> > > ニューヨーカーが愛する地ビール「ブルックリン・ラガー」こぼれ話

ニューヨーカーが愛する地ビール「ブルックリン・ラガー」こぼれ話

ライター: 青山 沙羅
掲載日: May 20th, 2014. 更新日: Jun 15th, 2017

ニューヨークで一番愛されているビールといえば、ブルックリン・ラガー(Brooklyn Lager)。デザイン性の高いお洒落なラベルに、ホップの利いたほろ苦い、コクのある味。
ニューヨーカーの感度にぴたりとあてはまった、人気ビールです。
以前のTABIZINEの記事で紹介した『I NY』のロゴをデザインしたミルトン・グレイザー氏が、ロゴをデザインしました。

ニューヨーカーが愛する地ビール「ブルックリン・ラガー」こぼれ話
©Brooklyn Brewery


デザイン料に、お金はいらない


Brooklyn Beerのお洒落なロゴは、それまで無名だった小規模のビール会社を一躍有名にしました。世界的に有名なデザイナーにロゴを依頼したデザイン料に、グレイザー氏は「会社の株の一部と、一生涯ビールを飲ませてくれれば良い」と応えたそうです。うーん、グレイザー氏、太っ腹ですねえ。何か彼の心の琴線に触れる仕事であれば、金銭にはこだわらないのでしょう。また、先見の明もあったのでしょうね。
今ではマンハッタンのほとんどのレストランやバーに、置いてあります。もちろん、スーパーや酒屋、デリでも購入出来ますよ。

ロゴは、「ちょっと癖があって、素人っぽく見えるようにしたかったのさ。」小規模のビール工場なのだから、「バドワイザー(大手メーカー)の真似をしてもつまらないだろう?」(The New York Timesより)

デザインのアイディアについては、The New Yorkerインタビューで次のように答えています。


Q「Bのロゴマークは、何から思いつきましたか?」
グレイザー氏「指で空中をなぞりながら、Bの字って、(ビールの)泡が立っているみたいだと思ったのさ」。
Q「ロゴの色は、どうやって選びましたか?」
グレイザー氏「色は、直感だね」

そして、出来たのがこのクールなロゴです。ビールを飲む時のワクワク感があり、 ポップで、女性にも受けるロゴですよね。



ニューヨーカーが愛する地ビール「ブルックリン・ラガー」こぼれ話
©BROOKLYN BREWERY  miltonglaser.com

ニューヨーカーが愛する地ビール「ブルックリン・ラガー」こぼれ話
©Brooklyn Brewery
写真 向かって右、ミルトン・グレイザー氏(Milton Glaser)、左 Brooklyn Brewery社長 Steve Hindy氏

,,,,,, | アメリカ,北アメリカ


北アメリカのアメリカ関連リンク

人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき? 人生で一度は訪れたいアンテロープキャニオン! アッパー、ロウアーどっちを見るべき?
【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装 【秋のニューヨークで何を着ればいい?】9~11月の天気や気温、現地の服装
訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」 訪れる人に幸せのおすそ分け Love&Peaceが詰まったストリートアートの家「ランディランド」
忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから 忘れられない9/11から17年 明日という日が今日と同じようには来ないかもしれないから
アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ アメリカの歴史を語るうえで欠かせないペンシルベニア州第2の都市、水と橋の都ピッツバーグ
ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ ポップアートの巨匠 アンディ・ウォーホル美術館体験ルポ
エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体 エヴァンゲリオンのワンシーンに登場?世界中からカメラマンが訪れる湖の正体
アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力 アメリカの大衆食堂?知られざる「ダイナー」の魅力
ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入 ストアとカフェが合体!アップル新オフィスに併設するビジターセンターへ潜入
アメリカの旅行アドバイザーが警告する5つのこと アメリカの旅行アドバイザーが警告する5つのこと
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT

アメリカ 北アメリカ