた曜日でわかる?!東南アジアに受け継がれる「曜日文化」

東南アジアで重要視される「生まれ曜日」


東南アジアの中でも、タイ、ミャンマーラオスカンボジアの国々では、自分の「生まれた曜日」が重要視されているようです。

例えば、ミャンマーでは生まれた曜日にちなんで名前を決めたり、タイでは曜日のシンボルカラーを身につけて、曜日別の仏像にお参りをするそうです。そういえば、タイの寺院を巡った時、曜日別の仏像が並んでいたのを思い出します。

旅のクセは生まれた曜日でわかる?!東南アジアに受け継がれる「曜日文化」 タイの寺院にある曜日別の仏像

誰もが自分の「生まれた曜日」を知っていて、結婚や人生の大切な決断は、生まれ曜日に基づいて、よいとされる日取りに行事をおこなうとか。日本でいう占星術や血液型といったところです。

日本では、自分の「生まれた曜日」を知る人は少ないと思いますが、「keisan 生活や実務に役立つ計算サイト」などで簡単に調べることができます。

(次のページに続く)

,, | 旅のハウツー