> > > > 【アメリカ】元祖オーガニックフード!アーミッシュの美食マーケット

【アメリカ】元祖オーガニックフード!アーミッシュの美食マーケット

ライター: 青山 沙羅
掲載日: Apr 22nd, 2014. 更新日: Jan 11th, 2017

独自の信仰により、現代でも自給自足の生活をしているアーミッシュは、自動車や電気など文明から遠ざかった生活様式で暮らしています。彼等の食生活も、すべて手作り。昔風のスタイルで作っている食べ物は、元祖オーガニックと言えるかもしれません。

フィラデルフィアの中心地にあるReading Terminal Marketは、観光客にはあまり知られていませんが、地元住民の台所です。日本のデパ地下に近いかもしれません。
特に魅力的なのが、ランカスターなどのアーミッシュ村に行かなくても、アーミッシュ・フードが買えること。彼等の作ったチーズやパン、ケーキ、チョコレート、野菜は品質が良いのに、何しろ安くて、NYCの商品の半価ほどなのです。

スイーツ好きに、イチオシなのが、Beiler’s Bakery。ホームメイドのパイやケーキなど、添加物のない、素朴な美味しさ。値段も手頃。
名物のスティッキー・バン(sticky buns ピーカンナッツがたっぷりのった砂糖がけのパン)や、ウーピーパイ(Whoopie pie チョコレート生地のスポンジに生クリームを挟んだもの)は是非試してほしいスイーツ。

評価の高いドーナッツ。すべてを味見したい!

アーミッシュ(Amish)は、ペンシルバニア・ダッチ(Pennsilvania Dutch)とも呼ばれます。
17-18世紀にかけて、宗教迫害を逃れ、信仰の自由を求めて、アメリカペンシルバニア州に移住したドイツ系移民を意味します。

【アメリカ】元祖オーガニックフード!アーミッシュの美食マーケット
©Sara Aoyama

,,, | アメリカ,グルメ,グルメ,ショッピング,北アメリカ,現地レポート,現地レポート,観光,観光


アメリカのグルメ関連リンク

211797-07 211797-07
【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い? 【アメリカ】英語のメニューに困ったら。バーでつまみは何を頼んだら良い?
ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅 ワインの名産地・カリフォルニア「ナパバレー」で楽しむワインと美食の列車旅
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの 【アメリカ留学・長期移住に役立つ実用情報】日本から持って行くべきもの・不要なもの
ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ) ニューヨーカーが作った、お洒落な日本酒。ブルックリンのウォーターフロントにあるBrooklyn Kura(ブルックリン・クラ)
ニューヨークの人気行列レストラン 地中海香るギリシャ料理でシーフード三昧 ニューヨークの人気行列レストラン 地中海香るギリシャ料理でシーフード三昧
内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見 内緒で公開 ニューヨークのレストランの賄い(まかない)拝見
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT