> > > > 在住者が教えるフランスの治安、気をつけるべきポイントとは?

,,,,,,,,,,,, | 観光,フランス,ヨーロッパ,豆知識

在住者が教えるフランスの治安、気をつけるべきポイントとは?


公共交通機関のストライキ

日本では考えられないほど、フランスはストライキの多い国です。公共交通機関が止まるケースは「治安維持」の場合もありますが、多くの場合は職員たちのストライキによるものです。

治安維持というのは、暴動などが起きた場合に混乱を防ぐため。筆者が暮らしている南仏のトゥールーズでは昨年11月に市内で暴動が起きて、その際にメトロの運行が数時間に渡り中断。外出先だったため、足止めされて非常に困りました。

ストライキでメトロが止まるのは、日常茶飯事です。観光都市をまわる際にはメトロのほか、バスやシティバイク、タクシーなど、さまざまな交通手段を念頭に入れておいたほうがよいかもしれません。

また、5月1日やクリスマス期間にフランス国内を旅行する際には注意が必要です。例えば南仏に関して言うと、今年の5月1日のメーデーには、ボルドーマルセイユもトゥールーズもニースも、公共交通機関はすべて動いていませんでした。これは今年に限らず、毎年のことなのだとか。12月25日のクリスマスにも交通機関のダイヤ数が少なくなるため、これらの期間に旅行を計画する際には注意してくださいね。

フランス国鉄「SNCF」の遅延

定刻通りに慣れているわたしたちにとって、フランスの交通機関は頭が痛いもの。定刻通りに列車が動いているか、やきもきしてしまいます。限られた日数での旅行なのだから、スムーズに移動したいですよね。フランス国内や大陸続きのヨーロッパの移動に便利な「SNCF」ですが、遅れることもしばしば。

「予定していた場所へ行くことができなかった」と、後悔しないためにも、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

比較的治安のよいフランスですが、国内と比べると気をつけるポイントはたくさんありそうですね。

[mofa.go.jp]
[All Photo by Shutterstock.com]

sweetsholic

sweetsholic ライター
海外を放浪しながら気ままな人生を謳歌しているフリーライター、パティシエ。世界で経験した文化や学んだお料理などをみなさまと共有できればと思っています。 世界の文化とスイーツ、地中海料理が大好き。寄稿媒体:Pouch、ANGIEなど


,,,,,,,,,,,, | フランス,ヨーロッパ,観光,観光,豆知識,豆知識


フランスの観光関連リンク

フランス人に学べ!暮らすように旅する滞在型の旅行のススメ フランス人に学べ!暮らすように旅する滞在型の旅行のススメ
シャンゼリゼ通りは実は美しくない!? パリのがっかりスポットとその理由 シャンゼリゼ通りは実は美しくない!? パリのがっかりスポットとその理由
現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方 現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
パリ観光は下向きに?素敵な床を撮り続けるフォトグラファー パリ観光は下向きに?素敵な床を撮り続けるフォトグラファー
【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ 【フランス】多くの画家を魅了した南西部の港町ラ・ロシェルを現地ルポ
【世界の謎】名門大学の学寮長がタイムスリップ!?世界遺産ベルサイユ宮殿で起きた謎の事件 【世界の謎】名門大学の学寮長がタイムスリップ!?世界遺産ベルサイユ宮殿で起きた謎の事件
【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円! 【妄想パリ】格安ツアー2泊5日で5万7500円!
首都は世界遺産、世界屈指のお金持ち国家・ルクセンブルクってどんな国? 首都は世界遺産、世界屈指のお金持ち国家・ルクセンブルクってどんな国?
パリ在住ママが教える、子連れにおすすめのパリ観光スポット5選【TABIZINE with Kids】 パリ在住ママが教える、子連れにおすすめのパリ観光スポット5選【TABIZINE with Kids】
雑貨好き必見、南仏の美しい小さな村ルールマラン 雑貨好き必見、南仏の美しい小さな村ルールマラン
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 NEXT