TABIZINE > 旅のハウツー > 海外で不思議がられる日本人観光客の服装5選〜トラブル防止にチェック!〜

海外で不思議がられる日本人観光客の服装5選〜トラブル防止にチェック!〜

Posted by: 小坂井 真美
掲載日: Dec 27th, 2023. 更新日: Dec 27th, 2023

【2023年12月27日更新】海外旅行で気をつけたい項目のひとつが服装や身だしなみ。もちろん誰かに迷惑をかけない限り「海外の人からどう思われるか」なんてことをいちいち気にしすぎる必要はありませんが、日本では特に目立たない恰好でも海外では人目を引いてしまったり、相手に誤解を与えてしまったりすることも。さらに、明らかに観光客だとわかる服装は時に危険を招くこともあります。そこで今回は特に女性を中心とした、海外で不思議がられる日本人観光客の恰好、避けるべき服装をお伝えします。

Facebook はてなブックマーク LINEで送る コメント

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好


観光をするだけなのに、ばっちりキメたファッションやメイク

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好

良くも悪くも「日本人の女の子はオシャレだね」という声をよく耳にします。「どんな場所でもオシャレを楽しみたい」「旅先で良い写真を残すためにメイクやファッションにはもちろんこだわりたい」という気持ちは素敵だと思いますが、周囲から浮くくらいお洒落すぎるファッションやメイクは目立ちやすく、やはり犯罪の標的とされる可能性があります。

ナチュラルメイクの女性が多い国で、バッチリメイクをして歩く女性は良い意味でも、悪い意味でもとても目立ちます。

ハイヒール、底の厚い靴を履く

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好

各国の現地人ガイドなどから「街歩きをするのに、どうしてあんなのを履くんだろう?」と不思議がる声をよく耳にするのが、日本人女性の足元。確かにハイヒールや厚底の靴は、たくさん歩く観光には適した靴ではありません。

特にヨーロッパなど石畳が多い道では、ヒールの高い靴はやめた方が得策。石の間の溝にヒールがはまって歩きにくいですし、足をくじいたり、つまずいたりする原因になり危険です。足のトラブルはもちろん、せっかくの素敵なヒールや靴も傷んでしまうので、やっぱり旅行には歩きやすい靴をおすすめします。

高価なジュエリーやブランド品を身に着ける

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好

日本では日本人の“ブランド志向”や“ブランド信仰”を批判する声をよく耳にしますが、一流のブランド品に憧れを持つのは海外の人も同じこと。どんなブランドであっても、身につけている本人が満足しているなら「海外ではブランド品をそんな風に身につけない」「ブランド品を身につけて海外旅行をする日本人は恰好悪い」などという批判を気にする必要はないと思います。

ただし良くも悪くも、海外で高級ブランド品を身に着けて歩くと目立つというのは確かです。見るからに高級なバッグやアクセサリーを身につけて歩く姿は一目で“お金を持っている観光客”とわかり、スリなどの犯罪のターゲットにされる確率がぐっと高くなります。オシャレを楽しみたい気持ちもわかりますが、やはり身の安全が第一。楽しい旅の思い出を台無しにしないためにも、旅行に適したファッションを楽しみたいですね。

服装や話し方が“カワイイ”

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好

日本の“Kawaii”文化は海外でも広まっていますが、やはり日本人女性のフェミニンな服装は一部のアジア圏を除いて特異な存在のファッション。一般的には、大人が少し子どもっぽい可愛いファッションを楽しむということがあまりない国がほとんどです。そして“カワイイ”話し方やファッションは、周囲からナメられたり、ナンパ師につきまとわれたりする可能性が高まります。

夏も長袖、日傘をさす

トラブルに遭うことも!海外で不思議がられる日本人観光客の服装・恰好

「夏だというのに、長袖を着ているのは日本人」「日傘をさして歩いている観光客はたいてい日本人」と海外の人が口をそろえるのがこの恰好。暑い日に長袖や長い手袋を身につけたり、日傘をさして歩いている日本人女性の様子は、海外では特異な目で見られることも。

ですが、周りに迷惑をかけているわけではありませんし、普段どんなに美白に力を入れていても、海外で人目を気にするあまり日焼けしてしまっては日ごろの努力も台無しですよね。

なので、絶対にこの恰好をやめるべきだとは言いませんが、日本人観光客は犯罪のターゲットにされやすいので、スリなどの被害に遭わないように十分に気をつけてくださいね。

土地に馴染まない服装はトラブルの種になることも

その国や土地の人々の習慣を尊重し、周りに不快な思いをさせる恰好でなければ、思い思いの服装や恰好を楽しんでいいと思います。ですが一方で、明らかに観光客だとわかる恰好、その土地に馴染まない服装は、思わぬトラブルの種となってしまうこともあります。

また「露出の多いファッションはタブー」とされている国があるように、宗教や文化の違いにより、その国では避けるべきファッションも存在します。せっかくの旅行を安全に楽しむためにも、出発前にどんな服装が適しているのかをしっかりチェックしてから行きたいですね。

 

[All photos by Shutterstock.com]

小坂井 真美

小坂井 真美 ライター
クロアチアの首都ザグレブ在住。現地での色々な仕事の傍ら、フリーライターとしてクロアチアを中心とした南東欧諸国について執筆。趣味は街歩き、食べ歩き、寺歩き、そぞろ歩き。仲間、明るい太陽とおいしいごはんがあれば幸せ。人生は旅。たくさんのモノ・人・土地と出逢いをエネルギーに、日々心の赴くままに邁進中。

,,,,,,,,, | 旅のハウツー


旅のハウツー関連リンク

オンライン予約を利用する際には注意 オンライン予約を利用する際には注意
デコパウチの完成! デコパウチの完成!
トランジットキャプション トランジットキャプション
悲しむ旅行者のイメージ 悲しむ旅行者のイメージ
日帰り韓国トップ画像 日帰り韓国トップ画像
旅行会社が倒産してびっくりした人のイメージ 旅行会社が倒産してびっくりした人のイメージ
スリの被害に遭わないように注意する人 スリの被害に遭わないように注意する人
パスポート1 パスポート1
飛行機の欠航案内 飛行機の欠航案内

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

旅のハウツー